2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抽象度とはなんぞや

どうも。吉葉です。


 抽象度という概念が時折出てくるこの業界。

 抽象度の意味を正しく理解していくことが必須かなと思ったので僕の考えをシェアします。

 抽象度という概念を抽象度という言葉で言い始めたのは苫米地英人さんだったかと思いますが、

 

 例えば、

 東京という概念は秋葉原を含む。日本という概念は秋葉原も東京も含む。
 
 つまり、日本という概念はこの3つの中で最も抽象度が高い。

 しかし、世界を考えると日本も世界に含まれるので、世界の方が抽象度が高い。

 視点が高い、とも言いかえられる。



 という説明が多くないですか?

 要するに何が言いたいのかっていうと、

 言っていることはわかるけど実際的に使えないし、そもそも理解する必要があるのか

 ってことです。

 
 抽象度を上げろ!とか言う言葉だけが独り歩きしてしまって

 多くの人がこの概念を理解できていないんだと思います。

 僕自身、つい最近まで全然分かってませんでした。



 というわけで僕なりの解釈を話していきましょう。


 抽象度とほぼ同義語だと考えるのは古代ギリシャに生きた

 ソクラテスやプラトンが対話で用いた弁証法です。

 弁証法は1つの意見であるテーゼ、それに相反する意見であるアンチテーゼを出して、

 その両方を包含するジンテーゼ、第三の答えを見つけていく方法です。



 例えば電気力と磁力。物理をやっていた方はわかると思いますが、この2つの自然の力は同じものです。

 昔は電気力と磁力は別物だと考えられていましたが、同じ力であることが理論的に出され、実証されました。

 つまり、電気力と磁力は別物だったものが2つが包含された新しい概念、電磁気力が生まれた。

 これはまさしく抽象度が上がった状態、ジンテーゼが生まれた状態です。


 これを普段の臨床にどうやって活かすかはまだまだ僕も試行段階ですが、

 例えば解剖的な知識とバイオメカニクスに関する知識、それを統合することは自然としています。

 これを抽象度の概念で考えると、二つの領域を融合させて人体という存在をある程度説明していることになる。

 抽象度を上げることに成功しているわけです。

 それがさらに色々なものが組み合わさっていくことで、人体に対する認識がどんどん深まっていく。

 
 何を学ぶかも大事ですが、学んだことを自分に統合する過程がそのまま抽象度を上げることにつながるということです。

 例えば僕が学んでいるビジネスだったり、投資のことも結局は自分の中で吉葉大介という世界に統合されています。

 自分の世界を拡げると、そのまま自分の抽象度を上げることになるのです。

 つまりは様々なことを学べば、自然と抽象度は上がっているといえます。

 それを意図的に統合させることでさらなる学びや進化が生まれます。

 

 この記事で具体的に抽象度を上げるという概念がわかってもらえると嬉しいです。

 僕自身もこの部分に対してもっともっと掘り下げたいのでぜひぜひコメントをいただきたいです。

 わかりにくい!こういうところをもっと教えてほしい!でもなんでもいいので、ぜひお願いします。

 それでは。

≪アナウンス≫満員御礼

第8回みんなの輪 ~未来リハ研究会~

H24年10月14日 (日) 10-17時


@NTT東日本関東病院(五反田駅からすぐです。)


まだ、募集を行っています。


ご興味のある方は、参加検討して下さいね!





New ホームページ完成

ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/




↓よかったらクリックしてください


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miraireha.blog.fc2.com/tb.php/20-58a3aaa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

フリーエリア

カテゴリ

みんなの輪~未来リハ研究会~ (40)
運動器リハ (31)
脳卒中 (19)
評価 (26)
臨床実習 (12)
PT・OT国家試験 (8)
摂食嚥下 (17)
ペインクリニック (19)
成功哲学 (12)
未分類 (18)
体軸と発達 (16)
EBM (1)
研究 (2)
マネジメント (0)
秘伝 (11)
体軸理論 (5)
発表 (1)
身体図式と姿勢制御 (6)
ACL関連 (4)
上肢の理学療法 (17)
栄養 (2)
リハビリ革命 (2)
学会 (2)
解剖学 (15)
運動制御 (11)
その他 (13)
歩行訓練 (4)
歩行 (4)
自費診療 (4)
急性期 (6)
関節可動域 (2)
臨床推論 (4)
顎関節 (7)
コミュニケーション (3)
書籍紹介 (3)
心理 (4)
THA (1)
視覚 (4)
勉強会 (2)
PNF (7)
注意 (3)
大学院 (1)
ボディーイメージ (2)
身体の表現 (1)

プロフィール

みんなの輪~未来リハ研究会~

Author:みんなの輪~未来リハ研究会~
当会の目的

1.縦の繋がりはもちろん、同世代のセラピストの横の繋がりを構築する。

2.個々のレベルアップの場とし、日々の臨床・研究・教育の場で活かす。

3.他分野の方との、繋がりを作る。


職種を超えた輪を作り、より良い未来を創っていきたいと思っております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。