2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CPG

こんばんは。
水曜担当の中村です。


先日、東京都理学療法学会に少しだけ参加してきました。

そこで思ったのは…
若い人が多い!

全国でもそうですが、都士会ともなると特に。

でも、若いうちから学会に参加したり発表したりしてディスカッションするのはいいことですね。


さて、今日はCPGについて書きたいと思います。

CPGとはCentral pattern generatorの略です。

CPGは脊髄に存在し、歩行のリズム生成に関与します。


このリズムを基に他の介在細胞群の働きにより歩行パターンが作られます。

その歩行パターンが運動細胞に伝達されて歩行運動が誘発されます。


しかし、歩行リズムやパターンを生成する介在細胞は明確には同定されていません。

現在のところ屈曲反射を媒介する介在細胞が主要なCPGの構成要素であると考えられています。

骨格筋からのⅠ群線維・Ⅱ群線維からの入力を受ける介在細胞が歩行パターンの生成に関与すると推定されます。


つまり、CPGがあるからリズム良く歩けるわけです。

脳卒中片麻痺の方などはCPGをいかに賦活するかがポイントになったりします。


今日はこのへんで。


次回からは職場が変わる関係でその時書きたいことを書こうと思います。


よ~し、明日も臨床や~るぞ~

ありがとうございました。
スポンサーサイト

中脳の運動抑制野

こんばんは。
水曜担当の中村です。


梅雨ですね。

ジメジメとした蒸し暑い日が続いています。

体調には気をつけてがんばりましょう。


さて、今日は中脳の運動抑制野について書きたいと思います。

脚橋被蓋核(PPN)の腹側部に微小電気刺激を加えると筋緊張は減弱・消失し、自動歩行も停止します。

この領域にはアセチルコリン細胞が豊富に存在します。

そのため、筋緊張の減弱や歩行の抑制にはPPNからのコリン作動性投射系が関与すると考えられています。


PPNやMLRの存在する中脳外側被蓋には大脳皮質、辺縁系、視床下部、基底核、小脳からの線維投射が収束します。

これらが歩行リズム生成系と筋緊張抑制系を協調的に活動させることで歩行が調節すると考えられています。


今日はこのへんで。


次回はCPGについて書きたいと思います。


よ~し、明日も臨床や~るぞ~

ありがとうございました。

歩行誘発野

こんばんは。
水曜担当の中村です。


先日、第11回みんなの輪定期勉強会が開催されました。

私も片麻痺の体幹機能について発表させていただきました。

思っていた以上に盛り上がり、質問も沢山していただきありがとうございました。

また機会があればやらせていただきたいと思います。


さて、今日は歩行誘発野について書きたいと思います。

中枢神経系には複数の歩行誘発領域が存在します。


現在まで中脳歩行誘発野、視床下部歩行誘発野、小脳歩行誘発野の3領域が同定されています。


各々の歩行誘発野からの信号は歩行リズム生成系と筋緊張制御系とを駆動して歩行を誘発します。

歩行リズム生成系は延髄から下行する網様体脊髄路と脊髄のリズム発生器(CPG)から構成されます。


慢性的に両側の中脳歩行誘発野を破壊したネコにおいても歩行が誘発されることから、視床下部歩行誘発野や小脳歩行誘発野から延髄網様体への投射が存在すると考えられます。


今日はこのへんで。


次回は中脳の運動抑制野について書きたいと思います。


よ~し、明日も臨床や~るぞ~

ありがとうございました。

歩行

こんばんは。
水曜担当の中村です。


今週末は第11回みんなの輪定期勉強会があります。

私も片麻痺の体幹機能について発表予定なのでがんばりたいと思います。

参加される方はよろしくお願いします。


さて、今日からは歩行の神経機構について書いていきたいと思います。

皆さんの大好きな歩行です。


歩行には3つの側面があります。


1つ目は随意的プロセスです。

指や手や腕の精緻運動と対応する正確な肢運動の制御を要求する歩行動作です。

大脳皮質からの随意的な信号により駆動されます。


2つ目は情動的プロセスです。

捕食や逃避など情動行動の一つであり、辺縁系や視床下部から脳幹への投射系が重要な役割を持ちます。

特徴として、これを誘発する情報の種類に関わらず定型的な運動パターンが誘発されます。


3つ目は脳幹と脊髄により制御される自動的プロセスです。

歩行時におけるリズミカルな肢運動や姿勢制御は無意識かつ自動的に遂行されます。

この過程には脳幹と脊髄におけるSensori motor integrationが重要な役割を果たします。


大脳基底核や小脳は、大脳皮質、脳幹、辺縁系ー視床下部と線維連絡を介して上記プロセスの制御に関与します。


今日はこのへんで。


次回は歩行誘発野について書きたいと思います。


よ~し、明日も臨床や~るぞ~

ありがとうございました。

«  | ホーム |  »

フリーエリア

カテゴリ

みんなの輪~未来リハ研究会~ (40)
運動器リハ (31)
脳卒中 (19)
評価 (26)
臨床実習 (12)
PT・OT国家試験 (8)
摂食嚥下 (17)
ペインクリニック (19)
成功哲学 (12)
未分類 (18)
体軸と発達 (16)
EBM (1)
研究 (2)
マネジメント (0)
秘伝 (11)
体軸理論 (5)
発表 (1)
身体図式と姿勢制御 (6)
ACL関連 (4)
上肢の理学療法 (17)
栄養 (2)
リハビリ革命 (2)
学会 (2)
解剖学 (15)
運動制御 (11)
その他 (13)
歩行訓練 (4)
歩行 (4)
自費診療 (4)
急性期 (6)
関節可動域 (2)
臨床推論 (4)
顎関節 (7)
コミュニケーション (3)
書籍紹介 (3)
心理 (4)
THA (1)
視覚 (4)
勉強会 (2)
PNF (7)
注意 (3)
大学院 (1)
ボディーイメージ (2)
身体の表現 (1)

プロフィール

みんなの輪~未来リハ研究会~

Author:みんなの輪~未来リハ研究会~
当会の目的

1.縦の繋がりはもちろん、同世代のセラピストの横の繋がりを構築する。

2.個々のレベルアップの場とし、日々の臨床・研究・教育の場で活かす。

3.他分野の方との、繋がりを作る。


職種を超えた輪を作り、より良い未来を創っていきたいと思っております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。