2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒子のバスケとスラムダンクの視点の違い

どうも、吉葉です。

前回は難しいことを書いたので、きっと反応悪いだろうなと思ったら意外とそうでもなかったようです(笑)。

みなさん大分コアな方が多いことがわかって嬉しい限りです。

今回は少しライトに書いてみます。


ジャンプに連載されていたバスケマンガといえば、言わずと知れた「スラムダンク」ですよね。

で、今連載されている黒子のバスケ。

その違いについて考えてみました。


スラムダンクの主人公は桜木花道。一目ぼれしたヒロインにアピールするため、全くの初心者でバスケ部に入部し、様々な強敵(ライバル)との試合を通じて、その才能を開花させていくサクセスストーリーです。

まさしく王道ですよね。

スポーツで才能を見出して活躍していくなんてまさしく全国の小中学生の憧れです。

誰だってスポーツでヒーローになりたい。その共感を集めたわけです。



では、今ジャンプに連載されているマンガ、「黒子のバスケ」はどうなのか。

黒子のバスケはその名の通り、主人公が黒子です(笑)。

要するに全くもって普通で天才的な能力がない主人公ですが、1つだけある特技。

それは自分の存在を消してパスを通すこと。

もう1人の主人公として登場するのが、荒削りながら強敵との試合でメキメキ才能を開花させていく火神。

火神はそのまんま桜木花道と同じようなキャラクターです。

才能を持った人をサポートするもう1人の人物を主人公として置くことで、対比が生まれます。

とか思っていると何にも参考になりませんね。その対比は何なのか。

それは、主人公と言える人物が2人いることによる共感の倍増です。

昔はみんながヒーローに憧れた。けれど今は違う。

様々な価値観があることが前提で、普段は全然普通な高校生が活躍する。

むしろ現代の若い世代の価値観はそちらに共感があるのかもしれません。

人気投票でも主人公の黒子が一番人気ですしね。10年前だったら間違いなく火神だったと思います。

火神は確か人気投票7位くらいだったかと思います。

つまり、スタートから才能はあるけれども、圧倒的な欠落がある、影がある主人公の方がより共感を集めています。

これって時代の移り変わりを感じますよね。

マンガ1つでもこうやって俯瞰して見てみると色々な発見があって面白いですよ。

それでは。

≪アナウンス≫年末のビッグイベント

みんなの輪~未来リハ研究会~×EPoch合同懇親会

H24年12月8日 (土) 19:30-21:30時

@渋谷

現在募集中です。

多くのセラピストや他職種の方からも参加申し込みをいただいております!交流を広げたい方はどなたでも歓迎!年末に熱く楽しく盛り上がりましょう!豪華景品つきゲーム大会も開催予定です◎
詳しくはHPにて↓


New ホームページ完成


ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/




ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください↓



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miraireha.blog.fc2.com/tb.php/37-fd6596ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

フリーエリア

カテゴリ

みんなの輪~未来リハ研究会~ (40)
運動器リハ (31)
脳卒中 (19)
評価 (26)
臨床実習 (12)
PT・OT国家試験 (8)
摂食嚥下 (17)
ペインクリニック (19)
成功哲学 (12)
未分類 (18)
体軸と発達 (16)
EBM (1)
研究 (2)
マネジメント (0)
秘伝 (11)
体軸理論 (5)
発表 (1)
身体図式と姿勢制御 (6)
ACL関連 (4)
上肢の理学療法 (17)
栄養 (2)
リハビリ革命 (2)
学会 (2)
解剖学 (15)
運動制御 (11)
その他 (13)
歩行訓練 (4)
歩行 (4)
自費診療 (4)
急性期 (6)
関節可動域 (2)
臨床推論 (4)
顎関節 (7)
コミュニケーション (3)
書籍紹介 (3)
心理 (4)
THA (1)
視覚 (4)
勉強会 (2)
PNF (7)
注意 (3)
大学院 (1)
ボディーイメージ (2)
身体の表現 (1)

プロフィール

みんなの輪~未来リハ研究会~

Author:みんなの輪~未来リハ研究会~
当会の目的

1.縦の繋がりはもちろん、同世代のセラピストの横の繋がりを構築する。

2.個々のレベルアップの場とし、日々の臨床・研究・教育の場で活かす。

3.他分野の方との、繋がりを作る。


職種を超えた輪を作り、より良い未来を創っていきたいと思っております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。