2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意識障害と摂食嚥下リハ介入の一考察①

日曜日はみんなの輪の定期勉強会でした。

今回の定期勉強家では、関西地方や北関東など幅広い地域からご参加頂きました。
遠いところ、ご参加頂いた皆様ありがとうございました!


本日は、意識障害に対する摂食嚥下リハ視点での介入の一考察を記載したいと思います。
少し長くなりそうなので2回に分けて記載します。



現在私は、急性期と療養病棟を併設している病院にて勤務しております。
入院してくる患者様は、様々な疾患であり意識障害を呈している方は少なくありません。


意識障害を呈していた場合、摂食嚥下って何が出来るんだろう?
確かに意識障害を呈していれば食事は出来ませんから、広義の意味で摂食嚥下に関わる問題が生じていると言えなくもありません。


ただ、意識障害が改善すれば食べられる方も多くいらっしゃいます。



じゃあ、意識障害を改善できればより詳しい評価が出来、Goal設定・アプローチ方法など具体的な対応が出来ると思います。



では今回、どんな介入が出来るのかを考えてみたいと思います。
現在急性期リハビリに関しては、【早期離床】という単語を良く耳にします。


早期離床は何がいいのか?

・循環器系へ負荷をかけ、廃用を予防できる。
・体位変換に伴う、身体への感覚入力が出来る。
・脳卒中患者に関しては、麻痺の回復が離床したかしないかで4倍も違うとの報告もあります。
(近藤克則 ,太田正:脳卒中早期リハビリテーション患者の下肢断面積の経時的変化.リハ医学34:129-133, 1997
  ※限定された条件下の患者の報告です


この中で、個人的に感覚入力というものが重要だと考えております。
人は、感覚というものが存在しない場合、外界(体より外の環境)との接点が無くなってしまいます。
感覚があるからこそ、意識が出来る。その結果、体の外へ興味を持つと思います。


この感覚を最大限に使用した場合より、意識障害に対して良い刺激を生じさせるのではないかと考えております。



ポイントは、ホムンクルス(Homunculus)ではないでしょうか?


その理由につきましては、次回記載していと思います。




本日もお読み頂きありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ


≪アナウンス≫


Facebook公式アカウント
http://www.facebook.com/MinnanoLunweiLairihaYanJiuHui
いいね!を押していただくと、みんなの輪から有益な情報が届きます。
早期申し込みなどの限定プレゼント情報もいち早くお知らせできます!


BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!



今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ




みんなの輪ホームページリニューアルしました!
http://minnnano-wa.jimdo.com/





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miraireha.blog.fc2.com/tb.php/156-7de75044
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

フリーエリア

カテゴリ

みんなの輪~未来リハ研究会~ (40)
運動器リハ (31)
脳卒中 (19)
評価 (26)
臨床実習 (12)
PT・OT国家試験 (8)
摂食嚥下 (17)
ペインクリニック (19)
成功哲学 (12)
未分類 (18)
体軸と発達 (16)
EBM (1)
研究 (2)
マネジメント (0)
秘伝 (11)
体軸理論 (5)
発表 (1)
身体図式と姿勢制御 (6)
ACL関連 (4)
上肢の理学療法 (17)
栄養 (2)
リハビリ革命 (2)
学会 (2)
解剖学 (15)
運動制御 (11)
その他 (13)
歩行訓練 (4)
歩行 (4)
自費診療 (4)
急性期 (6)
関節可動域 (2)
臨床推論 (4)
顎関節 (7)
コミュニケーション (3)
書籍紹介 (3)
心理 (4)
THA (1)
視覚 (4)
勉強会 (2)
PNF (7)
注意 (3)
大学院 (1)
ボディーイメージ (2)
身体の表現 (1)

プロフィール

みんなの輪~未来リハ研究会~

Author:みんなの輪~未来リハ研究会~
当会の目的

1.縦の繋がりはもちろん、同世代のセラピストの横の繋がりを構築する。

2.個々のレベルアップの場とし、日々の臨床・研究・教育の場で活かす。

3.他分野の方との、繋がりを作る。


職種を超えた輪を作り、より良い未来を創っていきたいと思っております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。