2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可能性の話

こんばんは。火曜日担当の武井です。
台風の影響か寒くなったり暑くなったりと気候の変化が大きいですね。体調管理に注意したいところです。


今回は前回に引き続き、私が言った「可能性を広げる」という話の続きを。


・急性期
・回復期
・維持期

と別れている中で、患者様の可能性を広げるというのは一概に言えません。


回復期の患者様(特に脳血管障害の方)は急性期治療を終え、状態が安定した方がほとんどです。
整形外科の患者様はope後割とすぐに移ってくる患者様もいらっしゃいますが。。
回復期の中でもプラトーとなり現状維持で留まる方や、状態の悪化に伴いADLが落ちる方もいるため、一概に可能性が広がるわけではないと言うことです。


しかし、その上でその人にとっての「可能性の拡大」を考える必要があると思います。
そのためには「予後予測」が大切だと私は思うんです。



片麻痺の患者様のゴールとして漠然と「歩行獲得」と挙げたとします。

片麻痺の患者様にとって今まで歩けていたはずが脳卒中により歩けなくなれば
「また歩きたい」と思う方がほとんどですし、重要な「ニーズ」であると思います。

しかし、患者さんが「空を飛びたい」と言ってそれを叶えられる訳ではないように
「歩きたい」と言っても歩行自立まで至らない方はたくさんいますよね。

それでも機能訓練をして歩かせて見せる!っと意気込んでも、それがPTのエゴとなり患者様の大きな「負担」と成り得ることもあります。負荷をかけすぎて逆にリスクとなる場合もあります。


だからこそ考えなければならないのは「予後予測」と、それを踏まえた上での「可能性」だと思うんです。
もちろんこれは回復期だけでなくどの患者様にも言えます。

画像所見や血液データを元に、現状の機能面を評価して
退院後の生活、今後の老化・リスクをふまえて患者様の「可能性」を広げる必要があるのではないかと思います。



今日は患者様の家屋調査に行きまして、在宅の様子をみさせていただくと余計に思いました。

先を考えて、「今」を見ること。

患者様の生活はどこなのかを考えてリハビリをする重要性を感じました!
家族の協力はあるのかなども考えて介入する必要があると私は思います。


また長くなりましたが、最後までお読みいただき、ありがとうございました。



【アナウンス】



【整形外科領域における動作分析からのトータルアプローチ】
~構造的にヒトの身体を捉え、動きに着目した全身へのアプローチ~



今回の勉強会では…

・身体重心とヒトの動き方全身との関係
・関節の機能解剖
・身体重心と関節機能の関係
・歩行動作の見るべきポイント
・姿勢と動作の関係
・背臥位姿勢から予測できる動き方

                  について学べます。


以上の事を踏まえて、これまでの動作分析やアプローチを行ってみてください。
これまでの臨床とは違った結果が得られるかもしれません。



‐演題‐

第1部 10:00~12:30 “姿勢から動きを考える~背臥位と歩行の関係~”
稲垣 郁哉 先生
第2部 13:30~16:00 “身体重心からみる関節機能障害”
見山 明 先生


平成25年10月27日(日)10:00~16:00
場所:NTT東日本関東病院
費用:8000円
定員:32名(実技を行うため少人数に限定いています。早めに埋まってしまうことがありますのでご了承ください)


※お二人様以上同時のお申し込みの方には
限定で、演者である見山明先生のこれまでの臨床をまとめた発表資料である“個別性へのアプローチ”をプレゼント致します。


【お申し込み】
コチラ









【解剖学に基づいたヒトの診方と治療手技】



学生時代に学んだ解剖学の知識を臨床に活かせていますか?

自分の学んだテクニックを最大限活用する。

臨床において最も重要な、“ヒトの診方”や“考え方”を学ぶ事で適切な治療手技の選択する事が可能となります。


解剖学に基づいたヒトの診方と治療手技をテーマに、全5回のセミナーです。

本コースは養成校やリハビリ関係のセミナーでは教えてもらえない“人間の組織の質感”を感じ取りながら、テクニック以前に必要な臨床での考え方や組織の状態把握など、セラピストとしてのベースアップになるような内容になっています。それらを理解したうえで組織にアプローチを施しす実技練習も十分に行いますので、より臨床に即した手技を身につける事ができます。


より臨床的な解剖生理学の活かし方をお伝えします。



【プログラム】

平成25年10月13日(日)
10:00〜16:00


~総論~

関節可動域の制限因子を全身から捉え、的確にアプローチできていますか?

PT,OTとして臨床に向かっている以上、可動域制限への治療は必須の技術です。
しかし現状は、屈曲制限には屈曲方向のストレッチ、伸展制限には伸展方向のストレッチといった具合に短絡的な可動域訓練が行われています。その場では改善が見られても、数分後には元に戻るのが現実です。

みなさんは足関節の靭帯の硬さが、股関節の可動域に影響を及ぼすことをご存じですか?関節可動域の制限因子は、その関節内にのみ存在するわけではないことをご存じですか?
ヒトの身体は結合組織の連続性が保たれており、どこかの組織に制限があるとその影響は全身へと波及します。また運動連鎖や神経ネットワークを考えても局所の影響というのは全身に広がると言えます。つまり関節可動域の改善を目指すのであれば、全身との繋がりを考慮しながら、個別性に対応した評価・治療が必要になります。

当セミナーでは個々によって原因の異なる可動域制限に対して、解剖学に基づいた評価・治療によって対処できる考え方、技術を学びます。この考え方と技術を学ぶことで、症状や疾患名でアプローチを決めるという短絡的なリハビリから、個別性を重視したアプローチへとレベルアップすることが可能です。

・目の前の患者さんにしっかりと変化を出したい方
・症状ではなく、個別性を重視してアプローチができるようになりたい方
・解剖学を臨床でどのように応用すれば良いのか勉強したい方
・やる気のある方

上記に当てはまる方はご参加ください。
症状でアプローチを決めてしまっていては、周りのセラピストと差別化されず、時機に淘汰されてしまうかもしれません。個別性を重視した診方を学ぶ必要があるのです。

※当セミナーで扱う関節可動域制限とは組織の緊張や線維化の段階であり、手技によって変化の起こせる段階のものを扱います。重篤な拘縮や硬化の段階のものは扱いませんので、ご了承ください。

【内容】
関節の評価法
どのような部位にも用いれる3つの治療法
実際の治療練習(膝蓋骨で練習)
ヒトの診方と症状の考え方
その他(時間の許す限り治療法の紹介と練習)



平成25年10月20日(日)
10:00〜15:00


~各論③ 脊柱・骨盤編~



【内容】
脊柱の評価と治療
仙腸関節の評価と治療
恥骨結合の評価と治療
腰仙関節の評価と治療
仙椎の評価と治療
その他、解剖学的重要部位




【会場】
東京都内施設
詳細は、お申込者様に追って連絡差し上げます。

【受講費】
 10,000円(総論・各論とも)

【定員】
 20名


【お申し込み】
コチラ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miraireha.blog.fc2.com/tb.php/292-cde8da52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

フリーエリア

カテゴリ

みんなの輪~未来リハ研究会~ (40)
運動器リハ (31)
脳卒中 (19)
評価 (26)
臨床実習 (12)
PT・OT国家試験 (8)
摂食嚥下 (17)
ペインクリニック (19)
成功哲学 (12)
未分類 (18)
体軸と発達 (16)
EBM (1)
研究 (2)
マネジメント (0)
秘伝 (11)
体軸理論 (5)
発表 (1)
身体図式と姿勢制御 (6)
ACL関連 (4)
上肢の理学療法 (17)
栄養 (2)
リハビリ革命 (2)
学会 (2)
解剖学 (15)
運動制御 (11)
その他 (13)
歩行訓練 (4)
歩行 (4)
自費診療 (4)
急性期 (6)
関節可動域 (2)
臨床推論 (4)
顎関節 (7)
コミュニケーション (3)
書籍紹介 (3)
心理 (4)
THA (1)
視覚 (4)
勉強会 (2)
PNF (7)
注意 (3)
大学院 (1)
ボディーイメージ (2)
身体の表現 (1)

プロフィール

みんなの輪~未来リハ研究会~

Author:みんなの輪~未来リハ研究会~
当会の目的

1.縦の繋がりはもちろん、同世代のセラピストの横の繋がりを構築する。

2.個々のレベルアップの場とし、日々の臨床・研究・教育の場で活かす。

3.他分野の方との、繋がりを作る。


職種を超えた輪を作り、より良い未来を創っていきたいと思っております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。