2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨床研究

こんにちは、土曜日担当の稲垣です。


そろそろ来年名古屋で開かれる全国学術大会の募集が開始ししますね(^o^)


理学療法士にとって、1度は発表してみたい場所ですよね。


みなさんの中でも、今必死に研究している方もいるかと思います。


私も初めて応募しようとただいま抄録を作成中です。審査に通過するかはわかりませんが、絶対に発表したいです(・・)笑



今日はそんな臨床研究について少しお話しさせて頂きたいと思います。



みなさんは研究をされた事がありますか?
ある人もない人もいるかとは思いますが、、



研究って、正直大変ですよね。笑



自分も今回を含めて3回しかやったことがないのですが、毎回、規定、規定、規定と悩まされています(@_@)



では、なぜみなさん研究をするのでしょうか。



自分はこの事に関して、上司にご指摘を頂いたことがあります。



自分は、学術大会を通して臨床で発見した考えや理論を確立し、いろんな人に聞いてもらいたい一心で研究に取り組んでいました。



そんな自分に上司は、



学術大会は自分のやってることを見つめ直す場。研究を通してディスカッションし、自分が臨床で患者に対して提供してるものに意義があるかの確認作業だと話してくれました。




本当に未熟さを痛感しましたね。



研究ってのは、自分のためにやるのではなくて社会貢献ですからね。



そうやって患者を通して社会貢献する人はきっといつか自分にかえってくるんですね。



研究をやることが全てではないと思いますが、自分にとっては理学療法を介して社会貢献する一つのツールだと思うので、これからも頑張っていきたいと思います。


みなさんにも、いろんな形で頑張ってください。


一緒に名古屋に行きましょう(^-^)/笑



≪アナウンス≫年末のビッグイベント

みんなの輪~未来リハ研究会~×EPoch合同懇親会

H24年12月8日 (土) 19:30-21:30時

@渋谷

現在募集中です。

多くのセラピストや他職種の方からも参加申し込みをいただいております!交流を広げたい方はどなたでも歓迎!年末に熱く楽しく盛り上がりましょう!豪華景品つきゲーム大会も開催予定です◎
詳しくはHPにて↓


New ホームページ完成


ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/




ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください↓



人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miraireha.blog.fc2.com/tb.php/52-e66034f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

フリーエリア

カテゴリ

みんなの輪~未来リハ研究会~ (40)
運動器リハ (31)
脳卒中 (19)
評価 (26)
臨床実習 (12)
PT・OT国家試験 (8)
摂食嚥下 (17)
ペインクリニック (19)
成功哲学 (12)
未分類 (18)
体軸と発達 (16)
EBM (1)
研究 (2)
マネジメント (0)
秘伝 (11)
体軸理論 (5)
発表 (1)
身体図式と姿勢制御 (6)
ACL関連 (4)
上肢の理学療法 (17)
栄養 (2)
リハビリ革命 (2)
学会 (2)
解剖学 (15)
運動制御 (11)
その他 (13)
歩行訓練 (4)
歩行 (4)
自費診療 (4)
急性期 (6)
関節可動域 (2)
臨床推論 (4)
顎関節 (7)
コミュニケーション (3)
書籍紹介 (3)
心理 (4)
THA (1)
視覚 (4)
勉強会 (2)
PNF (7)
注意 (3)
大学院 (1)
ボディーイメージ (2)
身体の表現 (1)

プロフィール

みんなの輪~未来リハ研究会~

Author:みんなの輪~未来リハ研究会~
当会の目的

1.縦の繋がりはもちろん、同世代のセラピストの横の繋がりを構築する。

2.個々のレベルアップの場とし、日々の臨床・研究・教育の場で活かす。

3.他分野の方との、繋がりを作る。


職種を超えた輪を作り、より良い未来を創っていきたいと思っております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。