2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解剖学と生理学



こんばんは。

月曜担当の佐々木です。



先日の合同懇親会はおかげさまで、大変な盛り上がりを見せ無事に終わりました。

その様子についてはEPochさんのブログに更新されております。
コチラ


そちらの記事にも書かれていましたが、今回のこのムーブメントを単なるエンターテイメントで終わらせるのではなく、この業界をもっともっと活性化させていくための機転となり、起点となれば良いなと思います。

本当に多くの方のご参加と、多くの出逢いをありがとうございました◎


僕も個人のブログで懇親会の様子を近々アップしたいと思います。










さて、月曜日は評価でしたね。



最近は触診について書かせていただいておりましたが、今回は触診を生かすための知識について少し書きたいと思います。



触診をする上で必ず必要なのは解剖学の知識ですね。


しかし、解剖学をどう勉強すれば良いか分からない。そんな声も多々聞かれます。




筋骨格系でしたら学校でも散々習ってきたと思いますが、神経や血管、内臓などは学校で学んだはずですが臨床であまり応用できなかったりしますよね。





それは臨床でどのようにそれらが影響しているのかが分からないからだと思います。
症状との関連性が分からなければ臨床における繋がりが考察できませんし、評価方法や診方もわかりませんから解剖学も使えないですよね。



つまり、筋骨格系以外の要素が臨床でどのように症状と関連しているのかを知る事がまず大切になります。


そのためには生理学を学ぶ必要がありますね。
内臓にどのような機能があり、それが症状と関連しているのかを推察します。

そして推論を実証するために初めて“触れる”ことが必要になってきます。



まずは生理学の知識を基に症状に関する様々な推測を立てること。

そうすれば自ずとそれらを確証するための技術(評価)が必要になりますから、触診する必要性が出てきて、解剖学を勉強する必要性が出てくるのです.





基礎と呼ばれる解剖・生理・触診



どれも本当に臨床では大切なものです。






まとまりがありませんが、今日はこのへんで。






ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ






≪アナウンス≫

第9回みんなの輪定期勉強会
1月27日(日)に開催決定!

今回は実技を多く取り入れた演題が揃っています。臨床での悩みを意見交換し合いながら、皆で一緒に成長できる場となります!現在募集中。ご参加お待ちしております。
詳細はコチラ




BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://miraireha.blog.fc2.com/tb.php/105-805e37bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

フリーエリア

カテゴリ

みんなの輪~未来リハ研究会~ (40)
運動器リハ (31)
脳卒中 (19)
評価 (26)
臨床実習 (12)
PT・OT国家試験 (8)
摂食嚥下 (17)
ペインクリニック (19)
成功哲学 (12)
未分類 (18)
体軸と発達 (16)
EBM (1)
研究 (2)
マネジメント (0)
秘伝 (11)
体軸理論 (5)
発表 (1)
身体図式と姿勢制御 (6)
ACL関連 (4)
上肢の理学療法 (17)
栄養 (2)
リハビリ革命 (2)
学会 (2)
解剖学 (15)
運動制御 (11)
その他 (13)
歩行訓練 (4)
歩行 (4)
自費診療 (4)
急性期 (6)
関節可動域 (2)
臨床推論 (4)
顎関節 (7)
コミュニケーション (3)
書籍紹介 (3)
心理 (4)
THA (1)
視覚 (4)
勉強会 (2)
PNF (7)
注意 (3)
大学院 (1)
ボディーイメージ (2)
身体の表現 (1)

プロフィール

みんなの輪~未来リハ研究会~

Author:みんなの輪~未来リハ研究会~
当会の目的

1.縦の繋がりはもちろん、同世代のセラピストの横の繋がりを構築する。

2.個々のレベルアップの場とし、日々の臨床・研究・教育の場で活かす。

3.他分野の方との、繋がりを作る。


職種を超えた輪を作り、より良い未来を創っていきたいと思っております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。