2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮腫のメカニズム

皆さん、こんばんは。木曜日担当大山です。

クリスマスが終わり、今年も残り1週間ですね…

早いです。あっという間に1年が終わりますね。。




今日は浮腫のメカニズムについて勉強したので少し述べたいと思います。


浮腫;間質液が組織間隙や、胸腔、腹腔などに異常に貯留した状態

大まかに5種類が要因として考えられます。

①毛細血管静水圧の上昇

②血漿膠質浸透圧の低下

③腎Na排泄機能低下

④血液量の減少

⑤リンパ系の閉塞


次のこの5つ挙げた物のメカニズムを説明します。


①毛細血管静水圧の上昇

腎機能や心機能が低下することで、循環血漿量が増加する
→毛細血管静水圧(血管内から血管外へ水分を押し出そうとする圧)が上昇し浮腫が生じる。



②血漿膠質浸透圧の低下

生体侵襲が加わると、毛細血管の透過性が亢進する。その結果、血漿膠質透過性が低下し、血液中の蛋白成分(主にアルブミン)が組織間(間質に移動)する。
→間質の水分を血管内に引き戻せず、水分が間質に貯留してしまい浮腫が生じる。

※血漿膠質浸透圧;蛋白質により組織間の水分を血管内に引き戻せる力



③腎Na排泄機能低下

腎でのNa調節機能が低下することで血漿間質液とのNa濃度が変化し浸透圧のバランスが崩れる。
→細胞内から細胞外への水分移動が起こり、浮腫が生じる。


④血液量の減少

循環血漿量の減少を補おうとホルモン(さぁ何ホルモンでしょう?答えは最後に…)が分泌され、水とNaの再吸収が促進される。
→血中のNa濃度が上昇し浮腫が生じる


⑤リンパ系の閉塞
悪性腫瘍やリンパ管の炎症でリンパ管が閉塞されることで、間質からの水分流出が妨げられ浮腫が生じる。




以上のことが、浮腫のメカニズムになります。

次に浮腫がある患者の離床時ポイントを述べます。

【☆浮腫の原因を探る】
【☆皮膚の脆弱化によるスキントラブル(褥瘡リスク)】
【☆関節運動の制限、疼痛対処】
【☆転倒防止】


離床が難しかったり、自己体交困難な患者様に対して弾包を巻いたり、時間誘導で体交したりと色々と方法はありますが、セラピストとして浮腫に対してどのような事ができるのか?という事で勉強しました。

アプローチを勉強する前に、まずは基本的なメカニズムを勉強しないと治療していてイメージが付きにくいと思います。

例として触診を挙げると、筋肉の起始停止、目的とする筋肉の深さ等が頭に入っていないと確実に治療の効果判定もできませんし、治療といえるのか?って自分的に思います。

なので、学生の時の知識・あるいわ今学生の皆さんには今のうちに座学で吸収できる事を多く吸収して、臨床に出た時に是非無駄にしないで、患者様の治療にあたって頂けたらと思います!

知っているって楽しいことですよ。笑

あっ、④の部分での答えです。
「血流量の維持、血漿浸透圧の維持・調節に欠かせないホルモンは?」
「答え;抗利尿ホルモン」



国師まで約2か月ですね、早いものです。学生の皆さん頑張ってください!!


最後まで読んでくださりありがとうございました。2013年の木曜は本日が最後です。来年もどうぞよろしくお願い致します。それでは皆様良いお年を。



【アナウンス】





大好評につき、第2期開催決定!!
【女性限定】内部環境調整セミナー
   〜骨盤・股関節を中心に〜



患者様の訴えるむくみや冷えを放置してしまってはいませんか?
むくみや冷えとは一体どのようにして起こるのか?
どの様にすれば、むくみを防ぎ治療効果を向上させることが出来るのか…

それは、患者様の内部環境に目を向け、むくみや冷えを引き起こしている原因を見つけ出し、そこに対してアプローチしていかなければいけません。

今回は、股関節や骨盤帯を中心に身体内部環境を整えるために必要な
☑機能解剖
☑内部環境の調整法
☑股関節・骨盤帯機能の調整法
を学びます。

内部環境を調整したうえで、より機能的な骨盤・股関節にするための調整法も併せて行う事でこれまでよりも1歩踏み込んだ骨盤周囲の機能改善を目指します。


【日時】
2014年1月27日(月)
  2月10日(月)
    2月24日(月)
いずれも 19:00~21:00



【場所】
墨田区周辺施設


【講師】
 熱海優季 先生

【お申し込み】
 コチラ(人気セミナーのため、早めに定員に達することが予想されます。)



【自分自身で評価・治療を創り出す〜ヒトの構造から考える臨床推論〜】

~あなたの知らなかった解剖学の面白さをお伝えします~



臨床に役立つ解剖学を基礎から学びます。
部位別に解剖学を学びながら、それらの関係性を解いていく全5回のコースです。
特別な治療手技は行いません。

しかし、臨床の幅は大きく広がります。

良い臨床家の特徴として、人の身体を診る際に解剖学のイメージがしっかりと出来ています。
そして身体各部位との関連を理解し治療を行います。
明確な目的を持ち、ヒトの身体に触れ、どのような変化が起きているのかを的確に把握することができています。
本来、そのイメージを確立するためには繰り返し解剖の学習をしなければなりません。

しかし、臨床での活用の仕方を知らなければ学習効果は薄くなってしまいます。

これまでの解剖学の学習の仕方はあまりにも局所的かつ、平面での学習が主になってしまい、立体的かつ複雑に動くヒトの身体の構造を深く理解するには不十分でした。

そこで、臨床の中で解剖学を活用するために、身体各部位の動きや症状と解剖学の関連をお伝えし、臨床での活用の仕方を覚えて頂きます。


今回のセミナーではどの様にして臨床に解剖学を活かすかを学び、実際に解剖学を基に臨床に臨む事によってより深い立体的な動きのある解剖学のイメージを作っていきます。


-痛みやしびれに対する治療が劇的に変化します-

動きや症状との関連を理解し、解剖学を学ぶことで、
今まで治療対象としてこなかった部位からのアプローチも可能になります。



患者様の訴える痛みやしびれに対して、解剖学的な全身との関係性を用いて治療を行うことができるようになります。

~本コース受講によって得られる事~

☑ これまでの局所的な解剖学の学習方法からヒトの身体を捉えるための解剖学を学びます。
☑ 全身を関係的に捉えることが出来るので、評価や治療の幅が広がります。
☑ 痛みやしびれを有する患者様に対しての治療展開が理解できます。
☑ ヒトの身体の構造を知ることで、オリジナリティのある治療や運動療法のアイデアが生まれます。



解剖学を基に考えた評価法から治療アプローチまで、あなたの脳内に今までなかったビジョンを浮かび上がらせてみませんか?

【日時】
第1回 1月30日 総論
~解剖学を臨床でどの様に活かすのか。解剖学の学び方・活かし方のポイント~

第2回~第4回 各論
 ~身体各部位の解剖学、筋連鎖による全身との関連~

第2回 2月13日 上肢・胸郭
第3回 2月27日 体幹
第4回 3月13日 骨盤・下肢
第5回 3月27日 まとめ
 ~全身を関係的に診る。評価、治療展開~

全て木曜日、19時~21時

【会場】
墨田区周辺施設

【参加費】
40,000円

【講師】
今井俊太 先生

【お申し込み】
コチラ


電子書籍「若手セラピストのための整形外科アプローチ」好評発売中!

《監修》
松下 祐也(エターナル株式会社代表取締役、SESSION理事代表
)
輪違 弘樹(株式会社エバーウォーク)

《執筆者一覧》
上田 泰久(文京学院大学保健医療技術学部理学療法学科助教)
『姿勢・動作分析から展開する頚椎疾患の理学療法』


松下 祐也(エターナル株式会社代表取締役、SESSION理事代表
)
『動作に影響する経絡アプローチ』

加藤 秀和(株式会社エバーウォーク)
『骨盤帯・胸郭から考える肩関節疾患』


佐々木 隆紘(二宮整形外科皮フ科)
『足関節捻挫後のアプローチ〜自然治癒力を引き出す〜』


磯谷 隆介(医療法人社団遼山会関町病院
)
『肩関節疾患における肩甲帯の動きを大腰筋から構築する』

稲垣 郁哉(広尾整形外科リハビリテーション科)
『上肢運動連鎖と理学療法』


今井 良輔(済生会 若草病院
)
『膝関節の過伸展を伴う不良姿勢に対するセルフエクササイズ』

《ブックデザイン・イラスト》
西嶋 大樹(SESSION)

詳細・購入はコチラ
スポンサーサイト

こんな時こそ笑いましょう。

こんにちは。木曜午後担当の阿部敬太です。


今週末、2月24日はついに国家試験ですね。受ける学生さんたちは今から緊張していることと思います。


緊張状態が続くと心身共に疲労がたまりやすいので、ラストスパートですが、休息(特に睡眠と思います)はしっかり取ってほしいと思います。

本番で実力が出せませんからね(^_^;)


本日は、笑顔について書きたいと思います。

先週のブログでは、『横になるから眠くなる』という内容を書きました。
行動が感情に影響するという話でした。


この話は、『笑顔』にも関係があります。


笑顔の効果は多く報告されていると思います。
免疫力が上がるとか、ストレスの軽減に関係があるとか。



さまざまな研究から、楽しい感情には問題解決を容易にしたり、記憶力を高めたり、集中力を高めたりすることがわかっているそうです。



では、楽しい感情とは、どう生まれるのか?


仲のよい友達と話したり、カップルでデートに行ったり(楽しくない時もあるかもしれませんが…)、楽しい空間・環境にいれば、『楽しい』という感情は生まれ、『笑顔』を作ると思います。



実は、作り笑いでもいいから笑顔を作ることによって、結果『楽しい』という感情が芽生えるとの報告があるそうです。



先にも書きましたが、行動が感情に影響するという点です。



笑顔に似た表情を作ると、ドーパミン系の神経活動が変化するそうです。ドーパミンは『快楽』に関係している神経伝達物質であるので、楽しいから笑顔を作るというより、『笑顔を作るから楽しくなる』という逆因果が脳にはあることがわかっています。



We shell never know all the good that a simple smile cam do
『単なる笑顔であっても想像できないほどの可能性があるのよ』

とマザー・テレサは言ったそうです。



笑顔を作るという行動だけでも、いい影響があるようですね。



学生さんたちにとっては、国家試験前や新年度から実習が始まるなど、今の時期は不安になったり、疲れがたまっ
たりすると思います。



そんな時こそ、笑顔を作ってリラックスしてみてはいかがでしょうか。



皆様が無事国家試験に合格し、同じ舞台で一緒に学んでいける様祈っております。




本日も最後までお読み頂きありがとうございました。


ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ


≪アナウンス≫
みんなの輪~未来リハ研究会~ 第10回定期勉強会

「目の前の患者様の状態、しっかりと把握できていますか?」

演題
第1部 10:00~11:30   《重要》これからは、呼吸器診れなきゃ話にならない。総論    
                 
第2部 12:30~13:50    EBMに基づくリスク管理 ~red flagを見逃さないために~  
                  
第3部 14:00~16:00    臨床における解剖学の使い方 ~頸部・胸郭編~         
                  
  

今回の勉強会は3部構成となっております。すべて参加していただくとリスク管理~解剖学をベースにした臨床での考え方~呼吸器の診かたまで多角的に “人”をみるための考え方のヒントになります。今回の内容を、受講者の方々がこれまで行ってきた臨床に加えることでより臨床の幅を広げてもらいたいと思っています。

日時:2013年3月24日 10:00~16:00
場所:NTT東日本関東病院 リハ室
申込方法:ホームページにて
参加費:今回から演題ごとの申し込みになります!!
各演題1000円 3演題すべての申し込みで2500円

《追伸》
2月24日までのお申し込みもしくはお二人様以上でのお申し込みで

好評だった第9回勉強会の演題の中から加藤先生の「筋・筋膜経線と関節の動きを繋ぐ~患者様と心地よい動きを探す~」の詳細資料第10回勉強会復習用資料プレゼント致します!!

申込みフォームのお名前の欄(メールでの申込の場合も同様にお名前の欄に)に「○○さんと同時申込」とお互いに入力しあい、お申し込みをお願いします。




Facebook公式アカウント
http://www.facebook.com/MinnanoLunweiLairihaYanJiuHui
いいね!を押していただくと、みんなの輪から有益な情報が届きます。
早期申し込みなどの限定プレゼント情報もいち早くお知らせできます!


みんなの輪ホームページリニューアルしました!
http://minnnano-wa.jimdo.com/


学習時の姿勢はどうしてますか?

こんにちは、木曜午後担当の阿部敬太です。


国家試験まで、2週間を切りました。学生の皆様、大変な時期と思いますが、もうひと踏ん張りです。


ここ最近では、卒業試験・国家試験を控えた学生さんに少しでもいい情報をと思い、記憶等々について書かせていただきました。



本日も、国家試験に役立てばと思う内容を書こうと思宇野ですが、ちょっと目線を変えて…。



皆様は勉強するときの姿勢はどのようにとっていますでしょうか?


座って本を読む、布団に寝っころがりながら本を読む、など姿勢はさまざまと思います。



さて、この姿勢がどう影響するのでしょうか?

脳には入力(感覚情報)と出力(身体運動)があります。

先日のブログ内に書かせていただきましたが、(その時ののブログはこちらから)

出力(アウトプット)をすることで、脳には記憶されるため、出力はとても大事な要素となります(どちらも大事ですが…。)


脳に記憶される情報は、どれだけその情報を使ったかを基準にして選択されるそうです。



話がそれましたが、では身体の行動(出力)が何に関係するのか。


それは感情に関係してきます。


就寝するとき、どのような感情で眠るでしょうか。

『眠いから寝よう』もありますが、『もう1時だ、明日も仕事だから寝よう』というケースが多いように思います。


私は、後者のほうが多い印象があります。



つまり、寝る(布団に入り、電気を消して、横になる)という行動を起こすことにより、眠くなるのだそうです。



姿勢(寝る、横になる)を作ることにより、それに見合った内面(眠くなる)が作られるということです。

行動がトリガーとなります。




一番初めに戻りましょう、勉強している姿勢の話です。



布団に横になり、本を読むや学習していると、身体は上記した『寝る、横になる』姿勢ですので、結果『睡魔』が襲ってきます。



『今日は眠いからまた明日頑張ろう』となるわけです。実際、私もしょっちゅう体験しています。




国家試験までラストスパート、疲れもたまり、頭がパンパンの人も多いと思いますが、一日一日無駄にならないように、勉強の姿勢も変えてみてはいかがでしょうか。



本日はこの辺で終わろうと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました。


ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ


≪アナウンス≫
みんなの輪~未来リハ研究会~ 第10回定期勉強会

「目の前の患者様の状態、しっかりと把握できていますか?」

演題
第1部 10:00~11:30   《重要》これからは、呼吸器診れなきゃ話にならない。総論    
                  
第2部 12:30~13:50    EBMに基づくリスク管理 ~red flagを見逃さないために~  
                  
第3部 14:00~16:00    臨床における解剖学の使い方 ~頸部・胸郭編~         
                  
  

今回の勉強会は3部構成となっております。すべて参加していただくとリスク管理~解剖学をベースにした臨床での考え方~呼吸器の診かたまで多角的に “人”をみるための考え方のヒントになります。今回の内容を、受講者の方々がこれまで行ってきた臨床に加えることでより臨床の幅を広げてもらいたいと思っています。

日時:2013年3月24日 10:00~16:00
場所:NTT東日本関東病院 リハ室
申込方法:ホームページにて
参加費:今回から演題ごとの申し込みになります!!
各演題1000円 3演題すべての申し込みで2500円

《追伸》
2月24日までのお申し込みもしくはお二人様以上でのお申し込みで

好評だった第9回勉強会の演題の中から加藤先生の「筋・筋膜経線と関節の動きを繋ぐ~患者様と心地よい動きを探す~」の詳細資料第10回勉強会復習用資料プレゼント致します!!

申込みフォームのお名前の欄(メールでの申込の場合も同様にお名前の欄に)に「○○さんと同時申込」とお互いに入力しあい、お申し込みをお願いします。




Facebook公式アカウント
http://www.facebook.com/MinnanoLunweiLairihaYanJiuHui
いいね!を押していただくと、みんなの輪から有益な情報が届きます。
早期申し込みなどの限定プレゼント情報もいち早くお知らせできます!


BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!

今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ




みんなの輪ホームページリニューアルしました!
http://minnnano-wa.jimdo.com/



本番で実力を発揮するためには

こんにちは。木曜午後担当の阿部です。



前回は、睡眠と学習について書かせていただきました。

前回のブログはこちらから



本日は、『本番で実力を発揮するためには』という内容を書きたいと思います。


学期末テストや、さらには国家試験は人生が決まってしまうかもしれない大きな山場であると思います。緊張しないほうがおかしいですよね。

緊張してしまうと実力はなかなか出せないものと思います。

では、本番で緊張せず実力を発揮できる方法は何かあるのでしょうか?

それは『試験への不安を書きだす』ということです。

シカゴ大学のベイロック博士らが研究したそうなのですが、
テスト直前に10分間ほど時間を与え、次の試験の不安な点を書きだしてもらうと、緊張がほぐれ10%ほど点数が向上したそうです。

ちなみに、試験にまったく関係ないことを書きだしても効果はなかったとのことなので、気持ちを素直に吐き出すことが重要なようです。

また、堂々として緊張しないタイプでは効果がなかったとの結果も出ているので、誰にでもあてはまるわけではないようです。

不安なことを心にため込むのはよくないといいますが、それと同じような感覚でしょうか。

私が最近読んだ本の内容を少し抜粋して書かせていただきました。

国家試験は大きな壁であると思います。合格率も年々下がってきていることから(去年は若干上がりましたが)問題も難しく、というよりはいやらしく?なっていると感じます。

ちょっとした緊張で頭がうまく働かないことは多くあると思いますので、今回の内容『試験への不安を書きだす』ということを試してみてもいいのではないでしょうか?

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ


≪アナウンス≫


Facebook公式アカウント
http://www.facebook.com/MinnanoLunweiLairihaYanJiuHui
いいね!を押していただくと、みんなの輪から有益な情報が届きます。
早期申し込みなどの限定プレゼント情報もいち早くお知らせできます!


BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!



今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ




みんなの輪ホームページリニューアルしました!
http://minnnano-wa.jimdo.com/







睡眠と学習(睡眠学習じゃないよ)

こんにちは。木曜午後担当の阿部敬太です。


早いもので今日で1月も終わり、明日からは2月ですね。2月24日には第48回理学療法士国家試験が施行されます。学生の皆様、あと1か月ラストスパートです。



なので、本日も記憶や試験に役立つ話を載せたいと思います。

前回は一夜漬け派かコツコツ勉強派かという内容で書かせていただきました。



前回のブログはこちらから


コツコツ勉強型のほうが、記憶の保持には良いという話でしたね。



今日は、睡眠と学習の関係を載せようと思います。


睡眠の主としての役割は、身体の休息ですが、その他の役割として『記憶の整理と固定化』があります。


記憶が睡眠のより強固になることを『レミニセンス現象』というそうです。



では、どのように記憶の整理と固定化をしているのでしょうか?



睡眠には、『レム睡眠』と『ノンレム睡眠』というものがあるのは皆様ご存じと思います。


レム睡眠の時には、海馬がシータ派を出し、情報の脳内再生を行う。

ノンレム睡眠の時には、大脳皮質がデルタ派を出し、記憶として保存する作業を行う。



とのことです。実際、睡眠中の脳活動を測定すると、ニューロンがフル活動しているとの報告があるため、寝ている間に記憶の整理と固定化を行っていることがわかります。


睡眠と学習についても、世界のさまざまな博士たちが研究しているようなのですが、

朝の9時にテストを行い、夜9時に再テストを行うケースと、

夜の9時にテストを行い、就寝後、朝の9時に再テストを行うケースでは、


同じ12時間のブランクがあるにも関わらず、就寝後再テストのケースのほうが点数がよかったという報告があるそうです。これが先にあげました『レミニセンス現象』というものだそうです。



ある書籍では、『就寝前は記憶のゴールデンアワー』と書いてあるので、就寝前に勉強することが記憶の保持には大いに関係がありそうですね。




最後に…


睡眠は記憶の保持に関係があるという内容で書かせていただきましたが、やはり疲労の回復のためにも睡眠は必要な行為です。


テスト前や実習中などでは、どうしても睡眠不足となりがちですが、身体が疲れている状態では集中力も持続しません。

ここぞというときに力を発揮するためにも、適度に睡眠はとったほうがいいですね。



本日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。


ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ


≪アナウンス≫


Facebook公式アカウント
http://www.facebook.com/MinnanoLunweiLairihaYanJiuHui
いいね!を押していただくと、みんなの輪から有益な情報が届きます。
早期申し込みなどの限定プレゼント情報もいち早くお知らせできます!


BODYWORK FESTA
2月11日(祝)に開催!!



今セラピストの間で非常に人気の高いボディワーク。今回はその中でも特に人気の高い4つのボディワークを1日で体験できる企画をご用意しました!悩んでいる方は一度体験してみてください^^
詳細はコチラ




みんなの輪ホームページリニューアルしました!
http://minnnano-wa.jimdo.com/







«  | ホーム |  »

フリーエリア

カテゴリ

みんなの輪~未来リハ研究会~ (40)
運動器リハ (31)
脳卒中 (19)
評価 (26)
臨床実習 (12)
PT・OT国家試験 (8)
摂食嚥下 (17)
ペインクリニック (19)
成功哲学 (12)
未分類 (18)
体軸と発達 (16)
EBM (1)
研究 (2)
マネジメント (0)
秘伝 (11)
体軸理論 (5)
発表 (1)
身体図式と姿勢制御 (6)
ACL関連 (4)
上肢の理学療法 (17)
栄養 (2)
リハビリ革命 (2)
学会 (2)
解剖学 (15)
運動制御 (11)
その他 (13)
歩行訓練 (4)
歩行 (4)
自費診療 (4)
急性期 (6)
関節可動域 (2)
臨床推論 (4)
顎関節 (7)
コミュニケーション (3)
書籍紹介 (3)
心理 (4)
THA (1)
視覚 (4)
勉強会 (2)
PNF (7)
注意 (3)
大学院 (1)
ボディーイメージ (2)
身体の表現 (1)

プロフィール

みんなの輪~未来リハ研究会~

Author:みんなの輪~未来リハ研究会~
当会の目的

1.縦の繋がりはもちろん、同世代のセラピストの横の繋がりを構築する。

2.個々のレベルアップの場とし、日々の臨床・研究・教育の場で活かす。

3.他分野の方との、繋がりを作る。


職種を超えた輪を作り、より良い未来を創っていきたいと思っております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。