2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急性期③

こんにちは。
水曜担当の中村です。


前回は急性期での対象者の多様性について書きました。


今回もその続きを書きたいと思います。



急性期では脳卒中発症直後の方からガン終末期の方まで様々な方を対象にリハビリを行います。


その中では当然、良くなる人に対するリハビリだけではなく、良くならなかったり、逆に悪くなる人に対してリハビリを行うこともあります。


従って、それぞれの状態や目的に応じたリハビリが必要になります。


大きく分類すると、

・リハビリで改善する場合

・治療とリハビリの併用で改善する場合

・大きな改善は望めず、維持・緩和的な場合

などに分けられると思います。


リハビリで改善する場合というのは、整形保存や回復期脳卒中などがこれにあたると思います。


これらを対象としている外来整形クリニックや回復期リハ病院では、ほぼリハビリのみの治療で改善が期待でき、リハビリが治療のメインになります。


ただそれはあくまで症状が軽度であるか全身状態が安定しているためだと思います。


言い換えれば、リハビリで良くなる人だけを対象にしています。



治療とリハビリの併用で改善する場合というのは、整形ope後や急性期脳卒中、呼吸・循環器疾患などの内部障害などがこれにあたると思います。


これらを対象としている急性期病院では、あくまで疾患の治癒と並行してリハビリを行い、他職種と連携して改善に導きます。


全身状態が悪くなっているのに、リハビリは積極的にというわけにはいきません。


なので、リハビリだけで改善するというのは困難であることが多いです。



大きな改善は望めず、維持・緩和的な場合というのは、脳卒中や神経筋疾患慢性期、ガン終末期などがこれにあたると思います。


これらを対象としている療養型病院や緩和病棟では、リハビリによる改善というよりは個人の希望に合わせてQOLを向上することが目的になってきます。


緩和目的の方に機能的な治療はなかなかしないですよね。



最近だと、リハビリや理学療法技術で治せないものはないみたいなセラピスト最強的な発言をする人を時々見かけることがあります。


これは本当の医療現場を知らない大きな勘違いです。


そもそも対象者の状態や目的によって改善度合いが異なるので。



どんな治療でも必ず適応と限界を考える必要があると思います。



今日はこのくらいで失礼します。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



【アナウンス】



【整形外科領域における動作分析からのトータルアプローチ】
~構造的にヒトの身体を捉え、動きに着目した全身へのアプローチ~



今回の勉強会では…

・身体重心とヒトの動き方全身との関係
・関節の機能解剖
・身体重心と関節機能の関係
・歩行動作の見るべきポイント
・姿勢と動作の関係
・背臥位姿勢から予測できる動き方

                  について学べます。


以上の事を踏まえて、これまでの動作分析やアプローチを行ってみてください。
これまでの臨床とは違った結果が得られるかもしれません。



‐演題‐

第1部 10:00~12:30 “姿勢から動きを考える~背臥位と歩行の関係~”
稲垣 郁哉 先生
第2部 13:30~16:00 “身体重心からみる関節機能障害”
見山 明 先生


平成25年10月27日(日)10:00~16:00
場所:NTT東日本関東病院
費用:8000円
定員:32名(実技を行うため少人数に限定いています。早めに埋まってしまうことがありますのでご了承ください)


※お二人様以上同時のお申し込みの方には
限定で、演者である見山明先生のこれまでの臨床をまとめた発表資料である“個別性へのアプローチ”をプレゼント致します。


【お申し込み】
コチラ









【解剖学に基づいたヒトの診方と治療手技】



学生時代に学んだ解剖学の知識を臨床に活かせていますか?

自分の学んだテクニックを最大限活用する。

臨床において最も重要な、“ヒトの診方”や“考え方”を学ぶ事で適切な治療手技の選択する事が可能となります。


解剖学に基づいたヒトの診方と治療手技をテーマに、全5回のセミナーです。

本コースは養成校やリハビリ関係のセミナーでは教えてもらえない“人間の組織の質感”を感じ取りながら、テクニック以前に必要な臨床での考え方や組織の状態把握など、セラピストとしてのベースアップになるような内容になっています。それらを理解したうえで組織にアプローチを施しす実技練習も十分に行いますので、より臨床に即した手技を身につける事ができます。


より臨床的な解剖生理学の活かし方をお伝えします。



【プログラム】

平成25年10月13日(日)
10:00〜16:00


~総論~

関節可動域の制限因子を全身から捉え、的確にアプローチできていますか?

PT,OTとして臨床に向かっている以上、可動域制限への治療は必須の技術です。
しかし現状は、屈曲制限には屈曲方向のストレッチ、伸展制限には伸展方向のストレッチといった具合に短絡的な可動域訓練が行われています。その場では改善が見られても、数分後には元に戻るのが現実です。

みなさんは足関節の靭帯の硬さが、股関節の可動域に影響を及ぼすことをご存じですか?関節可動域の制限因子は、その関節内にのみ存在するわけではないことをご存じですか?
ヒトの身体は結合組織の連続性が保たれており、どこかの組織に制限があるとその影響は全身へと波及します。また運動連鎖や神経ネットワークを考えても局所の影響というのは全身に広がると言えます。つまり関節可動域の改善を目指すのであれば、全身との繋がりを考慮しながら、個別性に対応した評価・治療が必要になります。

当セミナーでは個々によって原因の異なる可動域制限に対して、解剖学に基づいた評価・治療によって対処できる考え方、技術を学びます。この考え方と技術を学ぶことで、症状や疾患名でアプローチを決めるという短絡的なリハビリから、個別性を重視したアプローチへとレベルアップすることが可能です。

・目の前の患者さんにしっかりと変化を出したい方
・症状ではなく、個別性を重視してアプローチができるようになりたい方
・解剖学を臨床でどのように応用すれば良いのか勉強したい方
・やる気のある方

上記に当てはまる方はご参加ください。
症状でアプローチを決めてしまっていては、周りのセラピストと差別化されず、時機に淘汰されてしまうかもしれません。個別性を重視した診方を学ぶ必要があるのです。

※当セミナーで扱う関節可動域制限とは組織の緊張や線維化の段階であり、手技によって変化の起こせる段階のものを扱います。重篤な拘縮や硬化の段階のものは扱いませんので、ご了承ください。

【内容】
関節の評価法
どのような部位にも用いれる3つの治療法
実際の治療練習(膝蓋骨で練習)
ヒトの診方と症状の考え方
その他(時間の許す限り治療法の紹介と練習)



平成25年10月20日(日)
10:00〜15:00


~各論③ 脊柱・骨盤編~



【内容】
脊柱の評価と治療
仙腸関節の評価と治療
恥骨結合の評価と治療
腰仙関節の評価と治療
仙椎の評価と治療
その他、解剖学的重要部位




【会場】
東京都内施設
詳細は、お申込者様に追って連絡差し上げます。

【受講費】
 10,000円(総論・各論とも)

【定員】
 20名


【お申し込み】
コチラ



スポンサーサイト

急性期②

こんにちは。
水曜担当の中村です。


前回まではリスク管理やそれに関係して疾患と症状の話をしてきました。


今回は急性期のもう一つの特徴である対象者の多様性について書きたいと思います。



以前にも話しましたが、急性期病院では診療科や患者さんが多い分、対象疾患も多岐にわたります。


大きく分ければ、運動器系、神経系、内部障害系といった感じでしょうか。


その中では当然、良くなる人と良くならない人または悪くなる人がいます。


運動器系では、OPE後でも保存でもリハビリが治療の中心になります。


そして多くの方がリハビリで快方に向かいます。



神経系の場合、脳卒中と神経筋疾患に分けられます。


脳卒中では初期治療が終われば約5〜6割の方はそのまま自宅退院されます。


3〜4割の方は後遺症が残り、回復期でリハビリを継続し、完全とはいかないまでも改善がみられます。


残りの1〜2割の方はいわゆる重症例で脳へのダメージが強く、回復が難しい状態になります。


そのため状態が安定するまで治療を行いながらリハビリも継続します。


神経筋疾患では進行するものも多く、維持・予防的なリハビリが中心になります。



内部障害系の場合、呼吸器、心臓・循環器、糖尿病、ガン、その他の内蔵疾患による廃用などに分けられます。


これらはリハビリだけでは回復は難しく、薬物治療などと並行してリハビリを行います。


治療により病状が良くなれば、自然とADLも改善してきます。


逆に病状が改善していない状態でいくらリハビリを頑張ってもほぼ改善は難しいと思います。


中にはガン終末期の方などもおり、改善というよりは緩和的なリハビリが必要な方もいます。


このように急性期では良くなる人に対するリハビリだけではなく、良くならなかったり、逆に悪くなる人に対してリハビリを行うこともあります。


そのため、それぞれに応じたリハビリが必要になります。



今日はこのくらいにしておきます。


次回はまたこの続きを書きたいと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



【アナウンス】



【整形外科領域における動作分析からのトータルアプローチ】
~構造的にヒトの身体を捉え、動きに着目した全身へのアプローチ~



今回の勉強会では…

・身体重心とヒトの動き方全身との関係
・関節の機能解剖
・身体重心と関節機能の関係
・歩行動作の見るべきポイント
・姿勢と動作の関係
・背臥位姿勢から予測できる動き方

                  について学べます。


以上の事を踏まえて、これまでの動作分析やアプローチを行ってみてください。
これまでの臨床とは違った結果が得られるかもしれません。



‐演題‐

第1部 10:00~12:30 “姿勢から動きを考える~背臥位と歩行の関係~”
稲垣 郁哉 先生
第2部 13:30~16:00 “身体重心からみる関節機能障害”
見山 明 先生


平成25年10月27日(日)10:00~16:00
場所:NTT東日本関東病院
費用:8000円
定員:32名(実技を行うため少人数に限定いています。早めに埋まってしまうことがありますのでご了承ください)


※10月1日までのお申し込み、もしくはお二人様以上同時のお申し込みの方には
限定で、演者である見山明先生のこれまでの臨床をまとめた発表資料である“個別性へのアプローチ”をプレゼント致します。


【お申し込み】
コチラ









【解剖学に基づいたヒトの診方と治療手技】



学生時代に学んだ解剖学の知識を臨床に活かせていますか?

自分の学んだテクニックを最大限活用する。

臨床において最も重要な、“ヒトの診方”や“考え方”を学ぶ事で適切な治療手技の選択する事が可能となります。


解剖学に基づいたヒトの診方と治療手技をテーマに、全5回のセミナーです。

本コースは養成校やリハビリ関係のセミナーでは教えてもらえない“人間の組織の質感”を感じ取りながら、テクニック以前に必要な臨床での考え方や組織の状態把握など、セラピストとしてのベースアップになるような内容になっています。それらを理解したうえで組織にアプローチを施しす実技練習も十分に行いますので、より臨床に即した手技を身につける事ができます。


より臨床的な解剖生理学の活かし方をお伝えします。



【プログラム】

平成25年10月13日(日)
10:00〜16:00


~総論~

関節可動域の制限因子を全身から捉え、的確にアプローチできていますか?

PT,OTとして臨床に向かっている以上、可動域制限への治療は必須の技術です。
しかし現状は、屈曲制限には屈曲方向のストレッチ、伸展制限には伸展方向のストレッチといった具合に短絡的な可動域訓練が行われています。その場では改善が見られても、数分後には元に戻るのが現実です。

みなさんは足関節の靭帯の硬さが、股関節の可動域に影響を及ぼすことをご存じですか?関節可動域の制限因子は、その関節内にのみ存在するわけではないことをご存じですか?
ヒトの身体は結合組織の連続性が保たれており、どこかの組織に制限があるとその影響は全身へと波及します。また運動連鎖や神経ネットワークを考えても局所の影響というのは全身に広がると言えます。つまり関節可動域の改善を目指すのであれば、全身との繋がりを考慮しながら、個別性に対応した評価・治療が必要になります。

当セミナーでは個々によって原因の異なる可動域制限に対して、解剖学に基づいた評価・治療によって対処できる考え方、技術を学びます。この考え方と技術を学ぶことで、症状や疾患名でアプローチを決めるという短絡的なリハビリから、個別性を重視したアプローチへとレベルアップすることが可能です。

・目の前の患者さんにしっかりと変化を出したい方
・症状ではなく、個別性を重視してアプローチができるようになりたい方
・解剖学を臨床でどのように応用すれば良いのか勉強したい方
・やる気のある方

上記に当てはまる方はご参加ください。
症状でアプローチを決めてしまっていては、周りのセラピストと差別化されず、時機に淘汰されてしまうかもしれません。個別性を重視した診方を学ぶ必要があるのです。

※当セミナーで扱う関節可動域制限とは組織の緊張や線維化の段階であり、手技によって変化の起こせる段階のものを扱います。重篤な拘縮や硬化の段階のものは扱いませんので、ご了承ください。

【内容】
関節の評価法
どのような部位にも用いれる3つの治療法
実際の治療練習(膝蓋骨で練習)
ヒトの診方と症状の考え方
その他(時間の許す限り治療法の紹介と練習)



平成25年10月20日(日)
10:00〜15:00


~各論③ 脊柱・骨盤編~



【内容】
脊柱の評価と治療
仙腸関節の評価と治療
恥骨結合の評価と治療
腰仙関節の評価と治療
仙椎の評価と治療
その他、解剖学的重要部位




【会場】
東京都内施設
詳細は、お申込者様に追って連絡差し上げます。

【受講費】
 10,000円(総論・各論とも)

【定員】
 20名


【お申し込み】
コチラ


疾患と症状②

こんにちは。
水曜担当の中村です。


前回は急遽先日行われた第12回みんなの輪定期勉強会の報告をさせていただきました。


今回は前々回の続きで疾患と症状について書きたいと思います。



この前は頚部痛を訴えていた方が実は脳腫瘍だったという話をしました。


頚部だけに限った話ではありません。


肩痛であれば心筋梗塞なども疑われます。


セラピストとして、このような事態を未然に防ぐためには症状だけでなく、診断名を考慮することが大切です。


頚部痛を呈する可能性のある疾患を理解していることも大切です。


外来整形外科などでは肩痛なら肩関節周囲炎、膝痛ならOAというように診断名が決められがちです。


だから症状だけ診て、診断名はあてにしないというセラピストも多いと思います。


でもそこで「あれ、もしかしてこの人は・・・」というように、頚部痛を呈する疾患の知識があれば違った対応になってくると思います。


病院が全てではありませんが、病院では診断をつけることを非常に大切にしています。


一言に頚部痛と言っても、そこから多くの検査を行い、色々な可能性を除外していきます。


医師の世界ではごく当たり前のことです。


だから、PTも基礎医学の勉強をしますよね。



医師と連携して疾患も症状も考慮した上でリハビリを行うのがベストだと思います。



今日はこのくらいにしておきます。


次回はまた急性期のことを書きたいと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




【アナウンス】



【整形外科領域における動作分析からのトータルアプローチ】
~構造的にヒトの身体を捉え、動きに着目した全身へのアプローチ~



今回の勉強会では…

・身体重心とヒトの動き方全身との関係
・関節の機能解剖
・身体重心と関節機能の関係
・歩行動作の見るべきポイント
・姿勢と動作の関係
・背臥位姿勢から予測できる動き方

                  について学べます。


以上の事を踏まえて、これまでの動作分析やアプローチを行ってみてください。
これまでの臨床とは違った結果が得られるかもしれません。



‐演題‐

第1部 10:00~12:30 “姿勢から動きを考える~背臥位と歩行の関係~”
稲垣 郁哉 先生
第2部 13:30~16:00 “身体重心からみる関節機能障害”
見山 明 先生


平成25年10月27日(日)10:00~16:00
場所:NTT東日本関東病院
費用:8000円
定員:32名(実技を行うため少人数に限定いています。早めに埋まってしまうことがありますのでご了承ください)


※10月1日までのお申し込み、もしくはお二人様以上同時のお申し込みの方には
限定で、演者である見山明先生のこれまでの臨床をまとめた発表資料である“個別性へのアプローチ”をプレゼント致します。


【お申し込み】
コチラ









【解剖学に基づいたヒトの診方と治療手技】



学生時代に学んだ解剖学の知識を臨床に活かせていますか?

自分の学んだテクニックを最大限活用する。

臨床において最も重要な、“ヒトの診方”や“考え方”を学ぶ事で適切な治療手技の選択する事が可能となります。


解剖学に基づいたヒトの診方と治療手技をテーマに、全5回のセミナーです。

本コースは養成校やリハビリ関係のセミナーでは教えてもらえない“人間の組織の質感”を感じ取りながら、テクニック以前に必要な臨床での考え方や組織の状態把握など、セラピストとしてのベースアップになるような内容になっています。それらを理解したうえで組織にアプローチを施しす実技練習も十分に行いますので、より臨床に即した手技を身につける事ができます。


より臨床的な解剖生理学の活かし方をお伝えします。



【プログラム】

平成25年9月22日(日)
10:00〜15:00


~各論② 上肢・胸郭編~

現代人は手部を用いた細かい作業が多くなってしまいます。
手部を利用するためにヒトの身体は胸郭を固定し安定性を得ます。その固定が周辺組織を固くしてしまい、障害を引き起こす場合があります。

また、手部の利用に癖や偏りがあると、手部~肘~肩など硬さが伝わり可動域制限を引き起こします。特に肩関節は手部へのアプローチで可動域が改善する事もありますので、関連は大きいです。

これらの様な場合、特に硬さのある組織を治療し改善させなければ根本的な治療にはなりません。そこで今回は各組織への治療方法を学び、技術のレベルアップへと繋げていただきたいと思います。


上肢・胸郭評価とリリーステクニック
基礎練習
上肢の関節
胸郭
解剖学的重要部位(靭帯・筋膜などを含む)
(※進行状況によって変更することがあります)


【会場】
東京都内施設
詳細は、お申込者様に追って連絡差し上げます。

【受講費】
 10,000円

【定員】
 20名


【お申し込み】
コチラ


疾患と症状①

こんにちは。
水曜担当の中村です。


前回はリスク管理について書きました。


今回はそれに関連して疾患と症状について書きたいと思います。



リスク管理を含め運動療法を行う上では、疾患や数値に患者さんを当てはめるのではなく、個人の症状・状態に合わせて実施することが大切です。


これはもはや当たり前の話です。


中には診断名は気にせず、症状しか診ないという人もいます。


しかし、個人の症状を重視しすぎるあまり、大切なことを見落としてしまうこともあります。



例えば、頚が痛い方がいるとします。


X-Pでは問題なく、頚部後面の過緊張がみられました。


この場合、症状のみで考えると不良姿勢に伴う頚部後面の過緊張による痛みと推測することがほとんどだと思います。


しかし、体幹のアライメントが改善しても症状はなかなかよくなりません。


再度MRIなどで精査してみると、頭蓋内に腫瘍または出血がありました。


頚部の痛み、過緊張の原因は実は頭蓋内病変によるものでした。


なんていう場合もあります。



臨床では常にこのようなケースに遭遇する可能性があります。


そして最悪の場合、取り返しのつかないことになりかねません。


これは医療従事者としての責任問題になります。



さて、この場合最初の段階でどのような対応が望ましかったでしょうか?



今日はこのくらいにしておきます。


次回も疾患と症状の続きを書きたいと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

リスク管理

こんにちは。
水曜担当の中村です。


前回は急性期のイメージについて書きました。


今回はその中で挙げられたリスク管理について書きたいと思います。



急性期にはもちろんですが、それ以外でもリスク管理は非常に重要です。


これは皆さん周知の事実であり運動療法以前の話です。



ただ、疾患やそれに伴うリスクに囚われてる人って多くないですか?


PTの皆さんてリスク管理大好物ですよね。


しかし、一歩間違えると対象者の回復を妨げてしまう恐れもあります。


例えば、血圧が基準以上だから運動量をセーブしてしまうなど。


国試の時にアンダーソン・土肥の基準というものを勉強したと思います。


はっきり言って急性期でアンダーソン・土肥の基準に基づいて運動療法を施行しようとしたら、多くの人が中止になります。


だからと言って基準を無視するのではなく、あくまで参考にすると良いと思います。


意外かもしれませんが、数値が基準外であってもDrは結構積極的に運動を許可してくれます。



大切なのは基準に患者さんを当てはめるのではなく、数値やDrの意見を参考に個人の状態に合わせてリスクを考慮することだと思います。


今日はこのくらいにしておきます。


次回はこれに関連して疾患と症状の話をしたいと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

«  | ホーム |  »

フリーエリア

カテゴリ

みんなの輪~未来リハ研究会~ (40)
運動器リハ (31)
脳卒中 (19)
評価 (26)
臨床実習 (12)
PT・OT国家試験 (8)
摂食嚥下 (17)
ペインクリニック (19)
成功哲学 (12)
未分類 (18)
体軸と発達 (16)
EBM (1)
研究 (2)
マネジメント (0)
秘伝 (11)
体軸理論 (5)
発表 (1)
身体図式と姿勢制御 (6)
ACL関連 (4)
上肢の理学療法 (17)
栄養 (2)
リハビリ革命 (2)
学会 (2)
解剖学 (15)
運動制御 (11)
その他 (13)
歩行訓練 (4)
歩行 (4)
自費診療 (4)
急性期 (6)
関節可動域 (2)
臨床推論 (4)
顎関節 (7)
コミュニケーション (3)
書籍紹介 (3)
心理 (4)
THA (1)
視覚 (4)
勉強会 (2)
PNF (7)
注意 (3)
大学院 (1)
ボディーイメージ (2)
身体の表現 (1)

プロフィール

みんなの輪~未来リハ研究会~

Author:みんなの輪~未来リハ研究会~
当会の目的

1.縦の繋がりはもちろん、同世代のセラピストの横の繋がりを構築する。

2.個々のレベルアップの場とし、日々の臨床・研究・教育の場で活かす。

3.他分野の方との、繋がりを作る。


職種を超えた輪を作り、より良い未来を創っていきたいと思っております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。