2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロコモーティブシンドロームと膝OA

皆さん、こんばんは。木曜日担当の大山です。


今回は純粋にロコモと膝OAはどれくらい相関関係なのか?ということに注目してみました。



まずはロコモの定義から。
「定義;骨、関節、筋肉など運動器の障害のために、移動能力の低下をきたして要介護になるなど、要介護になる危険性の高い状態である」
とあります。


実際患者様と照らし合わせてみると、粗当てはまります。


皆さんの患者様はどうでしょうか?

きっと将来的に可能性はある方もいらっしゃると思います。




ロコモの要因の一つとして「膝OA」と書かれるくらい、この2つの関係性は近いみたいです。

もっと関連付けていくと、ロコモといえば「サルコぺニア」という単語はきっと出てくるワードだと思います。

要は加齢による筋力低下ですね。


加齢に伴う
筋量・骨量低下→下肢への影響
関節軟骨・椎間板の退行変性→高齢者の身体機能低下


最大骨量は約75%以上は遺伝的要因、25%以下は運動や食事などで影響を及ぼすといわれています。

我々セラピストが介入できるのは後者ですよね。

骨量が減少すれば、骨折の危険性も高くなり、歩行障害なり閉じこもり症候群、寝たきり…

文献によると「膝関節軟骨の厚さが平均0.0013~0.035/mm/年の割合で減少する」と報告しています。

ということは膝OAになりやすく、ロコモの発生要因につながることがうかがえると思います。




ということは、膝OAの進行を遅らせることが重要なのではないのでしょうか?

PTとして役に立てる場面なのではないのでしょうか?


膝OAの保存療法はエビデンスが明らかになっています。膝OAの治療ガイドラインが公表されているくらいです。






様々な治療方法があり、この疾患だからこの治療!

というのはないと思います。


筋量も違ければ、既往歴、キャラクターなど、様々な患者様。1個人がそこにいるわけです。

そこがPTのいいところであり、難しいところだと思うんです。


わからなくなると、答えを求めたくなります。

しかし正解は果たしてあるのでしょうか?

私は正直ないと思います。

結果的に良くなる事はあります。

それが正解だとしても、もしかしたら他のやり方もあってそちらの方が早く結果がでたとすれば…

そのためにも問題点の抽出って大切ですよね。


話がそれてしまいましたが、要は膝OAになりそうな人に対して、進行を遅くすることでQOLを高められるのではないのか

ということです。



今日はこの辺で失礼します。

いつも更新がおそくなり申し訳ありません。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miraireha.blog.fc2.com/tb.php/324-ead74e3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

フリーエリア

カテゴリ

みんなの輪~未来リハ研究会~ (40)
運動器リハ (31)
脳卒中 (19)
評価 (26)
臨床実習 (12)
PT・OT国家試験 (8)
摂食嚥下 (17)
ペインクリニック (19)
成功哲学 (12)
未分類 (18)
体軸と発達 (16)
EBM (1)
研究 (2)
マネジメント (0)
秘伝 (11)
体軸理論 (5)
発表 (1)
身体図式と姿勢制御 (6)
ACL関連 (4)
上肢の理学療法 (17)
栄養 (2)
リハビリ革命 (2)
学会 (2)
解剖学 (15)
運動制御 (11)
その他 (13)
歩行訓練 (4)
歩行 (4)
自費診療 (4)
急性期 (6)
関節可動域 (2)
臨床推論 (4)
顎関節 (7)
コミュニケーション (3)
書籍紹介 (3)
心理 (4)
THA (1)
視覚 (4)
勉強会 (2)
PNF (7)
注意 (3)
大学院 (1)
ボディーイメージ (2)
身体の表現 (1)

プロフィール

みんなの輪~未来リハ研究会~

Author:みんなの輪~未来リハ研究会~
当会の目的

1.縦の繋がりはもちろん、同世代のセラピストの横の繋がりを構築する。

2.個々のレベルアップの場とし、日々の臨床・研究・教育の場で活かす。

3.他分野の方との、繋がりを作る。


職種を超えた輪を作り、より良い未来を創っていきたいと思っております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。