2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自律を目指して

こんにちは。木曜午後担当の阿部敬太です。


今年もあと11日、2013年が迫ってきましたね。皆様、やり残したことはないでしょうか?今年の宿題は、来年に持ち越さず、今年中に終わらせたいところです。私もそうできるよう、頑張ります…。




さて、本日は私がいつも思っていることの一つを、皆様に発信したいと思います。




患者さんを治療するときに、目標を立てると思います。


例えば、『トイレ動作自立』や『T字杖歩行自立』など。


患者さんやセラピストでも、目標は変わってきますね。




その中で、私が思っているのは『自立』と『自律』です。


自立:self-standing(自力で立つことのできる)、他に依存しないで、自分でやっていける

自律:self-directing(自分で方向付けできる)、自力で立った後は、自分が決める方向に進んでいけるということ


とあります。


どちらも、患者さんにとっては大事な用語(意味)と思います。


ただ、この中で大事と思うのが『自力で立った後』の話が『自律』にはあること。



これは、在宅へ戻ったあとと近いものがあると思います。


病院・施設内での自立は、あくまで守られた中での話です。


部屋はにベッドと手すりがあり、時間になれば食事が出てきて、ちょっと疲れたと思いボタンを押せば、すぐに誰かが助けてくれる。ちょっとつまずき、転んでも、すぐに誰か飛んできて、検査や治療を行ってくれる。


これが、守られた環境と思います。



在宅に戻ったらどうでしょうか?


布団での生活で、食事は自分で作り、疲れても助けてくれる人もおらず、転んでも自分で立ち上がらなくてはいけません。ケガしても自分で病院にいくなり、救急車を呼ぶなりする必要があります。





これは一例で、環境にかなり左右されると思いますが、高齢化社会で、一人身で生活せざるを得ない高齢の方も多くいると思いますので、ありがち間違いはないかなと思っています。




そんな中で、生活していくためには、『自分で立ったあとにどう動くか』ということが無意識的にできなければいけません。





そのために、セラピストはさまざまな環境を想定して、どのような環境下でも動ける、やれるように患者さんにアプローチをしていかなければいけないと思います。





方法はそれぞれ違えど、この考えはすべての患者さんに当てはまると私は思います(ADLのレベルにもよるんですけど…、その時点ですべての患者ではないかwww)







とあるところにこんないい表現があります。


・3+5=●は、自立レベル
・●+●=8は、半自律レベル
・●+●=○を、自律レベル 



わかりやすいなと、しみじみ思いました。





病院内での生活はあくまでもその中だけのもの、病院内自立から一歩でも二歩でもstep upできるように患者さんに指導していかなければいけないと思います。




『自律レベル』とは自立のさらに上のステージです。そこを目指す、これが大事と思います。





本日も当り前な内容で、あまり発見のないものだったかもしれませんが、来年度より新セラピストになる方々などが読んでいただけたなら、幸いです。




本日も最後までお読みいただきありがとうございました。



ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ






≪アナウンス≫

第9回みんなの輪定期勉強会
1月27日(日)に開催決定!

今回は実技を多く取り入れた演題が揃っています。臨床での悩みを意見交換し合いながら、皆で一緒に成長できる場となります!現在募集中。ご参加お待ちしております。
詳細はコチラ




BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miraireha.blog.fc2.com/tb.php/115-04f0274e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

フリーエリア

カテゴリ

みんなの輪~未来リハ研究会~ (40)
運動器リハ (31)
脳卒中 (19)
評価 (26)
臨床実習 (12)
PT・OT国家試験 (8)
摂食嚥下 (17)
ペインクリニック (19)
成功哲学 (12)
未分類 (18)
体軸と発達 (16)
EBM (1)
研究 (2)
マネジメント (0)
秘伝 (11)
体軸理論 (5)
発表 (1)
身体図式と姿勢制御 (6)
ACL関連 (4)
上肢の理学療法 (17)
栄養 (2)
リハビリ革命 (2)
学会 (2)
解剖学 (15)
運動制御 (11)
その他 (13)
歩行訓練 (4)
歩行 (4)
自費診療 (4)
急性期 (6)
関節可動域 (2)
臨床推論 (4)
顎関節 (7)
コミュニケーション (3)
書籍紹介 (3)
心理 (4)
THA (1)
視覚 (4)
勉強会 (2)
PNF (7)
注意 (3)
大学院 (1)
ボディーイメージ (2)
身体の表現 (1)

プロフィール

みんなの輪~未来リハ研究会~

Author:みんなの輪~未来リハ研究会~
当会の目的

1.縦の繋がりはもちろん、同世代のセラピストの横の繋がりを構築する。

2.個々のレベルアップの場とし、日々の臨床・研究・教育の場で活かす。

3.他分野の方との、繋がりを作る。


職種を超えた輪を作り、より良い未来を創っていきたいと思っております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。