2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

APAs②

こんばんは。
水曜担当の中村です。


今日はAPAsの続きを書きたいと思います。


ASLRテストというものはご存知だと思います。

皆さんも一度は行ったことがあるんじゃないでしょうか?


一般的には体幹機能(特に腹横筋)をみるテストとして用いられています。

なぜ、ASLRで体幹機能がわかるのでしょうか?


それは下肢を挙上する前にAPAsとして腹横筋などの筋群が活動するからです。


下肢が自由に運動するには、体幹の固定力が必要になります。

言いかえれば、四肢遠位部の運動性は体幹近位部の安定性によって補償されています。


例えば、お箸や鉛筆を使うときに机に肘を置いているのと置いていないのとでは、どちらがお箸や鉛筆が使いやすいでしょうか?


多分ほとんどの人が肘が置いてあった方が使いやすいと思います。

これは手指の巧緻運動をする際に肘を机の上に固定することで安定性を供給しているからです。


なんかAPAsというより、Motor control的な話になってしまいました。


何が言いたいかと言うと、力が出ない部分や運動がうまくいかない部分だけに目をとられずに、それを調節している近位部に目を向けることが大切だということです。


今日はここまでにします。


よ~し、明日も臨床や~るぞ~

ありがとうございました。
スポンサーサイト

APAs

こんばんは。
水曜担当の中村です。


今日はAPAsについて書きたいと思います。


皆さんAPAsってご存知でしょうか?

ボバースコンセプトを勉強されている方は詳しいかもしれませんね。

Anticipatory Postural Adjustmentsの略です。

日本語では予測的姿勢調節または先行随伴性姿勢調節と呼ばれています。

簡単に言うと、運動が起こる前に先行して予測的に姿勢を調節する機能のことです。


ヒトを直立させ、一側上肢を挙上すると、重心は姿勢の乱れを最小にする方向に先行して移動する事が発見されています。

このような重心移動は自動的に発現する事から、随意運動は姿勢の乱れを補正する自動制御機構を同時に駆動しています。

また、姿勢筋の活動パターンが準備期と補償期の2つに分けられます。

準備期は姿勢筋が主動筋の活動に先立ち50msec以上早く開始し、運動により生じる不安定をあらかじめ代償していると言われています。

補償期は姿勢筋が主動筋に続き、フィードバック形式で再度活動し、身体をさらに安定させていると言われています。


APAsには運動に先行するpAPAsと運動に伴うaAPAsがあります。


例えば片麻痺の場合、麻痺側上肢が動かないからといって麻痺側上肢の運動ばかり行っていませんか?

もしかして麻痺側上肢が動かないのは、姿勢調節に必要な体幹の安定性がなく、上肢を動かすとバランスを崩すからかもしれません。

その場合は、姿勢調節として機能する腹横筋、腹斜筋、腹直筋、多裂筋などの活動を高めることで麻痺側の随意運動が改善したりします。


実際に運動が起きている部位だけではなく、その運動を調節している部位(主に体幹)に注目するのも大切ですね。


今日はここまでにします。


次回もAPAsの続きについて書きたいと思います。


よ~し、明日も臨床や~るぞ~

ありがとうございました。




ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ


≪アナウンス≫
みんなの輪~未来リハ研究会~ 第10回定期勉強会

「目の前の患者様の状態、しっかりと把握できていますか?」

演題
第1部 10:20~11:30   《重要》これからは、呼吸器診れなきゃ話にならない。総論    
                 
第2部 12:30~13:50    EBMに基づくリスク管理 ~red flagを見逃さないために~  
                  
第3部 14:00~16:00    臨床における解剖学の使い方 ~頸部・胸郭編~         
                  
  

今回の勉強会は3部構成となっております。すべて参加していただくとリスク管理~解剖学をベースにした臨床での考え方~呼吸器の診かたまで多角的に “人”をみるための考え方のヒントになります。今回の内容を、受講者の方々がこれまで行ってきた臨床に加えることでより臨床の幅を広げてもらいたいと思っています。

日時:2013年3月24日 10:00~16:00
場所:NTT東日本関東病院 リハ室
申込方法:ホームページにて
参加費:今回から演題ごとの申し込みになります!!
各演題1000円 3演題すべての申し込みで2500円

《追伸》
お二人様以上でのお申し込みで

好評だった第9回勉強会の演題の中から加藤先生の「筋・筋膜経線と関節の動きを繋ぐ~患者様と心地よい動きを探す~」の詳細資料第10回勉強会復習用資料プレゼント致します!!

申込みフォームのお名前の欄(メールでの申込の場合も同様にお名前の欄に)に「○○さんと同時申込」とお互いに入力しあい、お申し込みをお願いします。




【みんなの輪×SESSION合同花見大会】


この度SESSIONさんと合同花見大会を開催することになりました!
会場はなんと上野公園!
飲むもよし!
語るもよし!
治療するもよし!
咲き乱れる桜の木の下で団体の壁を超えた熱い宴を一緒に楽しみませんか?
皆様のご参加お待ちしております

日時:4月6日(土)17:00~20:00(16:00受付) 
場所:上野公園
募集参加者数:50名
会費: 3,500円

お申し込みはコチラ


Facebook公式アカウント
http://www.facebook.com/MinnanoLunweiLairihaYanJiuHui
いいね!を押していただくと、みんなの輪から有益な情報が届きます。
早期申し込みなどの限定プレゼント情報もいち早くお知らせできます!


みんなの輪ホームページリニューアルしました!
http://minnnano-wa.jimdo.com/

遠隔操作

こんばんは。
水曜担当の中村です。


先週末、大阪で開催されたEPoch×みんなの輪の合同交流会に参加された方々、お疲れさまでした。

関西のセラピストと話せる貴重な場になりました。

ありがとうございました。


さて、今日は前回評価のところで書いた『感じる』ことについて書きたいと思います。


前回、ズレている部位を正中位まで感じながら動かすという評価をしたと思います。

その時に、直接触れたり動かしたりしていない離れたところの抵抗感やつまり感を感じると言いました。

実際に触ったり動かしているわけではないのに、そんなコトができるわけないと思う方もいると思います。


それには触れたり動かしたりしているセラピスト自身の身体図式が関係します。



皆さんはお箸を使うとき、お箸の先でつまんだものの感触ってわかりますか?

多分ほとんどの人がわかると思います。

当たり前ですが、お箸にはレセプターは存在しません。

ではなぜ食物を識別できるのか?


それは…ヒトがお箸を使うと、お箸の先まで身体図式が拡大すると言われているからです。


これは道具を使ったサルの実験で証明されています。

サルが道具を使う前は指先までだった身体図式が道具を持つと道具にまで身体図式が拡大したという実験です。


これを利用すると、直接触れたり動かしたりしていない部分の筋緊張や関節の状態を評価するコトが可能になります。

つまり、自分の身体図式を相手の身体まで拡大させるというコトです。


これをさらに応用すると遠隔操作による治療が可能になります。

頚部の操作により骨盤の運動を誘導し、下肢の自動運動を促したりできます。


これは臨床でかなり使えると思いますので、是非遠隔部位を感じる感覚を養っていきましょう。


今日はここまでにします。


次回はAPAsについて書きたいと思います。


よ~し、明日も臨床や~るぞ~

ありがとうございました。



ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ


≪アナウンス≫
みんなの輪~未来リハ研究会~ 第10回定期勉強会

「目の前の患者様の状態、しっかりと把握できていますか?」

演題
第1部 10:20~11:30   《重要》これからは、呼吸器診れなきゃ話にならない。総論    
                  
第2部 12:30~13:50    EBMに基づくリスク管理 ~red flagを見逃さないために~  
                  
第3部 14:00~16:00    臨床における解剖学の使い方 ~頸部・胸郭編~         
                  
  

今回の勉強会は3部構成となっております。すべて参加していただくとリスク管理~解剖学をベースにした臨床での考え方~呼吸器の診かたまで多角的に “人”をみるための考え方のヒントになります。今回の内容を、受講者の方々がこれまで行ってきた臨床に加えることでより臨床の幅を広げてもらいたいと思っています。

日時:2013年3月24日 10:00~16:00
場所:NTT東日本関東病院 リハ室
申込方法:ホームページにて
参加費:今回から演題ごとの申し込みになります!!
各演題1000円 3演題すべての申し込みで2500円

《追伸》
お二人様以上でのお申し込みで

好評だった第9回勉強会の演題の中から加藤先生の「筋・筋膜経線と関節の動きを繋ぐ~患者様と心地よい動きを探す~」の詳細資料第10回勉強会復習用資料プレゼント致します!!

申込みフォームのお名前の欄(メールでの申込の場合も同様にお名前の欄に)に「○○さんと同時申込」とお互いに入力しあい、お申し込みをお願いします。




Facebook公式アカウント
http://www.facebook.com/MinnanoLunweiLairihaYanJiuHui
いいね!を押していただくと、みんなの輪から有益な情報が届きます。
早期申し込みなどの限定プレゼント情報もいち早くお知らせできます!


みんなの輪ホームページリニューアルしました!
http://minnnano-wa.jimdo.com/

姿勢セット②

こんばんは。
水曜担当の中村です。


今日は姿勢セットの続きについて書きたいと思います。


前回は運動や動作を行う前の準備姿勢が大切で、その姿勢セットには身体図式が関与しているというところまで話しました。

では、身体図式を変化させる介入方法は?


その前に評価する必要があります。

まずは背臥位の状態で臥位姿勢のアライメントをみます。

次に、ズレていると思われる部位を正中位まで他動的に動かしてみます。

その時に大切なのが強引に修正するのではなく、相手にとって侵害刺激にならないように筋緊張を感じながら動かします。

どこで抵抗感やつまり感があるのか、ありのまま感じます。

例えば、下肢を外転したら必ずしも内転筋に抵抗感が出るとは限りません。

もしかしたら、下肢を外転したら肩に抵抗感を感じるかもしれません。

佐々木さんのブログにもよく書いてありますが、感じることが大切です。

セラピストの武器である手をセンサーとして利用します。

ここまでが評価です。


介入は抵抗感を感じた部位にタッチして呼吸と同調しながら待ちます。

ポイントは『待つ』ことです。

おそらく、抵抗感のある部分は身体図式が希薄になっていると思われます。

その部分にタッチすることで感覚入力を促し、身体図式が変化すると考えられます。

Massionによれば身体図式に関与するのは視覚、前庭覚、固有受容覚、皮膚感覚、重量覚とされていますしね。

やはり聴覚は含まれませんね。

これを考慮すると声かけだけでは…


抵抗感の変化を感じたら、身体図式は変化しているものと思われます。

この姿勢セットをした状態だと運動や動作が行いやすくなり、うまくいくと麻痺した手足が少し動くようになります。

準備姿勢は大切ですね。


今日はここまでにします。


次回は評価のところで書いた感じることについて書きたいと思います。


よ~し、明日も臨床や~るぞ~

ありがとうございました。




ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ


≪アナウンス≫
みんなの輪~未来リハ研究会~ 第10回定期勉強会

「目の前の患者様の状態、しっかりと把握できていますか?」

演題
第1部 10:00~11:30   《重要》これからは、呼吸器診れなきゃ話にならない。総論    
                  
第2部 12:30~13:50    EBMに基づくリスク管理 ~red flagを見逃さないために~  
                  
第3部 14:00~16:00    臨床における解剖学の使い方 ~頸部・胸郭編~         
                  
  

今回の勉強会は3部構成となっております。すべて参加していただくとリスク管理~解剖学をベースにした臨床での考え方~呼吸器の診かたまで多角的に “人”をみるための考え方のヒントになります。今回の内容を、受講者の方々がこれまで行ってきた臨床に加えることでより臨床の幅を広げてもらいたいと思っています。

日時:2013年3月24日 10:00~16:00
場所:NTT東日本関東病院 リハ室
申込方法:ホームページにて
参加費:今回から演題ごとの申し込みになります!!
各演題1000円 3演題すべての申し込みで2500円

《追伸》
2月24日までのお申し込みもしくはお二人様以上でのお申し込みで

好評だった第9回勉強会の演題の中から加藤先生の「筋・筋膜経線と関節の動きを繋ぐ~患者様と心地よい動きを探す~」の詳細資料第10回勉強会復習用資料プレゼント致します!!

申込みフォームのお名前の欄(メールでの申込の場合も同様にお名前の欄に)に「○○さんと同時申込」とお互いに入力しあい、お申し込みをお願いします。




Facebook公式アカウント
http://www.facebook.com/MinnanoLunweiLairihaYanJiuHui
いいね!を押していただくと、みんなの輪から有益な情報が届きます。
早期申し込みなどの限定プレゼント情報もいち早くお知らせできます!


みんなの輪ホームページリニューアルしました!
http://minnnano-wa.jimdo.com/

姿勢セット

こんばんは。
水曜担当の中村です。


今日は姿勢セットについて書きたいと思います。


姿勢セットとは、何らかの動作を行う際の準備姿勢のことをいいます。

野球でもセットポジションとかっていいますよね。

人間が動作を行う上では、必ずその動作を行いやすい適した姿勢があります。

その一番基本的な姿勢が臥位(特に背臥位)です。


皆さんも臥位で治療や施術を行うことが多いと思いますが、こんな人多くないですか?

『まっすぐに寝れない人』

まっすぐに寝れない人って思ってる以上に多いと思います。

このような人を目の前にした時、どのような対応をしているでしょうか?

口頭で修正できれば一番いいですが、なかなかできないことが多いです。

特に痛みや脳卒中の方。

それでも修正できない場合、他動的に姿勢を修正していませんか?

でも、それだけでは本当の意味での姿勢アライメントの修正にはなりません。

なぜ、その姿勢になっているのでしょうか?

それは簡単です。

他者から見て曲がっていても、その人にとってはその姿勢がまっすぐと感じているからです。

頭の中の身体図式がそのような姿勢になっているんです。


なので、他動的に姿勢を修正しても身体図式は変わりません。

つまり、セットされた姿勢になりません。

姿勢セットされていないと、次の寝返り動作などが上手くいきません。

まっすぐ寝れない人がまっすぐ立てるわけありません。


では、どのようにセットされた姿勢をつくっていけばいいのでしょうか?

次回はその介入方法について書きたいと思います。


今日はこのへんで。

よ~し、明日も臨床や~るぞ~

ありがとうございました。



ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックしてください◎



人気ブログランキングへ


≪アナウンス≫
みんなの輪~未来リハ研究会~ 第10回定期勉強会

「目の前の患者様の状態、しっかりと把握できていますか?」

演題
第1部 10:00~11:30   《重要》これからは、呼吸器診れなきゃ話にならない。総論    
                  
第2部 12:30~13:50    EBMに基づくリスク管理 ~red flagを見逃さないために~  
                  
第3部 14:00~16:00    臨床における解剖学の使い方 ~頸部・胸郭編~         
                  

今回の勉強会は3部構成となっております。すべて参加していただくとリスク管理~解剖学をベースにした臨床での考え方~呼吸器の診かたまで多角的に “人”をみるための考え方のヒントになります。今回の内容を、受講者の方々がこれまで行ってきた臨床に加えることでより臨床の幅を広げてもらいたいと思っています。

日時:2013年3月24日 10:00~16:00
場所:NTT東日本関東病院 リハ室
申込方法:ホームページにて
参加費:今回から演題ごとの申し込みになります!!
各演題1000円 3演題すべての申し込みで2500円

《追伸》
2月24日までのお申し込みもしくはお二人様以上でのお申し込みで

好評だった第9回勉強会の演題の中から加藤先生の「筋・筋膜経線と関節の動きを繋ぐ~患者様と心地よい動きを探す~」の詳細資料第10回勉強会復習用資料プレゼント致します!!

申込みフォームのお名前の欄(メールでの申込の場合も同様にお名前の欄に)に「○○さんと同時申込」とお互いに入力しあい、お申し込みをお願いします。




Facebook公式アカウント
http://www.facebook.com/MinnanoLunweiLairihaYanJiuHui
いいね!を押していただくと、みんなの輪から有益な情報が届きます。
早期申し込みなどの限定プレゼント情報もいち早くお知らせできます!


みんなの輪ホームページリニューアルしました!
http://minnnano-wa.jimdo.com/


«  | ホーム |  »

フリーエリア

カテゴリ

みんなの輪~未来リハ研究会~ (40)
運動器リハ (31)
脳卒中 (19)
評価 (26)
臨床実習 (12)
PT・OT国家試験 (8)
摂食嚥下 (17)
ペインクリニック (19)
成功哲学 (12)
未分類 (18)
体軸と発達 (16)
EBM (1)
研究 (2)
マネジメント (0)
秘伝 (11)
体軸理論 (5)
発表 (1)
身体図式と姿勢制御 (6)
ACL関連 (4)
上肢の理学療法 (17)
栄養 (2)
リハビリ革命 (2)
学会 (2)
解剖学 (15)
運動制御 (11)
その他 (13)
歩行訓練 (4)
歩行 (4)
自費診療 (4)
急性期 (6)
関節可動域 (2)
臨床推論 (4)
顎関節 (7)
コミュニケーション (3)
書籍紹介 (3)
心理 (4)
THA (1)
視覚 (4)
勉強会 (2)
PNF (7)
注意 (3)
大学院 (1)
ボディーイメージ (2)
身体の表現 (1)

プロフィール

みんなの輪~未来リハ研究会~

Author:みんなの輪~未来リハ研究会~
当会の目的

1.縦の繋がりはもちろん、同世代のセラピストの横の繋がりを構築する。

2.個々のレベルアップの場とし、日々の臨床・研究・教育の場で活かす。

3.他分野の方との、繋がりを作る。


職種を超えた輪を作り、より良い未来を創っていきたいと思っております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。