2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膝屈曲拘縮の解決への道②

どうも。


月曜担当の佐々木です。





今日は前回からのシリーズで書かせていただいています、膝関節の屈曲拘縮シリーズです。



大反響いただきましたが、早くも最終回です!w








前回は胸椎後弯・骨盤後傾アライメントだと力学的平衡を保つために膝が屈曲する必要がある。だから膝だけをアプローチしても改善は見込めない。という話をしました。






今日は、みんな大好き足関節から考えていきましょう。







その前に、前回お伝えした大切な考え方が


「そうなる必要性があって、そうなっている」でしたね。




つまり、膝関節を屈曲する必要性があって膝が屈曲している。ということです。










では、膝の屈曲を足関節から診ていきましょう。


立位の状態で膝関節が屈曲しているということは、足関節は背屈位になっているということですよね。






つまり足関節から考えると、膝の屈曲は“足関節を背屈させる必要性があって”も起こりうるのです。






足を背屈位にさせる利点があるから、足を背屈位にしたいんですね。





その利点として挙げられる代表的なものは、足関節の安定性です。



距骨の形状を見ると分かるように、距骨は前方が広くなっています。

なので、足を背屈位にした方が距腿関節は安定するのです。





足部がぐらぐらな膝屈曲拘縮の患者さんの膝だけをアプローチしたらどうなりますか?




やはりここでも

「変わらない」もしくは「不安定になり悪化する」ということが考えられます。










膝関節屈曲拘縮の患者さんに対して治療する際は、膝をしっかり評価することも大切ですが



全身の関係性を把握して、なぜ膝が屈曲するのか?どうすれば屈曲する必要がなくなるのか?を考えることが重要です。




疾患別理学療法ではなく、解剖学・運動学の知識を応用することが重要です。






このような考え方はどのような患者さんにも絶対に必要になりますので、新人さんは考える癖をつけていきましょう。


学生さんは頭の片隅に入れながらも、今は国家試験の勉強なりを頑張ってください!!





では。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miraireha.blog.fc2.com/tb.php/346-15e7f5fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

フリーエリア

カテゴリ

みんなの輪~未来リハ研究会~ (40)
運動器リハ (31)
脳卒中 (19)
評価 (26)
臨床実習 (12)
PT・OT国家試験 (8)
摂食嚥下 (17)
ペインクリニック (19)
成功哲学 (12)
未分類 (18)
体軸と発達 (16)
EBM (1)
研究 (2)
マネジメント (0)
秘伝 (11)
体軸理論 (5)
発表 (1)
身体図式と姿勢制御 (6)
ACL関連 (4)
上肢の理学療法 (17)
栄養 (2)
リハビリ革命 (2)
学会 (2)
解剖学 (15)
運動制御 (11)
その他 (13)
歩行訓練 (4)
歩行 (4)
自費診療 (4)
急性期 (6)
関節可動域 (2)
臨床推論 (4)
顎関節 (7)
コミュニケーション (3)
書籍紹介 (3)
心理 (4)
THA (1)
視覚 (4)
勉強会 (2)
PNF (7)
注意 (3)
大学院 (1)
ボディーイメージ (2)
身体の表現 (1)

プロフィール

みんなの輪~未来リハ研究会~

Author:みんなの輪~未来リハ研究会~
当会の目的

1.縦の繋がりはもちろん、同世代のセラピストの横の繋がりを構築する。

2.個々のレベルアップの場とし、日々の臨床・研究・教育の場で活かす。

3.他分野の方との、繋がりを作る。


職種を超えた輪を作り、より良い未来を創っていきたいと思っております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。