2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROM制限



ども。月曜担当の佐々木です!!






月曜は評価です。

触診の話が続いていますので、今日は関節可動域(以下:ROM)について!


ROM測定はめちゃくちゃ大切ですね!学校でも最初に習う評価法だと思います。





ではROM測定を行うにあたって、何が大切なのか?


代償を抑えること。

ランドマークをしっかり触れること。

学生さんはこういった基本が大切になりますよね。



あとはセラピストも学生さんも正確に角度を数値化することが重要だと考えますよね。


もちろん角度は大切です。角度を数値化することで、動作が上手く遂行できないといった時に構造的な問題なのか?機能的問題なのか?というところがハッキリしますよね。
まぁ実際は機能的問題には必ず構造的問題も含まれているので、どちらの問題?というのはありませんが。


それ以外にも数値化することで得られる利点は山ほどあると思います。


でも今日書きたいのはこういう内容ではなくて、臨床での診方について。




角度を数値化することは大切ですが、それだけでは治療はできませんよね。


なぜなら、角度によって制限因子が決まるわけではないからです。










制限因子を明確にできなければ、ROM訓練なんてできませんからね。


そもそも制限因子を明確にしてアプローチしていれば、それは“訓練”ではなく“治療”であると思います。





例えば膝関節の屈曲拘縮の患者さんに対して、ひたすら伸展方向に力を加え続ける。。
これは治療ではありません。目的が明確ではないからです。


伸展制限を起こしている組織を明確にし、そこにアプローチを加えることが治療であると考えます。




では、その制限因子はどのように明確にすれば良いのか?

ズバリ、感じることであると思います。




教科書にもエンドフィールについて記載されており、その質感によって軟部組織性なのか?骨性なのか?を判断するなどと記載されていますね。



しかし、それだけでは足りません。
本当の制限因子を見つけるためには、質感だけでなく身体の繋がり(筋膜の繋がり)を知っておく必要があります。


そしてそれを考慮した上で制限部位を感じ取ること。これが大切なのです。




ちょっと今日はゴチャゴチャ書きすぎて分かりづらいと思うので、次回はもう少し具体的に説明したいと思います。





ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ






≪アナウンス≫

第9回みんなの輪定期勉強会
1月27日(日)に開催決定!

今回は実技を多く取り入れた演題が揃っています。臨床での悩みを意見交換し合いながら、皆で一緒に成長できる場となります!現在募集中。ご参加お待ちしております。
詳細はコチラ




BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miraireha.blog.fc2.com/tb.php/113-63cfdda7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

フリーエリア

カテゴリ

みんなの輪~未来リハ研究会~ (40)
運動器リハ (31)
脳卒中 (19)
評価 (26)
臨床実習 (12)
PT・OT国家試験 (8)
摂食嚥下 (17)
ペインクリニック (19)
成功哲学 (12)
未分類 (18)
体軸と発達 (16)
EBM (1)
研究 (2)
マネジメント (0)
秘伝 (11)
体軸理論 (5)
発表 (1)
身体図式と姿勢制御 (6)
ACL関連 (4)
上肢の理学療法 (17)
栄養 (2)
リハビリ革命 (2)
学会 (2)
解剖学 (15)
運動制御 (11)
その他 (13)
歩行訓練 (4)
歩行 (4)
自費診療 (4)
急性期 (6)
関節可動域 (2)
臨床推論 (4)
顎関節 (7)
コミュニケーション (3)
書籍紹介 (3)
心理 (4)
THA (1)
視覚 (4)
勉強会 (2)
PNF (7)
注意 (3)
大学院 (1)
ボディーイメージ (2)
身体の表現 (1)

プロフィール

みんなの輪~未来リハ研究会~

Author:みんなの輪~未来リハ研究会~
当会の目的

1.縦の繋がりはもちろん、同世代のセラピストの横の繋がりを構築する。

2.個々のレベルアップの場とし、日々の臨床・研究・教育の場で活かす。

3.他分野の方との、繋がりを作る。


職種を超えた輪を作り、より良い未来を創っていきたいと思っております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。