2013-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠と学習(睡眠学習じゃないよ)

こんにちは。木曜午後担当の阿部敬太です。


早いもので今日で1月も終わり、明日からは2月ですね。2月24日には第48回理学療法士国家試験が施行されます。学生の皆様、あと1か月ラストスパートです。



なので、本日も記憶や試験に役立つ話を載せたいと思います。

前回は一夜漬け派かコツコツ勉強派かという内容で書かせていただきました。



前回のブログはこちらから


コツコツ勉強型のほうが、記憶の保持には良いという話でしたね。



今日は、睡眠と学習の関係を載せようと思います。


睡眠の主としての役割は、身体の休息ですが、その他の役割として『記憶の整理と固定化』があります。


記憶が睡眠のより強固になることを『レミニセンス現象』というそうです。



では、どのように記憶の整理と固定化をしているのでしょうか?



睡眠には、『レム睡眠』と『ノンレム睡眠』というものがあるのは皆様ご存じと思います。


レム睡眠の時には、海馬がシータ派を出し、情報の脳内再生を行う。

ノンレム睡眠の時には、大脳皮質がデルタ派を出し、記憶として保存する作業を行う。



とのことです。実際、睡眠中の脳活動を測定すると、ニューロンがフル活動しているとの報告があるため、寝ている間に記憶の整理と固定化を行っていることがわかります。


睡眠と学習についても、世界のさまざまな博士たちが研究しているようなのですが、

朝の9時にテストを行い、夜9時に再テストを行うケースと、

夜の9時にテストを行い、就寝後、朝の9時に再テストを行うケースでは、


同じ12時間のブランクがあるにも関わらず、就寝後再テストのケースのほうが点数がよかったという報告があるそうです。これが先にあげました『レミニセンス現象』というものだそうです。



ある書籍では、『就寝前は記憶のゴールデンアワー』と書いてあるので、就寝前に勉強することが記憶の保持には大いに関係がありそうですね。




最後に…


睡眠は記憶の保持に関係があるという内容で書かせていただきましたが、やはり疲労の回復のためにも睡眠は必要な行為です。


テスト前や実習中などでは、どうしても睡眠不足となりがちですが、身体が疲れている状態では集中力も持続しません。

ここぞというときに力を発揮するためにも、適度に睡眠はとったほうがいいですね。



本日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。


ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ


≪アナウンス≫


Facebook公式アカウント
http://www.facebook.com/MinnanoLunweiLairihaYanJiuHui
いいね!を押していただくと、みんなの輪から有益な情報が届きます。
早期申し込みなどの限定プレゼント情報もいち早くお知らせできます!


BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!



今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ




みんなの輪ホームページリニューアルしました!
http://minnnano-wa.jimdo.com/







スポンサーサイト

CRPSの運動療法

こんばんは。
水曜担当の中村です。


先日の第9回みんなの輪定期勉強会に参加された方々、お疲れさまでした。

非常に有意義な時間になったと思います。
ありがとうございました。


今日はCRPSの運動療法の背景について書きたいと思います。


CRPSの運動療法の背景と言っても脳卒中や運動器疾患の方々の運動療法と大きくは変わりません。

今まで話してきた痛みや運動障害に対して、運動を発現しやすくすることが目的になります。

脳卒中の麻痺と似ていますね。

そのため運動が発現する過程で頭の中で何が起こっているのかを知っておく必要があります。


そこでキーワードになってくるのが『身体図式』です。


前にも書いたかもしれませんが、身体イメージと身体図式は少し異なります。

身体イメージは自分自身の身体について意識的に持つ表象であり、自分と他人の相違関係です。

これに対して、身体図式は自分の身体の姿勢や動きを制御する際にダイナミックに働く無意識のプロセスです。

ある瞬間の筋の位置や身体の相互間の位置関係を定めます。


つまり、姿勢制御に関係します。

当たり前ですが、姿勢制御は運動に関係します。

なので運動療法では身体図式に介入します。

これがCRPSの運動療法の背景です。


次回からは、この身体図式と姿勢制御というカテゴリーで書いていきたいと思います。


今日はこのへんで。

よ~し、明日も臨床や~るぞ~

ありがとうございました。


ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ


≪アナウンス≫
みんなの輪~未来リハ研究会~ 第10回定期勉強会

「目の前の患者様の状態、しっかりと把握できていますか?」

演題
第1部 10:00~11:30   《重要》これからは、呼吸器診れなきゃ話にならない。総論    
                  
第2部 12:30~13:50    EBMに基づくリスク管理 ~red flagを見逃さないために~  
                  
第3部 14:00~16:00    臨床における解剖学の使い方 ~頸部・胸郭編~         
                  
  

今回の勉強会は3部構成となっております。すべて参加していただくとリスク管理~解剖学をベースにした臨床での考え方~呼吸器の診かたまで多角的に “人”をみるための考え方のヒントになります。今回の内容を、受講者の方々がこれまで行ってきた臨床に加えることでより臨床の幅を広げてもらいたいと思っています。

日時:2013年3月24日 10:00~16:00
場所:NTT東日本関東病院 リハ室
申込方法:ホームページにて
参加費:今回から演題ごとの申し込みになります!!
各演題1000円 3演題すべての申し込みで2500円

《追伸》
2月24日までのお申し込みもしくはお二人様以上でのお申し込みで

好評だった第9回勉強会の演題の中から加藤先生の「筋・筋膜経線と関節の動きを繋ぐ~患者様と心地よい動きを探す~」の詳細資料第10回勉強会復習用資料プレゼント致します!!

申込みフォームのお名前の欄(メールでの申込の場合も同様にお名前の欄に)に「○○さんと同時申込」とお互いに入力しあい、お申し込みをお願いします。




Facebook公式アカウント
http://www.facebook.com/MinnanoLunweiLairihaYanJiuHui
いいね!を押していただくと、みんなの輪から有益な情報が届きます。
早期申し込みなどの限定プレゼント情報もいち早くお知らせできます!


BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ




みんなの輪ホームページリニューアルしました!
http://minnnano-wa.jimdo.com/




意識障害と摂食嚥下リハ介入の一考察①

日曜日はみんなの輪の定期勉強会でした。

今回の定期勉強家では、関西地方や北関東など幅広い地域からご参加頂きました。
遠いところ、ご参加頂いた皆様ありがとうございました!


本日は、意識障害に対する摂食嚥下リハ視点での介入の一考察を記載したいと思います。
少し長くなりそうなので2回に分けて記載します。



現在私は、急性期と療養病棟を併設している病院にて勤務しております。
入院してくる患者様は、様々な疾患であり意識障害を呈している方は少なくありません。


意識障害を呈していた場合、摂食嚥下って何が出来るんだろう?
確かに意識障害を呈していれば食事は出来ませんから、広義の意味で摂食嚥下に関わる問題が生じていると言えなくもありません。


ただ、意識障害が改善すれば食べられる方も多くいらっしゃいます。



じゃあ、意識障害を改善できればより詳しい評価が出来、Goal設定・アプローチ方法など具体的な対応が出来ると思います。



では今回、どんな介入が出来るのかを考えてみたいと思います。
現在急性期リハビリに関しては、【早期離床】という単語を良く耳にします。


早期離床は何がいいのか?

・循環器系へ負荷をかけ、廃用を予防できる。
・体位変換に伴う、身体への感覚入力が出来る。
・脳卒中患者に関しては、麻痺の回復が離床したかしないかで4倍も違うとの報告もあります。
(近藤克則 ,太田正:脳卒中早期リハビリテーション患者の下肢断面積の経時的変化.リハ医学34:129-133, 1997
  ※限定された条件下の患者の報告です


この中で、個人的に感覚入力というものが重要だと考えております。
人は、感覚というものが存在しない場合、外界(体より外の環境)との接点が無くなってしまいます。
感覚があるからこそ、意識が出来る。その結果、体の外へ興味を持つと思います。


この感覚を最大限に使用した場合より、意識障害に対して良い刺激を生じさせるのではないかと考えております。



ポイントは、ホムンクルス(Homunculus)ではないでしょうか?


その理由につきましては、次回記載していと思います。




本日もお読み頂きありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ


≪アナウンス≫


Facebook公式アカウント
http://www.facebook.com/MinnanoLunweiLairihaYanJiuHui
いいね!を押していただくと、みんなの輪から有益な情報が届きます。
早期申し込みなどの限定プレゼント情報もいち早くお知らせできます!


BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!



今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ




みんなの輪ホームページリニューアルしました!
http://minnnano-wa.jimdo.com/





関係主義について~筋膜を見た理由~

おはようございます!
火曜朝担当の加藤です!


日曜日はみんなの輪の定期勉強会でしたね。

ご参加頂いた皆様ありがとうございました!


僕の方でも筋・筋膜系線を利用した施術について発表させてもらいました。


参加者の方々のリアクションも良く、良い雰囲気を皆さんと作れたのではないかと勝手に思っています!



今回は筋膜についての発表をさせて頂いたのですが、

体軸について発表すると思われていた方もいらっしゃるようですね!笑




ただ、筋膜の発表をさせてもらった理由も、


体軸理論を学んでいるというベースがあったからこそなんです。




まず、お伝えしなければならない事として

体軸理論では関係主義という考え方を重視しています。



この考え方では物事を細分化して要素的にみるのではなく、



視点を高くもち全体の関係を捉えていく必要があります。



対比される言葉として要素主義がありますが



必ずしも要素主義が悪いというわけでなく、(現代医学は細分化する事で発展してきましたしね)



要素にばかり目が向いてしまうと全体の関係を把握出来なくなってしまいます。




そこで体軸理論を学び始めた頃から筋膜の動きを見るようになりました。



僕にとってはそれが関係主義を捉える第一歩だった訳です。




そんな経験があり、身体の関係性を捉える一つのツールとして筋・筋膜経線を利用し治療を行っています。



身体の中だけでなく、様々な物事の関係性を捉えて行く事が出来ると



今回発表させて頂いた経験がそのまま治療効果の向上に繋がったりすると思います。



そんな理由でまた本日からの臨床がまた楽しみになっています。
…月曜日が休みなものでまだ試せていません。笑




今回のお話は、評価や治療の方法ではありませんが体軸理論では非常に重要な点です。



是非、要素的にみて治療してしまっていた所を関係性を考えながら治療してみて下さい。
そのツールとして筋膜経線は使いやすいと思いますよ!





本日もお読み頂きありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ


≪アナウンス≫
みんなの輪~未来リハ研究会~ 第10回定期勉強会

「目の前の患者様の状態、しっかりと把握できていますか?」

演題
第1部 10:00~11:30   《重要》これからは、呼吸器診れなきゃ話にならない。総論    
                  
第2部 12:30~13:50    EBMに基づくリスク管理 ~red flagを見逃さないために~  
                  
第3部 14:00~16:00    臨床における解剖学の使い方 ~頸部・胸郭編~         
                  
  

今回の勉強会は3部構成となっております。すべて参加していただくとリスク管理~解剖学をベースにした臨床での考え方~呼吸器の診かたまで多角的に “人”をみるための考え方のヒントになります。今回の内容を、受講者の方々がこれまで行ってきた臨床に加えることでより臨床の幅を広げてもらいたいと思っています。

日時:2013年3月24日 10:00~16:00
場所:NTT東日本関東病院 リハ室
申込方法:ホームページにて
参加費:今回から演題ごとの申し込みになります!!
各演題1000円 3演題すべての申し込みで2500円

《追伸》
2月24日までのお申し込みもしくはお二人様以上でのお申し込みで

好評だった第9回勉強会の演題の中から加藤先生の「筋・筋膜経線と関節の動きを繋ぐ~患者様と心地よい動きを探す~」の詳細資料第10回勉強会復習用資料プレゼント致します!!

申込みフォームのお名前の欄(メールでの申込の場合も同様にお名前の欄に)に「○○さんと同時申込」とお互いに入力しあい、お申し込みをお願いします。




Facebook公式アカウント
http://www.facebook.com/MinnanoLunweiLairihaYanJiuHui
いいね!を押していただくと、みんなの輪から有益な情報が届きます。
早期申し込みなどの限定プレゼント情報もいち早くお知らせできます!


BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ




みんなの輪ホームページリニューアルしました!
http://minnnano-wa.jimdo.com/








意図を明確に

こんばんは

今月30日で26歳の誕生日を迎えます、佐々木です。



昨日は第9回みんなの輪定期勉強会が開催されました!

多くの勉強会が行われたこの日に五反田まで足を運んで参加してくださった皆様、ありがとうございました!
早速勉強会で学んだことを臨床にて活かしたら良好な結果が得られたとの報告もいただいており、嬉しい限りです。



今回参加していただいた方も、参加できなかった方も今後もよろしくお願い致します。









本題に入ります。






意図を明確にする

これは人生において非常に重要なことです。

例えば勉強会に参加する時も、その勉強会に来る目的などを明確にしておくと終わる時には必ず何かしら持ち帰ることができるものです。







そして、ヒトの身体を診ていく時も同じです。


「何を知りたいのか?」を明確にしておく。これがめちゃくちゃ重要。




昨日の勉強会で永田先生の発表でも言われておりましたが、何に意識を向けるのかによって私たちは得られる情報が変わってくるのです。






筋肉の状態を知りたいのであれば、筋肉の状態を知る!という意図を持つ事。

すると、私たちの周波数は筋肉に合わされてきます。



神経の状態を知りたければ、神経に意識を向ける。

すると神経の情報をキャッチできる周波数になってくるのです。





物質には“共鳴”という現象が起こります。

同じ周波数のものが合わさると、振動が増大するのです。

よくギターに向かって声を出すと、弦が1本だけ振動しはじめたりしますよね。
そのような現象です。




つまり周波数が合えば、情報は向こうから勝手にやってくるのです。
意図をもつこと。意識の使い方で人間の周波数は変わってきます。





なので、意図を明確に持たずにヒトを診ていても、ボンヤリとした情報しか得られないのです。


自分が何を知りたくて評価しているのか?

どこの変化を狙って治療しているのか?



これらの意図を明確に持つ事が、治療結果に必ず繋がってきます。



みなさん明日からすぐにでも実践してくださいね。







≪アナウンス≫


BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ




みんなの輪ホームページリニューアルしました!
http://minnnano-wa.jimdo.com/




Facebook公式アカウント
http://www.facebook.com/MinnanoLunweiLairihaYanJiuHui
いいね!を押していただくと、みんなの輪から有益な情報が届きます。





前腕と前輪

こんにちは、土曜日担当の稲垣です。


最近一段と寒くなってきましたね。


インフルエンザが流行ってるみたいなので、みなさん体調管理気をつけましょう。


明日はみんなの輪、第9回定期勉強会です(^-^)


個人的には加藤くんの体軸理論に興味があるので楽しみです。


自分も久しぶりに発表させて頂きます。


実技や動作観察が多くなると思いますが、参加される方々に伝わるよう、頑張りたいと思います。


今日は明日お話しさせて頂くの内容についてほんの少し話させて頂こうと思います(^皿^)


みなさん、「前腕」にはどのような役割があると思いますか?


前腕を回内外させ、掌を下や上に向けるため、、、


よく言われていますし、確かにこの為に前腕は存在します。


しかし、以外にも前腕には役割が存在すると思います。


それは身体に対する「前輪」的な役割です。


自転車を想像してみてください。


後輪は駆動力を担いますが、前輪は進行方向に関与していると考えられます。


もちろん、後輪が下肢で、前輪が上肢です。


ヒトにおける前腕にもこのような作用が存在すると考えております。


つまり、前腕を操作すると身体の進行方向にも変化が出てくるのではないかと考えられます。


この現象は歩行時にも認められます。


この点はは明日の勉強会で詳しくやりたいと思います。


来れれる方は楽しみにしててください。


良いディスカッションが出来るのを楽しみにしています(^-^)/


それでは、今日はこの辺で(^-^)




ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ






≪アナウンス≫

第9回みんなの輪定期勉強会
1月27日(日)に開催決定!

今回は実技を多く取り入れた演題が揃っています。臨床での悩みを意見交換し合いながら、皆で一緒に成長できる場となります!現在募集中。ご参加お待ちしております。
詳細はコチラ




BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/


あなたは一夜漬け派、それとも毎日コツコツ派

こんにちは。木曜午後担当の阿部敬太です。

今日は雪が降るかもなんてニュースになっていましたが、朝起きたら太陽が出ておりました。先週の月曜みたいなことにならなくてよかったですね。ちょっと雪を期待した自分もいたのですが…


さて、前回は記憶力を高めるためには食事を見直す必要があるかもというところで『カロリス』の話を載せました。


前回のブログはこちらから



本日も、記憶や試験に役立つ話を載せたいと思います。役立てばいいのですが…。


皆様は試験前の勉強のスタイルとして、どうのように行っていますでしょうか。

毎日コツコツ勉強する人、一夜漬けで寝ずに叩き込む人、大きく分けるとこの2つになると思います。



専門的には、
 毎日コツコツ努力型は、『分散学習』
 要領よく一夜漬け型は、『集中学習』
というそうです。



この2つの勉強法にはどのような違いがあるのでしょうか?



ニューヨーク大学のダヴァチ博士らの研究によると、勉強した直後の試験の成績はお互いそこまでの差でなかったようなのですが、翌日の再テストでは、結果に差が出たようです。


具体的には、『分散学習』のほうは平均20点減、『集中学習』のほうは平均30点減だったとのこと。



このことからすると、『分散学習』に比べ『集中学習』のほうが、忘れる速度が速いということがわかります。

学習は一気に詰め込むよりも、コツコツため込むほうが、記憶の保持には有効という結果が出たようですね。



国家試験や卒業試験では、今までの集大成がすべて問題として出てくると思いますので、一夜漬けですべて覚えようというよりも、毎日少しづつ勉強したほうがよさそうですね。



前回のブログにも載せましたが、知識を詰め込む(インプット)より、知識を使う(アウトプット)のほうが記憶の定着には良いとの研究もあるので、この辺をうまく組み合わせて、学習していくと効率が良いのではないでしょうか。




最後に…


資格を取って、実際臨床の場面に出てから私も思いますし、よく聞くのが、『もっと学校の勉強をちゃんとしておけばよかった』という話です。

なぜかというと、やはり解剖学や運動学などの基礎基本が患者さんを診るためにはとても大切だからです。


そこを学ぶところが大学や専門学校だと思うのですが、どうしても学生時代は試験を合格するために勉強しがちだと思います。


私もそうだったので、結果学校で学んだことが、うまく定着できていなかったのだと思います。


臨床に出てから、もう一度基礎基本を勉強しなおそう!でもいいとは思うのですが、やはり一度学んだことですから、その知識を有効活用して、もう一度勉強しなおそう!という時間を他の分野に充てられることがよいと思います。


AMで大路さんも書いていますが、時間は有限です。多くもなく、少なくもないものですので、有効に活用していきたいものですね。


今日の内容を参考に、少し勉強の方法を見直してみてはいかがでしょうか?


本日の内容が、少しでも皆様のお役に立てば幸いです。


最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ






≪アナウンス≫

第9回みんなの輪定期勉強会
1月27日(日)に開催決定!

今回は実技を多く取り入れた演題が揃っています。臨床での悩みを意見交換し合いながら、皆で一緒に成長できる場となります!現在募集中。ご参加お待ちしております。
詳細はコチラ




BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/








CRPSの心理学的機能障害と身体表現性障害

こんばんは。
水曜担当の中村です。


今日はCRPSの心理学的機能障害と身体表現性障害について書きたいと思います。


CRPSの患者さんに限らず、痛みを有する患者さんのほとんどは心理面で何らかの問題をかかえていることが多いと思います。

心理的に問題があるからCRPSを発症するのか、CRPSを発症したから心理的に問題が生じるのかはよくわかりません。

でも、心理面での問題が運動療法の阻害因子になることは多々あります。


Cicconeによると、CRPS患者は局所性神経症患者と症状の訴え、病的行動、心理的な機能障害の点において似ているとしています。


身体表現性障害は、十分な医学的説明が見出せない身体症状(吐き気、眩暈など)からなる障害の一群のことをいいます。

その身体症状や訴えは重篤で、患者に情緒的苦痛を与え、社会的役割の遂行を損なうこともあります。

身体表現性障害の診断は、心理的要因が症状の発症や重症度、期間に影響しています。

また、身体表現性障害は意識的な詐病や仮病によるものではありません。


身体表現性障害は、

多くの臓器系に関連した様々な愁訴がある身体化障害、

1つか2つの神経学的愁訴がある転換性障害、

患者自身が特別な病気にかかっていると思い込む心気症、

身体部位に欠落あると誤った信念あるいは誇張された知覚である身体醜形障害、

心理的要因と関係する疼痛症状を有する疼痛性障害、

などがあります。


運動療法を行う上でも、メンタル面の問題だと決めつけず、問題となっている心理面にもアプローチする必要がありますね。


今日はこのへんで。


よ~し、明日も臨床や~るぞ~

ありがとうございました。



ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ






≪アナウンス≫

第9回みんなの輪定期勉強会
1月27日(日)に開催決定!

今回は実技を多く取り入れた演題が揃っています。臨床での悩みを意見交換し合いながら、皆で一緒に成長できる場となります!現在募集中。ご参加お待ちしております。
詳細はコチラ




BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/


呼吸について

おはようございます!
火曜日朝担当の加藤です。


今日は長かった横隔膜シリーズの締めとして呼吸について書いていきます。




呼吸に関しては、高岡英夫先生の著書「センター・体軸・正中線」の中でも書かれていますが、センターが出来て初めて均等呼吸と呼ばれる呼吸が可能になると言われています。


均等呼吸とは、体軸を中心に体幹全体を前後左右に均等に使う最も効率の良い呼吸です。





小児期には、胸郭の形状は成人とは違いますが、胸郭を大きく開くような呼吸が出来ています。





昨晩も行ってきましたが、私たちは週に1回体軸を鍛えるトレーニングをしています。
その中で呼吸法のトレーニングを行なっていますが、それも均等呼吸で胸郭を前後左右広げるように行なっています。
先程、体軸が出来ることにより均等呼吸が可能になると言いましたが、私たちは逆に、均等呼吸をすることで体軸がより強くなると意識して行なっています。






なので、患者さんの場合も、小児期のように体幹部を大きく広げる呼吸を思い出させるように指導、施術をすると良いと思います。





ただ患者さんの場合は、背面に空気を入れる感覚がわかりにくいことが多いです。






そんな時には、両手を組み、胸の前で腕で輪っかを作るように構え、吸気に両手と胸椎七番付近を前後に広げるようにしてもらいます。






こうすることで、背部が広げられつつ息を吸う感覚が得られやすくなります。ここから体幹全体を広げる感覚を覚えていくようにします。


セルフエクササイズとしても効果的なので、ぜひ試してみて下さい。




本日もお読み頂きありがとうございました。


ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ






≪アナウンス≫


BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/

稲垣さんと無限リハ

月曜担当の佐々木です!

月曜日は評価についてですが、今日はアナウンスを2点させていただきます。


<一点目>

もう今週に迫っている1月27日(日)開催の第9回勉強会の案内です。

今回発表して下さります、当会スタッフの稲垣先生について少しご紹介を。


稲垣先生はこのブログでも土曜日に記事を書いてくれている人気のスタッフです。
整形外科疾患に対する考察は非常に深く鋭く、いつも勉強させていただいております。
足部を重用視するセラピストが多い中、上肢からの運動連鎖を考慮した推察は本当に“ヒト”の診方を広げてくれます。

そんな稲垣先生ですが・・・

ブラッシュアップ理学療法にも稲垣先生の投稿したものが載っています!


この本を読まれた方も多いと思いますが(まだの方は読まれる事をオススメします!)

分かりづらい部分などがありましたら直接著者の稲垣先生に聞くのが一番勉強になると思います!





27日はまだ募集しておりますので、このチャンスにぜひ聞きに来てくださいね◎



詳細はコチラ




<二点目>

無限Rehabilitation ZEROという勉強会団体のブログをリンクに追加させていただきました!
http://mugenrehazero.blog39.fc2.com


こちらの会は九州を中心に定期的に勉強会や講習会を開催して活動しています!
有名な先生方を招きながら講習会もしていますし、九州のセラピストにとっては非常に大きな存在になるのではないでしょうか?

みんなの輪の方針や理念にも賛同いただけ、このたびリンクさせていただいています。
共に全国を盛り上げていける集団となりたいですね。



相互リンクは常に募集しております。
メッセージをいただけたらと思いますので、よろしくお願い致します。





ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ






≪アナウンス≫


BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/


エイリアンハンドシンドローム

こんばんわ。


今日はエイリアンハンドシンドロームについて書きたいと思います。


みなさんはエイリアンハンドシンドロームという障害をご存じでしょうか?


簡単にいうと右手と左手が自分の意思とは関係なく別々に動いてしまう障害です。


これは脳梁の切断により左右の脳が分断されて起こると言われることが多いです。


なぜ左右の脳が分断されるとこのようなことが起こることがあるのでしょうか。


人間の脳は左脳は右側を、右脳は左側をコントロールしていますが、言語をつかさどっている左脳のが全身をまと


めていることが多いそうです。


両脳はそれぞれ機能を分担して行っていますが、時には一つの行動に対して、別々の判断を下していることがあります。


その時脳梁を通じて、左右の脳は連絡をとり、抑制することで行動が決定されて行きます。


脳梁を分断されるとこの連絡経路が断たれるためエイリアンハンドのような症状が起こることがあるそうです。


主幹動脈の脳梗塞など広範な脳血管障害でごくまれにみられることがありますが、麻痺や感覚障害、高次脳機能障


害を伴っている為、純粋なエイリアンハンドシンドロームはなかなか、診る機会が少ないかもしれません。


本日はこのへんで。





ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ






≪アナウンス≫

第9回みんなの輪定期勉強会
1月27日(日)に開催決定!

今回は実技を多く取り入れた演題が揃っています。臨床での悩みを意見交換し合いながら、皆で一緒に成長できる場となります!現在募集中。ご参加お待ちしております。
詳細はコチラ




BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/





記憶力を高めるために、食事も見直す必要があるかも…

こんにちは、木曜午後担当の阿部敬太です。

先日の大雪は大変でしたね、私も家の前に雪がたまってしまい大変でした。
まだまだ、路面は凍っていますので、スリップにはご注意を…。


さて、前回は『暗記パンがあったらな』というふざけたタイトルで、記憶やら暗記やらについて少し書かせていただきました。

前回のブログはこちらから



今回も記憶というか暗記というか、そこら辺に活かせる内容を発信していきたいと思います。


最近とある本を読んでいたところ、勉強法について書いてあったので、そちらを載せたいと思います。


こちらは、米パデュー大学のカーピック博士らの研究だそうです。

大まかにいうと、『勉強は、教科書を復讐するよりも、問題を解くほうが効果的だ』というもの。
研究内容は省きますが、結果によると、私たちの脳は情報を何度も入れ込む(学習する)よりも、その情報を何度も使ってみる(想起する)ことで、長時間安定して情報を保存できるそうです。

前回のブログでも、7~8割は忘れてしまうので、反復して覚えることが必要と書きましたが、何度も想起することが大切のようです。

確かに、私も国家試験を受けたときは、先生から『とにかく問題をたくさん解け』と言われ、過去問をたくさん解きました。先生がこの事実を知っていたかどうかはわかりませんが、これも脳的には間違っていなかったようですね。



記憶力に関しては、食事も関与していることが研究でわかっているそうです。

皆様、『カロリス』というものをご存じでしょうか?
カロリーリストラクションの略で、摂取カロリーを20~30%(研究者によって数値は異なる)抑えることにより、体内の長寿遺伝子を活性化させるというもの。

つまり、健康で長生きできるということですかね。日本人は、野菜や魚など欧米諸国に比べカロリーが低い食品を好むので、寿命が長いようです。


さらにカロリスには、寿命が延びる以外に、記憶力を高める効果があるそうです。


こちらも、独ミュンスター大学のフレール博士らが研究したようなのですが、

 1)30%offのカロリスを3か月続ける
 2)不飽和脂肪酸(DHAやEPAなど)を普段よりも20%摂取する
 3)通常の食生活

の3グループを作り、3か月後に記憶力のテストを行ったそうです。
ちなみに、カロリスを行ったグループは、体重が2.3%ほど減量していたそうです。



結果はどうだったかというと…

カロリスを行ったグループは、成績が30%ほど上昇していたようです。
こりゃ驚きだ…。



ちなみに、不飽和脂肪酸のグループでは体重減少や成績向上は認められなかったそうです。
DHAは『記憶力を向上させる』というよりは、なんらかの理由によって衰えてしまった記憶力に対して『改善効果を持つ』という見解があるようですね。



これらを考えると、食事も見直してみる必要がありそうですね。



あくまで、一例ですが、少しはお役にたてばいいと思い、載せてみました。


本日はこの辺で、また次回もお役に立てるような内容を発信したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ






≪アナウンス≫

第9回みんなの輪定期勉強会
1月27日(日)に開催決定!

今回は実技を多く取り入れた演題が揃っています。臨床での悩みを意見交換し合いながら、皆で一緒に成長できる場となります!現在募集中。ご参加お待ちしております。
詳細はコチラ




BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/





CRPSの症候の拡がり

こんばんは。
水曜担当の中村です。


今日はCRPSの症候の拡がりについて書きたいと思います。


臨床でCRPSの患者さんをみていると、最初は手だけが痛かったのに後に上肢全体や中には体幹まで痛みが拡がる場合があります。

これらは痛みだけに限らず、運動障害もみられます。


IASP PRESSでは、症状と所見が最初の損傷部位を越えて、より広い領域に拡大することは、これらの障害の特質であるとしています。

これらの症状と徴候は通常、四肢の末梢に生じます。

しかし、時には関連のない部位に及んだり他の身体領域に拡がったりすることがあります。


Stanton Hicksによると、RSDやカウザルギーは典型的には四肢末梢の障害であると考えられていますが、CRPSの定義からすると顔面の一側や体幹部の領域に障害が生じる可能性を否定するものではないとしています。


2000年にMalekiらによるCRPSの拡大パターンの研究があります。

対象は平均罹病期間は4.5年のCRPS患者27名でした。

右足部の場合、右下肢全体に拡がっていく隣接性拡大が5/27、

右足部の場合、左上肢に症状が出現する独立性拡大が19/27、

右足部の場合、左足部に症状が拡がる鏡像性拡大が5/27、

という結果でした。


意外にも関連のなさそうな部位に拡がる独立性拡大が多いですね。

原因はよくわかりませんが、臨床においても同様の現象がみられます。

やっぱり局所と全身両方見ることが大切ですね。


今日はこのへんで。


よ~し、明日も臨床や~るぞ~

ありがとうございました。





ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ






≪アナウンス≫

第9回みんなの輪定期勉強会
1月27日(日)に開催決定!

今回は実技を多く取り入れた演題が揃っています。臨床での悩みを意見交換し合いながら、皆で一緒に成長できる場となります!現在募集中。ご参加お待ちしております。
詳細はコチラ




BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/


横隔膜の評価、治療

おはようございます。火曜日朝担当の加藤秀和です。



横隔膜に関していろいろと書かせていただきましたが、もう少し実践的なお話もしてみようかと思います。




横隔膜が体軸理論で重要とされていることはしつこいほど書かせていただきました。





この横隔膜に対して動きを出すための手技で僕がどのようなことをしているかというと、







まずは評価ですが、






特に横隔膜の動きを僕はどの様に見ているかというと、






吸気時の胸郭の動きに注目しています。





横隔膜は収縮時に起始と停止が入れ替わるという特殊な筋です。





どの様な動きになるかというと、はじめは肋骨の下縁と腰椎が起始となり、腱中心が引き下げられる動きにより胸腔が拡げられます。



しかし腱中心は下方に引き下がることで腹腔内臓器とぶつかり、下方に引き下がるスペースが無くなってきます。ここからは逆に腱中心が固定され起始となり肋骨の下縁を上方に引き上げる動きになります。



この動きを見る際には手を6~9肋骨(手を当てやすいところ)に当て、吸気に肋骨が比較的動かないところから大きく外上方に動き出す境を見つけます。




この動きは、呼吸のトレーニングをしているような方だとわかりにくい事がありますが、左右差が見られることが多くあります。




この時に考えることは、2段階に別れる動きのどちらの相で動きが悪いのか




それは胸郭の固さなのか、





横隔膜が筋連結によりすでに下方に引き下げられているのか



といった部分です。





僕の経験上、ST関節の回内が強い場合は、アナトミートレインの深前線である後脛骨筋などが下方に引かれテンションがかかり、同じライン上の横隔膜にも影響している印象です。





この場合は下腿部から深前線を持ち上げるように操作します。





筋膜に触れながら軽く持ち上げて待っていても、下方から上方に向かって押圧を加えながらストロークを何度かしても良いと思います。





この辺りは27日のみんなの輪の定期勉強会でも僕の発表で触れるかもしれません。出来るだけ実技を多くしたいので、内容はまだ検討中ですが…





興味がある方は是非参加していただけると嬉しく思います。




では、今日もお読みいただきありがとうございました。


ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ






≪アナウンス≫

第9回みんなの輪定期勉強会
1月27日(日)に開催決定!

今回は実技を多く取り入れた演題が揃っています。臨床での悩みを意見交換し合いながら、皆で一緒に成長できる場となります!現在募集中。ご参加お待ちしております。
詳細はコチラ




BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/





感覚を鍛える


おはようございます。

月曜担当の佐々木です。




僕はセミナーやブログなどでよく「セラピスト自身が患者さんの状態をしっかり感じる事が大切である」と言っています。当たり前のようで、実際は先入観に囚われてしまったり、知識の豊富さが逆に感覚を邪魔して頭で考えてしまうことが多い事と思います。



微妙な変化・違いを感じることができなければ、患者さんの骨の変位や筋膜の捻れなど、身体の歪みを捉えることはできません。




現代は情報社会であり、視覚に頼る生活をしています。
目で見ればその商品がどのような素材で出来ているのか書かれていますし、本や新聞などを1枚1枚めくらなくてもテレビやネットで簡単に情報が得られる時代です。


触覚を使う機会が減っているのです。




触覚は本当に神秘的なパワーが秘められた感覚であると思います。

もちろん他の感覚器にも言えることですが、触覚は鍛えれば鍛えるほど研ぎすまされるものなのです。




鍛えれば、どこか一カ所を触れていても全身の状態を感じ取れるようになります。
これは決して不思議な能力ではないのです。



触覚は延長することができます。



以下はアウェアネス介助論から抜粋なのですが、



革手袋をつけても、触っている物を感じることができます。触覚はすぐに順応するので、革手袋をつけていることを感じなくなります。そして、革手袋の外側に触れている物を感じます。


手袋をつけていない時の皮膚の表面は表皮です。触覚の受容器は、表皮の下、真皮の中にあります。触覚の受容器は、表皮の上から来る力学的エネルギーを電気信号に変えて、神経に伝えていきます。


手袋をつけた瞬間には、その接触による速度、加速度、強さを感じます。しかしすぐに順応します。順応してしまうと、あたかも手袋と表皮が一体になったかのようになります。そうなったときに、手袋の上から力学的エネルギーが与えられると、触覚の受容器は厚い表皮の上に接触を受けたように反応します

〜中略〜

触覚は順応する事で延長します。様々な感覚で順応は生じます。固有覚も、順応により脳内での情報処理が変化し、延長します。触覚と固有覚が延長すると、自分の触れている人の体に起こっていることも感じられるようになります。


ということです。

もっと詳しく知りたい方はアウェアネス介助論を読まれると良いと思います。(とても分厚い本ですが、感覚について色々書かれており、臨床の手助けになることと思います。)










感覚を鍛えるのに色々な訓練方法も紹介されたりしていますが、まずは

「臨床で感じようとすること」


「日常生活で感覚を楽しむ事」



これらが大切なのではないでしょうか?


触覚と臨床心理などについても分かりやすく書かれている
“皮膚感覚の不思議 「皮膚」と「心」の身体心理学”もオススメです。







僕も今年はもっともっと感覚を鍛えて、臨床を、そして生活を楽しめたらと思います。



ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ






≪アナウンス≫

第9回みんなの輪定期勉強会
1月27日(日)に開催決定!

今回は実技を多く取り入れた演題が揃っています。臨床での悩みを意見交換し合いながら、皆で一緒に成長できる場となります!現在募集中。ご参加お待ちしております。
詳細はコチラ




BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/



肘関節と体幹機能

こんにちは、土曜日担当の稲垣です。


今日は高校サッカーの準決勝でしたね(^o^)


やっぱり青春は真っ直ぐでいいですね。


自分も昔は選手権を目指していたものです・・・。(^皿^)笑


今は目標が違いますが、初心を忘れずに理学療法に取り組みたいと思います。


今日は、肘関節について述べたいと思います。


みなさんは肘関節にどのような印象をもっていますか?


屈曲・伸展運動


蝶番関節


中間関節


色々あると思います。


よく上肢の中で距離を調節する役割をもつなど書かれています。


その通りだと思います。


それに加えて、身体の「上下運動」に関与していると私は思います。


簡単にいうと四つん這い位などの荷重位で、肘を曲げると体幹部が下がり、肘を伸展すると体幹が上がります。


非荷重位では上肢としての距離を調節しますが、荷重位では体幹の上下運動を調節すると考えられます。


この事を考慮して肘関節を誘導するとどうなるでしょうか?


肘関節を屈曲して体幹を動かしてみるとどうでしょう。


逆に肘関節を伸展して体幹を動かしてみるとどうでしょう。


続きはまた今度にします(^皿^)


今回はこの辺で失礼します。


ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ






≪アナウンス≫

第9回みんなの輪定期勉強会
1月27日(日)に開催決定!

今回は実技を多く取り入れた演題が揃っています。臨床での悩みを意見交換し合いながら、皆で一緒に成長できる場となります!現在募集中。ご参加お待ちしております。
詳細はコチラ




BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/




暗記パンがあったらな

こんにちは。木曜午後担当の阿部敬太です。

正月明けで、身体が鈍りがちな私ですが、皆様はどうでしょうか?新年に入り、新たな気持ちで仕事に打ち込めているかと思います。



さて、学生さんにとっては、これからの時期はとても忙しい時期になりますね。



3年生は4年次の臨床実習が控えていますし、4年生は卒業試験、そして国家試験が待ち受けています。
それを乗り越えれば、私たちと同じ臨床の場で活躍していけるので、ラストスパートです。



と、試験続きなると思います。



なので、今回から何回かに分けてこれらの話を少しできればと思います。





試験を合格するためには、いい点数を取らなければいけないので、ある程度の知識を暗記しなければいけませんね。


暗記とは、書いてある文章を見ないで口に出して言えるようにするために覚えること、とあります。



覚える、つまり『記憶』の中枢は、大脳辺縁系の海馬ですね。記憶にも感覚記憶、短期記憶、長期記憶とあります。試験のために知識を覚えるのは長期記憶ですね。



ちなみに心理学の研究によると、記憶は覚えた直後に急激に忘れていくことがわかっているそうです。
急激に7~8割忘れ、その中で残ったものを長い時間覚えていることができるそうです。



そうすると、反復して覚えていかなければいけないですね。これは大変だ。






暗記パンがほしいと思った人が世の中に何人いるでしょうか。私もその一人です。







しかし、ただ覚えるだけでは、試験のためのものとなってしまい、それが終わったら忘れていくだけになってしまいます。それではもったいないですね。





例えば、筋肉の起始・停止などはその名前と絵や写真などのビジュアル的なものを一緒に覚え、後でイメージできるようにしていました。




そのほうが、試験に合格して、臨床の場に立った時でも役に立ちます。起始・停止に限らず、物事をイメージして覚えることはとても大切かと思います。




実際、患者さんを動かす際は、皮膚の奥にある関節をイメージして動かしていくことが大切なので、そこにもつながりやすいです。




今日はこの辺で。来週も、こんな感じで何か学生さんの +α になれるよう書いていきたいと思います。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。


ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ






≪アナウンス≫

第9回みんなの輪定期勉強会
1月27日(日)に開催決定!

今回は実技を多く取り入れた演題が揃っています。臨床での悩みを意見交換し合いながら、皆で一緒に成長できる場となります!現在募集中。ご参加お待ちしております。
詳細はコチラ




BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/





慢性痛における評価

こんばんは。
水曜担当の中村です。


今日は慢性痛における評価についていくつか紹介したいと思います。


一つ目は、患者自身の表現による痛みの測定です。

これは皆さんもよく知っている視覚アナログスケール(VAS)や短縮版マクギル疼痛質問表(SF-MPQ)や疼痛部位図示法などがあります。

その中でもVASは、長さ10cmの線分を患者に見せ、痛みが線分上のどの位置にあるかを判定してもらうことで距離をもって疼痛の程度を測定します。

VASは感度が高く、再現性があり、数値化できるメリットがあります。

また速やかに施行できます。

同一患者の痛みの経時的変化を評価し治療効果の判定に有用です。


SF-MPQは面接質問法を用いた痛みの質問表です。

この質問表では何を痛みとするかを患者と共有します。

感覚面だけでなく感情面など多面的な評価が可能です。

このVASとSF-MPQの点数は相関があると言われています。


二つ目は、痛み反応の測定です。

その一つに外来患者用不安抑うつテスト(HAD)があります。

抑うつ、不安各7項目よりなり、各項目は0〜3点で採点され、下位尺度は項目得点の合計で算出されます。

0〜7点は不安、抑うつなし
8〜10点は疑診
11点以上は確診となっています。


三つ目は、痛みの影響の測定です。

代表的なものに疼痛生活障害尺度(PDAS)があります。

各項目0〜3点で採点し高得点ほど生活障害が強いことを示します。

10点未満を健常、それ以上を慢性痛と判別します。

PDASでは疼痛に特異的な生活機能障害の評価が可能です。

慢性痛患者の身体運動と移動能力の評価に特化して解釈しています。

精神的要因の評価は含まれていません。


以上が慢性痛患者に用いられている主な評価バッテリーです。

自分も臨床で使用することがありますが、治療効果の良い指標になると思います。


今日はこのへんで。


よ~し、明日も臨床や~るぞ~

ありがとうございました。



ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ






≪アナウンス≫

第9回みんなの輪定期勉強会
1月27日(日)に開催決定!

今回は実技を多く取り入れた演題が揃っています。臨床での悩みを意見交換し合いながら、皆で一緒に成長できる場となります!現在募集中。ご参加お待ちしております。
詳細はコチラ




BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/



重力に対する対応

おはようございます。火曜朝担当の加藤です。


前回、前々回と重力による上下方向の刺激について話しました。記事はこちらこちら




今回は発達を絡めて書きたいと思います。





重力に対する適応に関して幼少期にはどういった刺激で発達していくかというと







おそらくは抱っこが重要ではないかと考えられます。





特にまだ頸も座っていない頃の赤ちゃんは身体はゆるゆるで、安定しません。







この頃は軸の感覚もおそらく得られていないと思われます。







この頃に赤ちゃんのとれる動きはというと、モロー反射などでもみられるしがみつくような動きです。







抱っこされた時にバランスを崩し、驚きしがみつく事によって






体軸ではありませんが自分の力で身体を立てて正中を保つ感覚を得られます






この時に重力に対する重心の落としどころを感じていますが、成長するにつれて自分の落としどころを見つけてくると落ち着かないところでは力が入ってさらにしがみついたり、抵抗したりするのではないかと思われます。






これは患者さんにも当てはまり、患者さんも重心の落としどころをしっかりと感じられれば、緊張は勝手に落ちていきます。






この時にポイントになると思われるのが、骨盤底筋と横隔膜をはじめとした腹部のローカルマッスルと言われる筋群と






しっかりと骨で支持する事だと思います。
これは体軸理論でもかなり重要なポイントです。
このポイントを見つけるために僕は関節や筋膜を動かしたり動いてもらいながら評価し、操作していきます。





また、患者さんを起こす際も、しっかりと落としどころを見つけてから離床した方が良いと思っています。






早期離床も重要ですが、患者さんのストレスになり身体が固まってしまうのも避けたいですよね。





臥位でも落としどころがしっかりと見つかれば緊張は落ちますよね。






座位でもしっかりと落ち着くポジションに持っていくと立ち上がりなどの動作が楽になります。






外来でいらっしゃる患者さんも同様なので僕の場合まずは楽に寝る、座る、立つを目指してリハを行うこともあります。第9回のみんなの輪勉強会では立位を中心に話してみようかと思っておりますので、興味のある方は是非ご参加ください。








本日もお読みいただきありがとうございました。



ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ






≪アナウンス≫

第9回みんなの輪定期勉強会
1月27日(日)に開催決定!

今回は実技を多く取り入れた演題が揃っています。臨床での悩みを意見交換し合いながら、皆で一緒に成長できる場となります!現在募集中。ご参加お待ちしております。
詳細はコチラ




BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/


治療部位を特定するには②


無事にディズニーシーで年を越しました。
佐々木です。


完全防寒装備で行ったので全く寒くなかったですね。
でもお雑煮買うのに40分待ちはビックリしました。


みんな日本人ですね。







さて、先週の続きです。(先週の記事はコチラ




先週は実際の臨床で例えながら“治療部位を特定するには”、症状や現象に短絡的に左右されるな!ということを書きました。


では、どうしたら良いのか?






例えば足関節の背屈制限が原因で立脚後期がうまく出ずに、対側の膝関節の痛みを引き起こしているとしたら・・・


痛みの出ている膝関節の治療も必要だとは思いますが、やはり歩行を改善させたいところですよね。


そこで、足の背屈制限に対するアプローチです。
しかしここでは足の背屈ROMexをするだけではありません。何が制限を起こしているのかをしっかり感じ取ることが重要です。




筋膜の繋がりを考えると、足の背屈制限を引き起こす因子は全身どこにでも存在し得るのです。

腓腹筋やヒラメ筋だけに着目してはいけません。

上半身の可能性だってありますし、内臓の腹膜の可能性もあります。



セラピストの手でしっかりと制限部位を感じ取ること。それが背屈制限の改善のアプローチに必ず繋がります。






特に制限を起こしていない腓腹筋のストレッチばかりやっていると、伸張性の筋力低下なんかを起こしかねません。
治療しているつもりが悪くさせているということですね。


治療部位を特定するには短絡的な思考で判断せず、私たちの手からの情報を基に解剖学と照らし合わせて決定することが重要になってきます。



もう少し具体的に知りたい方はお会いした時に聞いてくださいね^^



第9回みんなの輪ですが、まだ空きがありますのでご参加ください。
実技中心に面白い演題が揃っております!運動連鎖や筋膜連鎖の勉強にはもってこいの一日ですよ!


僕もみなさまとお会いできるのを楽しみにしております。




ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ






≪アナウンス≫

第9回みんなの輪定期勉強会
1月27日(日)に開催決定!

今回は実技を多く取り入れた演題が揃っています。臨床での悩みを意見交換し合いながら、皆で一緒に成長できる場となります!現在募集中。ご参加お待ちしております。
詳細はコチラ




BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/




あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

今年も脳卒中について中心に書きつつ、アカデミックな内容も記載していこうと思っています。

みなさんはもう今年の目標は決まりましたか?

目標を具体的に持つと潜在意識がその目標に向かっていくので自然と意識しない行動もそちらに向かっていくみたいです。

自分も今年の目標を明確に持って取り組んでいきたいと思っています。

今年一年皆様にとってよい一年となることを願っています。

今年もよろしくお願いします。

それでは。


≪アナウンス≫

第9回みんなの輪定期勉強会
1月27日(日)に開催決定!

今回は実技を多く取り入れた演題が揃っています。臨床での悩みを意見交換し合いながら、皆で一緒に成長できる場となります!現在募集中。ご参加お待ちしております。
詳細はコチラ




BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/



未来を創造していく③ 自分の理想像を描く

どうも、吉葉です。

未来を創造していくシリーズ3本目は未来の自分を定めることについてです。

1つ目の記事では「今ここの自分」を定義すること。


2つ目の記事では未来の自分を定義する意味について書きました。



このシリーズ3本目では未来の自分の定め方について話していきます。

なぜ未来の自分を定めるかというと、今の自分と未来の自分をつないで、

その目標となるところの道筋をつけていくことになります。

今の自分しか見えなくて好き放題に枝葉を伸ばしていると、高みには登れませんよね。

アサガオが支柱を伝って上に伸びていくように道筋が必要になってきます。

その支柱になるのは「未来の自分」です。


では、未来の自分を決めるにはどうしたらいいのか。

これは意外と簡単で「モデリング」を活用していきます。

「モデリング」というのは、元は心理学用語で何かしらの対象物を見本に同じような動作や行動をとることです。

要するに「憧れ」です。

「憧れの姿」を決めることでその姿に少しでも近づきたいと言う心理が芽生え、結果として行動が変わり未来の自分はそう

なります。

この時に重要なのは、1人の人物に限定しないことです。

ある特定の人物になりきることは人間は不可能ですので、

自分が憧れる部分を持った人を寄せ集めて、これまでにない理想像を創り上げればいいわけです。

その理想像に近づけば近づくほど、あなたという存在は誰でもない、あなたという特別な存在に近づいていきます。

その時あなたのキャラクターは強烈な「憧れ」を生み出す一代ムーヴメントになります。

それこそがブランディングの極意ともいえるものです。

ブランディングは他との差異だったり実質的機能の差じゃないんですよ。

だってヴィトンのバッグなんてただ「LV」のロゴが入ったただの塩化ビニルのバッグだし、

グッチの財布だってハートのマークがついてる石油樹脂の財布に過ぎないわけです。

そのブランドの歴史や職人の叡智といった「憧れ」に僕らはお金を払っているわけです。

まぁ、僕はどちらのブランドも持ってませんがね(笑)。

そんなわけで、実は「未来の自分」を定めて近づくことは、

人間的成長とともにブランディングという要素も同時に達成する手段であるということを結論として終わりたいと思います。

それでは。

≪アナウンス≫

第9回みんなの輪定期勉強会
1月27日(日)に開催決定!

今回は実技を多く取り入れた演題が揃っています。臨床での悩みを意見交換し合いながら、皆で一緒に成長できる場となります!現在募集中。ご参加お待ちしております。
詳細はコチラ




BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/



動物も左偏位?

こんにちは、土曜日担当の稲垣です。


もう仕事はじめの人も多いかと思いますが、遅くなりました。明けましておめでとうございます。


今年もよろしくお願い致します。


すみませんが、私は、もう少しお休みです(^皿^)


休みボケしないように少しずつ頭をシフトしていかないといけませんね。


みなさんも、気をつけてください。


今日は実家で見つけた発見を書かせて頂きます。


以前、形態的な偏位について書かせていただきましたが、、、


それは、やはりヒトだけではないと思われます。


私が観察したのは、自分の愛犬であるミニチュアダックスフンドです。


お座りしている、姿勢はだいたい左偏位?している気がしました。


そんなにたくさん観察していた訳ではないのですが、骨盤対して胸椎レベルが左に位置してりました。


そぉいうふうに捉えてみると、後ろ脚で蹴る時の対応が左右で異なっている気がします。


ヒトにおける形態的な左右差に重力などが関係しているなら、動物達にも影響があってもおかしくはないと思いますが(@_@)


そんな視点で動物を見るのも楽しいと思います。


みなさんも、いろんな視点で物事をみてみてください。


何か発見があるかと思います!


それでは。


ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ






≪アナウンス≫

第9回みんなの輪定期勉強会
1月27日(日)に開催決定!

今回は実技を多く取り入れた演題が揃っています。臨床での悩みを意見交換し合いながら、皆で一緒に成長できる場となります!現在募集中。ご参加お待ちしております。
詳細はコチラ




BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/

CRPSの臨床所見

こんばんは。
水曜担当の中村です。


あけましておめでとうございます。

正月ボケで曜日感覚がおかしくなってました。

遅くなりましたが更新します。

今年もみんなの輪をよろしくお願いします。


新年一発目の今日はCRPSの臨床所見についてです。


CRPSの患者さんはweakness、ジストニア、スパズム、振戦、ミオクローヌスを経験します。

またこれらは複合して起こることもあります。


深部腱反射も亢進しています。


症状の持続とともに運動障害が広がっていきます。

例えば手部のCRPSの場合、近位部である肩関節や肩甲帯に運動障害がみられます。

更に進行すると対側上肢や下肢にまで及びます。

この話はまた後日にします。


今回はその中でもweakness、Bradykinesia(動作緩慢)、ジストニアについて話します。


weaknessに顕著な所見は運動を引き起こせないことです。

ただしこれらは痛み、浮腫、関節炎の結果によってもおこるので、必ずしもではありません。

注意機能障害や異常な感覚運動の統合が原因との報告もあります。


Bradykinesiaは多く観察され、非罹患側にも表れることがあります。

母指と示指の先端を叩く課題や手指の開排動作で評価して、この反復動作が緩慢であるとBradykinesiaとみなされます。


ジストニアは捻転や異常姿勢を引き起こしている不随意な筋収縮を特徴としています。

手指や手関節、足部の屈曲姿勢を示します。

近位部への進行は肘、膝の屈曲姿勢、肩や股関節の内転、内旋を引き起こします。

他動的な罹患部位の伸張は、伸張反射の過剰興奮を引き起こし伸張筋の収縮の原因となります。


痛みの他にも一般的には知られていないであろう症状が多々あります。

今日はこのへんで。


よ~し、明日も臨床や~るぞ~

ありがとうございました。





ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ






≪アナウンス≫

第9回みんなの輪定期勉強会
1月27日(日)に開催決定!

今回は実技を多く取り入れた演題が揃っています。臨床での悩みを意見交換し合いながら、皆で一緒に成長できる場となります!現在募集中。ご参加お待ちしております。
詳細はコチラ




BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/

新年のご挨拶、体調管理はしっかりと…

皆様、明けましておめでとうございます。木曜午後担当の阿部です。

新年そうそう、風邪を引いてしまい少々寝込んでおります…

体調管理はまず一番に大切なことなのに、情けないですね…

皆様は体調大丈夫でしょうか?
これから、インフルエンザも流行ってくるので、十分お気をつけ下さい。

寝込みながら、箱根駅伝見てましたが、日本体育大学が優勝しましたね。
去年は19位というところから大きな飛躍となったようです。

毎年、箱根駅伝は見ていますが、やはり、団体スポーツの団結力は凄いと毎年思います。

今年も、参加しているさまざまな大学で『~のために、走る』という言葉が出ていました。

相手を思う気持ちを力に変えて、いつも以上のものを発揮出来るのは凄いと感心しながら、今年も見させていただきました。

団結力は、スポーツに限らず、医療現場でのチームアプローチや、私達のような団体には必ず必要なものと思います。

みんなの輪の一員として、参加させてもらっている以上、この団結力というものを更に強くし、未来へ進んで行かなければな…としみじみ思った次第でございます。

その前に体調管理が出来ないと話にならないのですが…

すいません、本日はこの辺で。もう一休みして、明日の仕事初めに備えようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

今年もよろしくお願いいたします。


ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ






≪アナウンス≫

第9回みんなの輪定期勉強会
1月27日(日)に開催決定!

今回は実技を多く取り入れた演題が揃っています。臨床での悩みを意見交換し合いながら、皆で一緒に成長できる場となります!現在募集中。ご参加お待ちしております。
詳細はコチラ




BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/

摂食嚥下と安全性

明けましおめでとうございます。年越しから熱が引かず、体調不良出したが初日の出など色々と見れて良いスタートがきれたなと思っています。

続けて、嚥下について書いて行きたいと思いますので宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

前回記載した、誤嚥による肺炎へのリスク管理への続きです。


前回は食べる以前に出来るリスク管理出したが、今度は食べる際のリスク管理を行いたいと思います。


病院で働かれている方なら、トロミだとかソフト食など一度は耳にした事があると思います。

飲み込みやすい形状になっているんだろうなと思いますが、セラピストとしてなかなか関わりづらい内容ですよね!

トロミの強さとかは、推奨される強さはありますが、決められた強さが有るわけでも無いですし•••

非常に難しいですよね。

セラピスト視線では!

ただ、管理栄養士や看護師の方達も同じように食形態の決定が難しいと考えているようです。

なら、一緒に出来る事を寄せ集めたらいいんではないでしょうか?

セラピストは、機能を評価して何期のどこが障害されているのかを調べます。

栄養士がそれに見合った形態の食事を何種類か準備し

看護師•セラピスト•栄養士などが医師の管理下にて、フードテストを行いリスク管理を行えば安全な評価が出来るのではないでしょうか!

嚥下は繰り返し、一日何回も行う運動だからこそしっかりと見ないと怖いですよね。

怖い思いはしたくないし、させたく無いので

しっかりと摂食嚥下の評価が出来るセラピストになれるよう、日々努力していきます。

横隔膜と骨盤底筋

あけましておめでとうございます



クリスマスに引き続きお正月も休まず更新します!




火曜日朝担当の加藤です!
ちょっと遅い更新で申し訳ありません。




前回は横隔膜と骨盤底筋の体軸への重要性を書かせて頂いたので、今回はそれらを活性化するための垂直方向の力について書かせて頂きます。




まず横隔膜と骨盤底筋は拮抗的な働きをしています




吸気に横隔膜が下がると骨盤底筋が内臓を支えながら遠心性に収縮し、



呼気に横隔膜が持ち上がると骨盤底筋も救心性収縮で上方に上がって行きます。




このバランスが姿勢保持には重要と考えられます




骨盤底筋は横隔膜と連動があったり、仙骨を介して多裂筋に影響を及ぼすので、姿勢保持に重要と言われます。




この骨盤底筋の収縮を円滑に行うためには横隔膜がしっかりと下がり、内臓、骨盤底を押し下げる必要があると考えます




そのために、姿勢を保持しながら内蔵が重力によって下方へ押し下げられるよう垂直方向への刺激が必要だと考えます。





特に横隔膜は筋紡錘がかなり少ないため、姿勢による重力の加わり方での張力の変化は感じ難いかと思われますので、

内臓をしっかりと下げ、横隔膜の動くスペースを確保出来る垂直位の姿勢で骨盤底筋との連動を図る方が良いと思われます。胸郭も広がりやすいですしね。



次回も横隔膜について書かせて頂きます。




では、本日もお読み頂き、ありがとうございました。


ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ






≪アナウンス≫

第9回みんなの輪定期勉強会
1月27日(日)に開催決定!

今回は実技を多く取り入れた演題が揃っています。臨床での悩みを意見交換し合いながら、皆で一緒に成長できる場となります!現在募集中。ご参加お待ちしております。
詳細はコチラ




BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ



みんなの輪ホームページ

URL: http://minnnano-wa.jimdo.com/

«  | ホーム |  »

フリーエリア

カテゴリ

みんなの輪~未来リハ研究会~ (40)
運動器リハ (31)
脳卒中 (19)
評価 (26)
臨床実習 (12)
PT・OT国家試験 (8)
摂食嚥下 (17)
ペインクリニック (19)
成功哲学 (12)
未分類 (18)
体軸と発達 (16)
EBM (1)
研究 (2)
マネジメント (0)
秘伝 (11)
体軸理論 (5)
発表 (1)
身体図式と姿勢制御 (6)
ACL関連 (4)
上肢の理学療法 (17)
栄養 (2)
リハビリ革命 (2)
学会 (2)
解剖学 (15)
運動制御 (11)
その他 (13)
歩行訓練 (4)
歩行 (4)
自費診療 (4)
急性期 (6)
関節可動域 (2)
臨床推論 (4)
顎関節 (7)
コミュニケーション (3)
書籍紹介 (3)
心理 (4)
THA (1)
視覚 (4)
勉強会 (2)
PNF (7)
注意 (3)
大学院 (1)
ボディーイメージ (2)
身体の表現 (1)

プロフィール

みんなの輪~未来リハ研究会~

Author:みんなの輪~未来リハ研究会~
当会の目的

1.縦の繋がりはもちろん、同世代のセラピストの横の繋がりを構築する。

2.個々のレベルアップの場とし、日々の臨床・研究・教育の場で活かす。

3.他分野の方との、繋がりを作る。


職種を超えた輪を作り、より良い未来を創っていきたいと思っております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。