2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩行分析のポイント

こんばんは、土曜日担当の稲垣です。


先週に続き、今週末も大雪でしたね。


今朝は、大変な方も多かったのではないでしょうか。


私自身、出勤するのがとても大変でした。


ですが、これも良い思い出です。


今週は、歩行分析について書かせて頂こうかと思います。


まだまだ、経験不足ではありますが、臨床で感じていることを書かせて頂こうと思います。


みなさん、歩行分析は得意でしょうか?


新人さんや学生さんの中には、難しいと感じる人も多いのではないでしょうか。


それもそのはずです。


歩行分析の経験値がほとんどないからです。


では、臨床経験を重ねれば良いかと言うと、そういうわけではありません。


歩行分析における経験値というのは、『変化に気付く』ということです。


治療前後などで、歩行に生じた変化に気が付くことで、経験値は少しずつ上がっていくと考えられます。


これは、決して経験年数の問題ではありませんね。


若いセラピストでも、『動きの変化』を意識することで、経験値を高めていくことはできると考えられます。


では、どのようにすれば変化に気が付くようになるのでしょうか?


これには、絶対に『動作の予測』が必要です。


例えば、上半身重を後方に位置させて歩行している場合


上半身重心を前方誘導させた方が良いのか、


または、逆に下半身重心を後方に誘導することで、相対的に上半身重心を前方に位置させる方が良いのか判断する必要があります。


この歩行分析があることで、治療を行う展開が異なるのでとても重要です。


みなさんも、単に歩行分析するのではなく、『動作を予測』しながら分析するように心がけてみてください。


本日も最後までお読みいただきありがとうございました。





【アナウンス】


【頭頸部におけるリハビリテーションの基礎から臨床応用】
   ~慢性痛治療から頭頸部と全身の関係性~


頭頸部の治療に苦手意識を感じていませんか?


以下にあてはまる項目がある方には本勉強会に参加されることを強くオススメ致します。

☑どのような患者様に対しても同じような治療になってしまう。

☑「今さら聞けない」基本的な知識の確認、勉強をしたい。

☑基礎知識を臨床に応用する方法がわからない。

☑頸部痛に対しての治療方法を知りたい。

☑頭頸部の動きをどのように見ていいかわからない。

☑職場環境から、自身の考え方を発信・共有できる仲間が少ない。
                  

今回の勉強会では頭頸部に焦点を当て、慢性痛に対するアプローチを運動療法・徒手療法のみでなく、
『患者様が療法士になれる』自己効力感を与えるアプローチ方法について考えていきます。
また、頭頸部・眼球運動から全身に与える影響について解剖生理学・運動学を用いて学習していきます。



これまで触れてこなかった頭頸部に対するリハビリテーションを体感しませんか?


‐演題‐

第1部 10:30~12:30 〝眼球運動と頭頸部アライメントに着目したアプローチ ~慢性期からスポーツリハビリテーションまでの応用~”
加藤 秀和 先生


第2部 13:40~15:40 『患者様が療法士になれる』自己効力感を与える慢性痛理学療法 〜頭頸部編〜
江原 弘之 先生


平成26年2月23日(土)10:30~16:00
場所:NTT東日本関東病院
費用:8000円
定員:32名(実技を行うため少人数に限定いています。早めに埋まってしまうことがありますのでご了承ください)


【お申し込み】
コチラ




※残席が少なくなってきています。
~ステップアップセミナー~

【女性限定】内部環境調整セミナー


【脳血管障害における姿勢と動作の再構築】


【「骨盤・体幹部」「頚部・胸郭」の重要ポイントと評価・治療 】






電子書籍「若手セラピストのための整形外科アプローチ」好評発売中!

《監修》
松下 祐也(エターナル株式会社代表取締役、SESSION理事代表
)
輪違 弘樹(株式会社エバーウォーク)

《執筆者一覧》
上田 泰久(文京学院大学保健医療技術学部理学療法学科助教)
『姿勢・動作分析から展開する頚椎疾患の理学療法』


松下 祐也(エターナル株式会社代表取締役、SESSION理事代表
)
『動作に影響する経絡アプローチ』

加藤 秀和(株式会社エバーウォーク)
『骨盤帯・胸郭から考える肩関節疾患』


佐々木 隆紘(二宮整形外科皮フ科)
『足関節捻挫後のアプローチ〜自然治癒力を引き出す〜』


磯谷 隆介(医療法人社団遼山会関町病院
)
『肩関節疾患における肩甲帯の動きを大腰筋から構築する』

稲垣 郁哉(広尾整形外科リハビリテーション科)
『上肢運動連鎖と理学療法』


今井 良輔(済生会 若草病院
)
『膝関節の過伸展を伴う不良姿勢に対するセルフエクササイズ』

《ブックデザイン・イラスト》
西嶋 大樹(SESSION)

詳細・購入はコチラ
スポンサーサイト

足関節可動域から分かること

こんにちは、土曜日担当の稲垣です。



遅くなりまして、申し訳ありません。



今回も動作の予測シリーズです。



今回は、足関節の可動域から考えていきます。



みなさん、足関節の可動域を評価して、何を考察いたしますか?



当然かと思いますが、まずは、下腿三頭筋やヒラメ筋の伸張性の問題だと思います。



なので、治療介入として足関節底屈筋群のストレッチを、、、



いやいや、そんな簡単な事ではありません。



それだけで終わってしまっては勿体ないですね。



この可動域から考えられる事は他にもあります。





例えば、足関節の可動域に左右差が存在したとします。



このことから、何が考えられるでしょうか?



立っている状態で考えてみてください。



立っている状態では、ヒトの体は足関節の背屈角度が大きい方に体がよります。



つまり、それは体幹の軸側を意味します。



逆に反対側はどうでしょうか?



足関節の底屈角度が強い方は、歩行時に蹴り出しが強い事が多いです。



蹴りだす時は、足関節の底屈が強くなりますね。



このように、足関節の可動域により、体の使い方まで判断する事が可能となります。



気になる人は、確認してみてください。



最後までお読みいただきありがとうございます。





【NEW!!アナウンス】


【頭頸部におけるリハビリテーションの基礎から臨床応用】
   ~慢性痛治療から頭頸部と全身の関係性~


頭頸部の治療に苦手意識を感じていませんか?


以下にあてはまる項目がある方には本勉強会に参加されることを強くオススメ致します。

☑どのような患者様に対しても同じような治療になってしまう。

☑「今さら聞けない」基本的な知識の確認、勉強をしたい。

☑基礎知識を臨床に応用する方法がわからない。

☑頸部痛に対しての治療方法を知りたい。

☑頭頸部の動きをどのように見ていいかわからない。

☑職場環境から、自身の考え方を発信・共有できる仲間が少ない。
                  

今回の勉強会では頭頸部に焦点を当て、慢性痛に対するアプローチを運動療法・徒手療法のみでなく、
『患者様が療法士になれる』自己効力感を与えるアプローチ方法について考えていきます。
また、頭頸部・眼球運動から全身に与える影響について解剖生理学・運動学を用いて学習していきます。



これまで触れてこなかった頭頸部に対するリハビリテーションを体感しませんか?


‐演題‐

第1部 10:30~12:30 〝眼球運動と頭頸部アライメントに着目したアプローチ ~慢性期からスポーツリハビリテーションまでの応用~”
加藤 秀和 先生


第2部 13:40~15:40 『患者様が療法士になれる』自己効力感を与える慢性痛理学療法 〜頭頸部編〜
江原 弘之 先生


平成26年2月23日(土)10:30~16:00
場所:NTT東日本関東病院
費用:8000円
定員:32名(実技を行うため少人数に限定いています。早めに埋まってしまうことがありますのでご了承ください)


【お申し込み】
コチラ




※残席が少なくなってきています。
~ステップアップセミナー~

【女性限定】内部環境調整セミナー


【脳血管障害における姿勢と動作の再構築】


【「骨盤・体幹部」「頚部・胸郭」の重要ポイントと評価・治療 】






電子書籍「若手セラピストのための整形外科アプローチ」好評発売中!

《監修》
松下 祐也(エターナル株式会社代表取締役、SESSION理事代表
)
輪違 弘樹(株式会社エバーウォーク)

《執筆者一覧》
上田 泰久(文京学院大学保健医療技術学部理学療法学科助教)
『姿勢・動作分析から展開する頚椎疾患の理学療法』


松下 祐也(エターナル株式会社代表取締役、SESSION理事代表
)
『動作に影響する経絡アプローチ』

加藤 秀和(株式会社エバーウォーク)
『骨盤帯・胸郭から考える肩関節疾患』


佐々木 隆紘(二宮整形外科皮フ科)
『足関節捻挫後のアプローチ〜自然治癒力を引き出す〜』


磯谷 隆介(医療法人社団遼山会関町病院
)
『肩関節疾患における肩甲帯の動きを大腰筋から構築する』

稲垣 郁哉(広尾整形外科リハビリテーション科)
『上肢運動連鎖と理学療法』


今井 良輔(済生会 若草病院
)
『膝関節の過伸展を伴う不良姿勢に対するセルフエクササイズ』

《ブックデザイン・イラスト》
西嶋 大樹(SESSION)

詳細・購入はコチラ

膝関節屈曲のメリット・デメリット

こんにちは、土曜日担当の稲垣です。



アライメントから動きを予測するという事で、前回は『肩甲骨の前傾』について書かせて頂きました。



今回は『膝関節屈曲のメリット・デメリット』について書かせて頂こうと思います。



臨床現場では、膝関節が屈曲している症例は本当に多いですね。



なぜ、膝関節が屈曲してくるのでしょうか?



姿勢が悪いからでしょうか?


円背だからでしょうか?



実際に、姿勢と膝関節がリンクはしております。



しかし、円背だからで片付けられる問題ではありません。



そのためには、膝関節が屈曲することの利点を考える必要性があります。



膝関節が屈曲する利点の多くは、【下半身重心の前方化】です。



膝関節が屈曲するヒトは下半身重心を前方化させることで、推進力を代償していると考えます。



蹴り出し時には、膝関節が伸展より、屈曲している方が蹴り出し易いかと思います。



多くのヒトは、このようなメリットのために、膝関節を中心とした戦略をとっていると考えられます。



そのデメリットとして、オスグッド病や変形性膝関節症などの病態に繋がってしまいますが、、、。



この点を考慮すると、単に屈曲してる膝を伸展させれば良いということにはならないと思います。



少しでも、動きの利点と欠点を考慮して、展開してみるようにしてください。



本日も最後までお読みいただきありがとうございました。




【NEW!!アナウンス】


【頭頸部におけるリハビリテーションの基礎から臨床応用】
   ~慢性痛治療から頭頸部と全身の関係性~


頭頸部の治療に苦手意識を感じていませんか?


以下にあてはまる項目がある方には本勉強会に参加されることを強くオススメ致します。

☑どのような患者様に対しても同じような治療になってしまう。

☑「今さら聞けない」基本的な知識の確認、勉強をしたい。

☑基礎知識を臨床に応用する方法がわからない。

☑頸部痛に対しての治療方法を知りたい。

☑頭頸部の動きをどのように見ていいかわからない。

☑職場環境から、自身の考え方を発信・共有できる仲間が少ない。
                  

今回の勉強会では頭頸部に焦点を当て、慢性痛に対するアプローチを運動療法・徒手療法のみでなく、
『患者様が療法士になれる』自己効力感を与えるアプローチ方法について考えていきます。
また、頭頸部・眼球運動から全身に与える影響について解剖生理学・運動学を用いて学習していきます。



これまで触れてこなかった頭頸部に対するリハビリテーションを体感しませんか?


‐演題‐

第1部 10:30~12:30 〝眼球運動と頭頸部アライメントに着目したアプローチ ~慢性期からスポーツリハビリテーションまでの応用~”
加藤 秀和 先生


第2部 13:40~15:40 『患者様が療法士になれる』自己効力感を与える慢性痛理学療法 〜頭頸部編〜
江原 弘之 先生


平成26年2月23日(土)10:30~16:00
場所:NTT東日本関東病院
費用:8000円
定員:32名(実技を行うため少人数に限定いています。早めに埋まってしまうことがありますのでご了承ください)


【お申し込み】
コチラ




※残席が少なくなってきています。
~ステップアップセミナー~

【女性限定】内部環境調整セミナー
   

【自分自身で評価・治療を創り出す〜ヒトの構造から考える臨床推論〜】


【整形外科疾患における全身の再構築】


【脳血管障害における姿勢と動作の再構築】


【「骨盤・体幹部」「頚部・胸郭」の重要ポイントと評価・治療 】






電子書籍「若手セラピストのための整形外科アプローチ」好評発売中!

《監修》
松下 祐也(エターナル株式会社代表取締役、SESSION理事代表
)
輪違 弘樹(株式会社エバーウォーク)

《執筆者一覧》
上田 泰久(文京学院大学保健医療技術学部理学療法学科助教)
『姿勢・動作分析から展開する頚椎疾患の理学療法』


松下 祐也(エターナル株式会社代表取締役、SESSION理事代表
)
『動作に影響する経絡アプローチ』

加藤 秀和(株式会社エバーウォーク)
『骨盤帯・胸郭から考える肩関節疾患』


佐々木 隆紘(二宮整形外科皮フ科)
『足関節捻挫後のアプローチ〜自然治癒力を引き出す〜』


磯谷 隆介(医療法人社団遼山会関町病院
)
『肩関節疾患における肩甲帯の動きを大腰筋から構築する』

稲垣 郁哉(広尾整形外科リハビリテーション科)
『上肢運動連鎖と理学療法』


今井 良輔(済生会 若草病院
)
『膝関節の過伸展を伴う不良姿勢に対するセルフエクササイズ』

《ブックデザイン・イラスト》
西嶋 大樹(SESSION)

詳細・購入はコチラ

肩の痛み

こんばんは。木曜日担当の大山です。

今日は上腕二頭筋に注目した肩関節の痛みについて話そうと思います。



筋緊張のバランスの崩れは骨格の動的位置関係を乱してしまいます。

さらに腕を振ることで結節間溝でのストレスは増強して痛みが出現します。

ここで、肩関節の動きを安静に保つ処置をしたとします。

しかし安静にしても、刺激が加わらなくなることで閾値が低下して新たな問題が生じる可能性があります。

その可能性とは関節包での痛みの出現です。

運動・活動低下は関節包への刺激が低下し、突然の動き・過度の動きは閾値を超えて痛みを引き起こします。

特に関節包と同じ知覚枝(腋窩神経)が支配する皮膚の知覚領域には多くの症例で肩関節運動時に痛みを訴えます。

つまり、同じ神経支配の関連痛的な訴えとなるので、本来は関節包での痛みを上腕外側部と混乱していることが考えられます。

治療例としては

そこで、まず上腕二頭筋自身の緊張をストレッチ等で取っていきます。

そして三角筋の賦活をします。

三角筋は弱い筋です。

ですので腕の重さを取り除いて反復練習した方がいいと思います。

四つ這い、肘立ちなどで肩甲骨を固定した状態での運動がいいかもしれません。

三角筋だけ賦活させると、肩関節屈曲・外転運動で大結節が肩峰下にぶつかります(インピンジメント現象)

ですので、三角筋と同時進行でCuff筋を賦活させていきましょう。

Cuff筋は4つの筋群ではありますが、筋電図をみると反対方向の作用でも同じように働きます。

ですので1つ1つ運動を丁寧に促通しましょう。


小話ですが、70代の50%は腱板損傷していると言われています。

70代でCVAの患者様がいらっしゃる場合、肩の痛みはCVAだけが原因じゃないかもしれませんね。

レントゲンでも胸部写真で両肩関節が見えている場合、腱板を見れることはあります。

見てみると面白いかもしれません。

今日はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。  失礼します。




【NEW!!アナウンス】


【頭頸部におけるリハビリテーションの基礎から臨床応用】
   ~慢性痛治療から頭頸部と全身の関係性~


頭頸部の治療に苦手意識を感じていませんか?


以下にあてはまる項目がある方には本勉強会に参加されることを強くオススメ致します。

☑どのような患者様に対しても同じような治療になってしまう。

☑「今さら聞けない」基本的な知識の確認、勉強をしたい。

☑基礎知識を臨床に応用する方法がわからない。

☑頸部痛に対しての治療方法を知りたい。

☑頭頸部の動きをどのように見ていいかわからない。

☑職場環境から、自身の考え方を発信・共有できる仲間が少ない。
                  

今回の勉強会では頭頸部に焦点を当て、慢性痛に対するアプローチを運動療法・徒手療法のみでなく、
『患者様が療法士になれる』自己効力感を与えるアプローチ方法について考えていきます。
また、頭頸部・眼球運動から全身に与える影響について解剖生理学・運動学を用いて学習していきます。



これまで触れてこなかった頭頸部に対するリハビリテーションを体感しませんか?


‐演題‐

第1部 10:30~12:30 〝眼球運動と頭頸部アライメントに着目したアプローチ ~慢性期からスポーツリハビリテーションまでの応用~”
加藤 秀和 先生


第2部 13:40~15:40 『患者様が療法士になれる』自己効力感を与える慢性痛理学療法 〜頭頸部編〜
江原 弘之 先生


平成26年2月23日(土)10:30~16:00
場所:NTT東日本関東病院
費用:8000円
定員:32名(実技を行うため少人数に限定いています。早めに埋まってしまうことがありますのでご了承ください)


【お申し込み】
コチラ




※残席が少なくなってきています。
~ステップアップセミナー~

【女性限定】内部環境調整セミナー
   

【自分自身で評価・治療を創り出す〜ヒトの構造から考える臨床推論〜】


【整形外科疾患における全身の再構築】


【脳血管障害における姿勢と動作の再構築】


【「骨盤・体幹部」「頚部・胸郭」の重要ポイントと評価・治療 】






電子書籍「若手セラピストのための整形外科アプローチ」好評発売中!

《監修》
松下 祐也(エターナル株式会社代表取締役、SESSION理事代表
)
輪違 弘樹(株式会社エバーウォーク)

《執筆者一覧》
上田 泰久(文京学院大学保健医療技術学部理学療法学科助教)
『姿勢・動作分析から展開する頚椎疾患の理学療法』


松下 祐也(エターナル株式会社代表取締役、SESSION理事代表
)
『動作に影響する経絡アプローチ』

加藤 秀和(株式会社エバーウォーク)
『骨盤帯・胸郭から考える肩関節疾患』


佐々木 隆紘(二宮整形外科皮フ科)
『足関節捻挫後のアプローチ〜自然治癒力を引き出す〜』


磯谷 隆介(医療法人社団遼山会関町病院
)
『肩関節疾患における肩甲帯の動きを大腰筋から構築する』

稲垣 郁哉(広尾整形外科リハビリテーション科)
『上肢運動連鎖と理学療法』


今井 良輔(済生会 若草病院
)
『膝関節の過伸展を伴う不良姿勢に対するセルフエクササイズ』

《ブックデザイン・イラスト》
西嶋 大樹(SESSION)

詳細・購入はコチラ

動作の予測~肩甲骨の前傾~

こんにちは、土曜日担当の稲垣です。



度々、ブログの更新が遅くなりまして申し訳ありません。



昨日は、久しぶりにみんなの輪スタッフでミーティング会がありました。



やはり持つべきものは、「良い仲間」ですね。



そんな大切な存在を改めて感じた1日でした。





話は変わりまして、今回は、動作の予測について書かせて頂きたいと思います。



第1回目のテーマは『肩甲骨の前傾』です。



姿勢評価で肩甲骨のアライメントなども観察すると思います。



意外と左右差なども大きかったりしますね。



この肩甲骨の前傾アライメントから、どんな動作が予測できるでしょうか?



少し考えてみてください、、、







何か考えられましたか?、、、、






時間切れです。(笑)




1つ目、単純です。



肩関節の伸展運動です。うつ伏せになって、腕を後ろに挙げてみてください。



肩甲骨が前傾している方が、肩関節伸展時に肩甲骨前傾運動が伴いやすいです。



これは、当たり前と言えば当たり前ですよね。



次は、少し面白いですよ(^皿^)(笑)



2つ目は、歩行です。



姿勢アライメントで肩甲骨が前傾しているのなら、歩行時にも肩甲骨前傾していても不思議ではありませんよね?



では、いったいどのタイミングで肩甲骨が前傾しているのでしょうか?



それは、足の蹴りだし時です。



通常、右蹴りだし時に、体は左回旋します。



このときに、右肩甲骨の前傾が伴います。



つまり、姿勢アライメントで肩甲骨が前傾している場合、同側の蹴りだしが強い可能性が考えられます。



このような点を考慮して姿勢から動作につなげると、評価しやすくなりますよ。



ぜひ、活かしていてください。



今日は、この辺にしておきたいと思います。



ありがとうございました。



【NEW!!アナウンス】


【頭頸部におけるリハビリテーションの基礎から臨床応用】
   ~慢性痛治療から頭頸部と全身の関係性~


頭頸部の治療に苦手意識を感じていませんか?


以下にあてはまる項目がある方には本勉強会に参加されることを強くオススメ致します。

☑どのような患者様に対しても同じような治療になってしまう。

☑「今さら聞けない」基本的な知識の確認、勉強をしたい。

☑基礎知識を臨床に応用する方法がわからない。

☑頸部痛に対しての治療方法を知りたい。

☑頭頸部の動きをどのように見ていいかわからない。

☑職場環境から、自身の考え方を発信・共有できる仲間が少ない。
                  

今回の勉強会では頭頸部に焦点を当て、慢性痛に対するアプローチを運動療法・徒手療法のみでなく、
『患者様が療法士になれる』自己効力感を与えるアプローチ方法について考えていきます。
また、頭頸部・眼球運動から全身に与える影響について解剖生理学・運動学を用いて学習していきます。



これまで触れてこなかった頭頸部に対するリハビリテーションを体感しませんか?


‐演題‐

第1部 10:30~12:30 〝眼球運動と頭頸部アライメントに着目したアプローチ ~慢性期からスポーツリハビリテーションまでの応用~”
加藤 秀和 先生


第2部 13:40~15:40 『患者様が療法士になれる』自己効力感を与える慢性痛理学療法 〜頭頸部編〜
江原 弘之 先生


平成26年2月23日(土)10:30~16:00
場所:NTT東日本関東病院
費用:8000円
定員:32名(実技を行うため少人数に限定いています。早めに埋まってしまうことがありますのでご了承ください)


【お申し込み】
コチラ




※残席が少なくなってきています。
~ステップアップセミナー~

【女性限定】内部環境調整セミナー
   

【自分自身で評価・治療を創り出す〜ヒトの構造から考える臨床推論〜】


【整形外科疾患における全身の再構築】


【脳血管障害における姿勢と動作の再構築】


【「骨盤・体幹部」「頚部・胸郭」の重要ポイントと評価・治療 】






電子書籍「若手セラピストのための整形外科アプローチ」好評発売中!

《監修》
松下 祐也(エターナル株式会社代表取締役、SESSION理事代表
)
輪違 弘樹(株式会社エバーウォーク)

《執筆者一覧》
上田 泰久(文京学院大学保健医療技術学部理学療法学科助教)
『姿勢・動作分析から展開する頚椎疾患の理学療法』


松下 祐也(エターナル株式会社代表取締役、SESSION理事代表
)
『動作に影響する経絡アプローチ』

加藤 秀和(株式会社エバーウォーク)
『骨盤帯・胸郭から考える肩関節疾患』


佐々木 隆紘(二宮整形外科皮フ科)
『足関節捻挫後のアプローチ〜自然治癒力を引き出す〜』


磯谷 隆介(医療法人社団遼山会関町病院
)
『肩関節疾患における肩甲帯の動きを大腰筋から構築する』

稲垣 郁哉(広尾整形外科リハビリテーション科)
『上肢運動連鎖と理学療法』


今井 良輔(済生会 若草病院
)
『膝関節の過伸展を伴う不良姿勢に対するセルフエクササイズ』

《ブックデザイン・イラスト》
西嶋 大樹(SESSION)

詳細・購入はコチラ

«  | ホーム |  »

フリーエリア

カテゴリ

みんなの輪~未来リハ研究会~ (40)
運動器リハ (31)
脳卒中 (19)
評価 (26)
臨床実習 (12)
PT・OT国家試験 (8)
摂食嚥下 (17)
ペインクリニック (19)
成功哲学 (12)
未分類 (18)
体軸と発達 (16)
EBM (1)
研究 (2)
マネジメント (0)
秘伝 (11)
体軸理論 (5)
発表 (1)
身体図式と姿勢制御 (6)
ACL関連 (4)
上肢の理学療法 (17)
栄養 (2)
リハビリ革命 (2)
学会 (2)
解剖学 (15)
運動制御 (11)
その他 (13)
歩行訓練 (4)
歩行 (4)
自費診療 (4)
急性期 (6)
関節可動域 (2)
臨床推論 (4)
顎関節 (7)
コミュニケーション (3)
書籍紹介 (3)
心理 (4)
THA (1)
視覚 (4)
勉強会 (2)
PNF (7)
注意 (3)
大学院 (1)
ボディーイメージ (2)
身体の表現 (1)

プロフィール

みんなの輪~未来リハ研究会~

Author:みんなの輪~未来リハ研究会~
当会の目的

1.縦の繋がりはもちろん、同世代のセラピストの横の繋がりを構築する。

2.個々のレベルアップの場とし、日々の臨床・研究・教育の場で活かす。

3.他分野の方との、繋がりを作る。


職種を超えた輪を作り、より良い未来を創っていきたいと思っております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。