2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小脳による運動制御

こんばんは。
水曜担当の中村です。


GWも終わりました。

仕事だった人、休みをとって遊びに出かけた人、勉強していた人など様々だったと思います。

今週からは頭を切り換えてがんばりましょう。


さて、今日は小脳による運動制御について書きたいと思います。


小脳の機能というと、どんなことをイメージされるでしょうか?


小脳は主動筋と拮抗筋の活動を協調的に制御し、スムーズな関節運動を実現します。


大脳皮質からの運動指令と脊髄を上行する運動の結果を比較・照合し、その補正信号を大脳皮質と脳幹に伝達します。


つまり、小脳はフィードバック信号を用いた誤差照合系としてリアルタイムに運動を調節することができます。

これが大脳ー小脳ー脊髄連関です。


大脳ー小脳の認知ループは運動ループを修飾して運動学習に寄与します。


前頭連合野から下オリーブ核を経由して小脳に到達する新たな運動指令はプルキンエ細胞に学習獲得の決め手となる複雑スパイクを誘発させます。

学習を獲得すると、この複雑スパイクは消失します。

これが大脳ー小脳連関です。

獲得した学習の記憶は小脳、大脳皮質連合野、大脳基底核に蓄積されます。


ここに障害が起きる小脳性失調では、主動筋と拮抗筋による協調的でスムーズな運動が困難になります。

運動の方向、大きさ、スピードがばらばらな状態です。


これらは同側性に現れ、体部位再現性があります。

意識障害、運動麻痺、不随意運動、感覚障害はないのが特徴です。


運動失調に対するアプローチをする場合は知っておく必要があると思います。

今日はこのへんで。


次回は大脳基底核による運動制御について書きたいと思います。


よ~し、明日も臨床や~るぞ~

ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miraireha.blog.fc2.com/tb.php/238-4ff701e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

フリーエリア

カテゴリ

みんなの輪~未来リハ研究会~ (40)
運動器リハ (31)
脳卒中 (19)
評価 (26)
臨床実習 (12)
PT・OT国家試験 (8)
摂食嚥下 (17)
ペインクリニック (19)
成功哲学 (12)
未分類 (18)
体軸と発達 (16)
EBM (1)
研究 (2)
マネジメント (0)
秘伝 (11)
体軸理論 (5)
発表 (1)
身体図式と姿勢制御 (6)
ACL関連 (4)
上肢の理学療法 (17)
栄養 (2)
リハビリ革命 (2)
学会 (2)
解剖学 (15)
運動制御 (11)
その他 (13)
歩行訓練 (4)
歩行 (4)
自費診療 (4)
急性期 (6)
関節可動域 (2)
臨床推論 (4)
顎関節 (7)
コミュニケーション (3)
書籍紹介 (3)
心理 (4)
THA (1)
視覚 (4)
勉強会 (2)
PNF (7)
注意 (3)
大学院 (1)
ボディーイメージ (2)
身体の表現 (1)

プロフィール

みんなの輪~未来リハ研究会~

Author:みんなの輪~未来リハ研究会~
当会の目的

1.縦の繋がりはもちろん、同世代のセラピストの横の繋がりを構築する。

2.個々のレベルアップの場とし、日々の臨床・研究・教育の場で活かす。

3.他分野の方との、繋がりを作る。


職種を超えた輪を作り、より良い未来を創っていきたいと思っております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。