2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

評価をするときに・・・

こんにちは。木曜日担当の阿部です。

前回は、0時をまたいでしまったので、今回は昼に書いてます。







さて、本日は『評価をするときに・・・』というタイトルです。




実習に来ている学生さん、よく勉強している方が多くいらっしゃいます。




自分も学生のときはこんなにまじめにやっていたかな?と感心する学生も多くいますが、

そのようなまじめな学生さんに限って、『局所』を見てしまうような気がいたします。





たとえるなら、足関節ROMを測定するとき、ゴニオメーター(評価器具)をずっと注視しているとか。




会話もせずもくもくと検査を行っているとか。






どうしても学生で実習に来ているということから、評価というものに目が行ってしまうと思いますが、
私たちが見なければいけないのは、疾患・障害ではありません。


患者さん(クライアント)を診なければいけません。








とすると、ROM測定時に関節とゴニオメーターを見ていては、患者さんの反応に気づくことはできないですよね。





局所をみることも大切ですが、それ以上に全体をみることがもっと大切と思います。








特に患者さん(高齢者は特に)はこちら側をDrと同等に見ていますから、思っていることを 『申し訳ないから』 と遠慮して言わないことが多々あります。







もしかしたら、ROM測定時に、ものすごく痛いのを我慢しているかもしれません。




その時はちゃんと表情を診てあげる必要がありますよね。声掛けをしてあげることも必要となります。









学生さん達の心理としては、『診させてもらっているから、ちゃんとやらなきゃ』というのが多いと思います。
私も学生時代ではそうでした。


でもそれが、逆に疾患・障害を見てしまうことにつながるような気がします。














なので、ROMに限らずですが、評価をするときは、全体を見る余裕を持ちましょう。



必ず何か発見があると思います。その発見は、評価バッテリーではわからないことかもしれません。


意外とそれのほうが重要だったりすることもあります。







そして、ケースとなった患者さんとたくさん会話をしてください。



もくもくとやっていては、患者さんも飽きてしまいますから。






今回は、完全に学生さん目線の内容でしたが、1年目のセラピストさん達もこの文章を読んで思い返してもらえるといいのかなと思います。







今日はこんな感じで終わります。お読みいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miraireha.blog.fc2.com/tb.php/12-fb24cfb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

フリーエリア

カテゴリ

みんなの輪~未来リハ研究会~ (40)
運動器リハ (31)
脳卒中 (19)
評価 (26)
臨床実習 (12)
PT・OT国家試験 (8)
摂食嚥下 (17)
ペインクリニック (19)
成功哲学 (12)
未分類 (18)
体軸と発達 (16)
EBM (1)
研究 (2)
マネジメント (0)
秘伝 (11)
体軸理論 (5)
発表 (1)
身体図式と姿勢制御 (6)
ACL関連 (4)
上肢の理学療法 (17)
栄養 (2)
リハビリ革命 (2)
学会 (2)
解剖学 (15)
運動制御 (11)
その他 (13)
歩行訓練 (4)
歩行 (4)
自費診療 (4)
急性期 (6)
関節可動域 (2)
臨床推論 (4)
顎関節 (7)
コミュニケーション (3)
書籍紹介 (3)
心理 (4)
THA (1)
視覚 (4)
勉強会 (2)
PNF (7)
注意 (3)
大学院 (1)
ボディーイメージ (2)
身体の表現 (1)

プロフィール

みんなの輪~未来リハ研究会~

Author:みんなの輪~未来リハ研究会~
当会の目的

1.縦の繋がりはもちろん、同世代のセラピストの横の繋がりを構築する。

2.個々のレベルアップの場とし、日々の臨床・研究・教育の場で活かす。

3.他分野の方との、繋がりを作る。


職種を超えた輪を作り、より良い未来を創っていきたいと思っております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。