2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近位橈尺関節の可動性②

こんにちは、土曜日担当の稲垣です。



今日は前回の内容に引き続き、肘関節外反と橈側手根伸筋の関係についてお話させて頂きたいと思います。



この関係を考えるにあたり、重要なのは『下肢の動き』です。



私は、肘関節外反=膝関節外反,橈側手根伸筋=腓骨筋



と、置き換えて考えております。



これだけで理解された方もいるかもしれませんが、続けさせて頂きたいと思います。



歩行時の蹴りだし時に膝関節外反(下腿内側傾斜)すると、腓骨筋は下腿を制御するために働きます。



このメカニカルストレスが続くと、腓骨筋炎になってしまいますね。



もうお分かりですか??



そうです。



肘関節外反(前腕内側傾斜)を橈側手根伸筋が制御すると考察しています。



手部を床につけて、肘関節を外反してみてください。



できますか?肘関節屈曲・肩関節内転すると行いやすいと思います。



この際に、肘の位置を制御しているのが、前腕の伸筋群であると考えられます。



この現象は、手部を床につけた荷重位ですが、非荷重位にも反映することが多いと臨床上、感じております。



そのため、日常生活などを行っているだけでも、外側上顆炎を呈しやすい人は、このようなメカニカルストレスが生じているのではないかと感じております。



では、なぜ肘関節が外反するのかを次回考えていきたいと思います。



今回も読んで頂きありがとうございました。



次回も楽しみにしておいてください。




【アナウンス】

整形外科領域における動作分析からのトータルアプローチ
~構造的にヒトの身体を捉え、動きに着目した全身へのアプローチ~



今回の勉強会では…

・身体重心とヒトの動き方全身との関係
・関節の機能解剖
・身体重心と関節機能の関係
・歩行動作の見るべきポイント
・姿勢と動作の関係
・背臥位姿勢から予測できる動き方
                  について学べます。


以上の事を踏まえて、これまでの動作分析やアプローチを行ってみてください。
これまでの臨床とは違った結果が得られるかもしれません。



‐演題‐

第1部 10:00~12:30 “姿勢から動きを考える~背臥位と歩行の関係~”
稲垣 郁哉 先生
第2部 13:30~16:00 “身体重心からみる関節機能障害”
見山 明 先生

平成25年10月27日(日)10:00~16:00
場所:NTT東日本関東病院
費用:8000円
定員:32名
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miraireha.blog.fc2.com/tb.php/294-d8222fce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

フリーエリア

カテゴリ

みんなの輪~未来リハ研究会~ (40)
運動器リハ (31)
脳卒中 (19)
評価 (26)
臨床実習 (12)
PT・OT国家試験 (8)
摂食嚥下 (17)
ペインクリニック (19)
成功哲学 (12)
未分類 (18)
体軸と発達 (16)
EBM (1)
研究 (2)
マネジメント (0)
秘伝 (11)
体軸理論 (5)
発表 (1)
身体図式と姿勢制御 (6)
ACL関連 (4)
上肢の理学療法 (17)
栄養 (2)
リハビリ革命 (2)
学会 (2)
解剖学 (15)
運動制御 (11)
その他 (13)
歩行訓練 (4)
歩行 (4)
自費診療 (4)
急性期 (6)
関節可動域 (2)
臨床推論 (4)
顎関節 (7)
コミュニケーション (3)
書籍紹介 (3)
心理 (4)
THA (1)
視覚 (4)
勉強会 (2)
PNF (7)
注意 (3)
大学院 (1)
ボディーイメージ (2)
身体の表現 (1)

プロフィール

みんなの輪~未来リハ研究会~

Author:みんなの輪~未来リハ研究会~
当会の目的

1.縦の繋がりはもちろん、同世代のセラピストの横の繋がりを構築する。

2.個々のレベルアップの場とし、日々の臨床・研究・教育の場で活かす。

3.他分野の方との、繋がりを作る。


職種を超えた輪を作り、より良い未来を創っていきたいと思っております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。