2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強会団体で得られたもの

こんにちは、土曜日担当の稲垣です。



私事で申し訳ありませんが、本日のブログを最後とさせて頂くこととなりました。



4月から大学院へ進学し、研究等に集中するため当会での活動を抑えさせて頂くことととなりました。



私の記事を読んでくれてた方や、ご興味を示してくれていた方々、今まで本当にありがとうございました。



これからは、自身のブログを立ち上げてみようかと考えております。


相変わらず、上肢の内容ばかりになるかと思いますが、



もし、ご興味がありましたら、今後ともよろしくお願い致しますm(__)m



約4年間、当会に関わらせて頂き、本当に幸せだったと思います。



正直、当会のための仕事をちゃんとしていなかった自分を、



ここまで一緒に携わらせてくれた、仲間に感謝したいと思います。



同機と立ち上げたこの会が、大きなるにつれて、不安な部分もありましたが、



自分にとってプラスになることが、とても多かったです。



少し、距離をおいてしまう事が本当に残念ではありますが、



これも、自分が決めた道なので、仕方ありません。



今は、真っ直ぐに突き進んで行きたいと思います!



このような経験が出来たことをとてもうれしく思います。



ありがとうございました。



自分自身が少し落ち着き、



もし、みなさんにご迷惑がかからないようになった暁には、



また一緒に仕事ができたらうれしく思います。



今まで、本当にありがとうございました。



みんなの輪スタッフ


稲垣 郁哉





【アナウンス】


※残席が少なくなってきています。
~ステップアップセミナー~

【女性限定】内部環境調整セミナー


【脳血管障害における姿勢と動作の再構築】


【「骨盤・体幹部」「頚部・胸郭」の重要ポイントと評価・治療 】






電子書籍「若手セラピストのための整形外科アプローチ」好評発売中!

《監修》
松下 祐也(エターナル株式会社代表取締役、SESSION理事代表
)
輪違 弘樹(株式会社エバーウォーク)

《執筆者一覧》
上田 泰久(文京学院大学保健医療技術学部理学療法学科助教)
『姿勢・動作分析から展開する頚椎疾患の理学療法』


松下 祐也(エターナル株式会社代表取締役、SESSION理事代表
)
『動作に影響する経絡アプローチ』

加藤 秀和(株式会社エバーウォーク)
『骨盤帯・胸郭から考える肩関節疾患』


佐々木 隆紘(二宮整形外科皮フ科)
『足関節捻挫後のアプローチ〜自然治癒力を引き出す〜』


磯谷 隆介(医療法人社団遼山会関町病院
)
『肩関節疾患における肩甲帯の動きを大腰筋から構築する』

稲垣 郁哉(広尾整形外科リハビリテーション科)
『上肢運動連鎖と理学療法』


今井 良輔(済生会 若草病院
)
『膝関節の過伸展を伴う不良姿勢に対するセルフエクササイズ』

《ブックデザイン・イラスト》
西嶋 大樹(SESSION)

詳細・購入はコチラ
スポンサーサイト

レスペラント反応

お世話になっております。


金曜日担当の山口です。


本日、2月28日は「バカヤローの日」とされています。これは、1953(昭和28)年に当日の首相である吉田茂が衆議院予算委員会で、西村栄一議員の質問に対し興奮のあまり、「バカヤロー」と発言し、これがもとで衆議院が解散しました。俗に言う「バカヤロー解散」です。


ただ、言いたいことも中々言えない世の中でありますが、そのような場でバカヤローと言える度胸は素晴らしいと感じます。




話は変わり、今回は“レスペラント反応 ”について考えていきたいと思います。




前回に“レスポンデント条件”と“オペラント条件”について記載しました。




スキナーはこれらの条件をそれぞれ反応と分類しており、“レスポンデント反応”は〈生理的反射〉〈無意識的〉〈内蔵系の反応〉で説明しており、“オペラント反応は”〈意図的反応〉〈意志的〉〈筋骨格系の反応〉で説明しています。




しかし、この2つの概念で説明してしまうと当てはまらない反射反応が存在してしまいます。




生理的な反射でもあり、意図的にも反応できるもの。




それが、“レスペラント反応”です。




レスペラント反応はレスポンデント反応とオペラント反応の両方の性質を備えており、別々かつ混在して現れることかができる反応です。




レスペラント反応には分類できる反応群があり、呼吸、筋、発声、姿勢など様々な分野でその反応は起きています。




今回はその中でも『対人距離と接触 』に関して考えてみます。




“対人距離”とは動物でいうと縄張りで、通常はパーソナルスペースと言われているものだと思います。




これは自身の中の人間関係により反射的にも意識的にも距離が決定するため“レスペラント反応”と言われています。




距離が近くなっていくほど瞬きが多くなったり、視線を逸らす回数が増えたり、また前に人が立った時には1人で立っているよりも前後方向に動揺が大きくなるという研究結果もあります。




そのため対人距離も心理的な影響が関わってくることになります。




さらに、“対人接触”とは、言葉の通り身体の接触です。




対人接触は意図的に変えられるものでもありますので“オペラント反応”でもありますが、年齢層や性別で無意識に反射してしまうこともあるため“レスポンデント反応”の性質もあるたと言われています。そのため、“対人接触”は“レスペラント反応”となります。




対人接触は年齢層や性別、発達や触り方でも心理的影響に関わってきます。




例えば、臨床の現場で考えますと触り方で手掌で把持するのと指を立てて把持するのでは快感、不快感など心理に与える影響は変わると思います。




また、対人接触の始まりは母子との間で始まると言われていますが、発達段階では小学生を境に身体接触が減少していきます。




幼児期や児童期は両親とな接触を必要とするものとされていますが、思春期と言われる時期を境に必要としないものに置換されてきます。




これらのことから対人接触は意図的かつ無意識に心理的側面に影響を与えると思います。




そのため『対人距離と対人接触』は成人の中では避けられるものでもありますが、関わりとしては関係性の中の中核を担う反応でもあると思います。




理学療法を通じて関わる際は、対人距離の環境を整え、対人接触の方法を1人1人別物として考え、介入していくと対象者の満足度が得られると考えています。




今回はこの辺りで失礼します。


次回もまた宜しくお願いします。





【アナウンス】


※残席が少なくなってきています。
~ステップアップセミナー~

【女性限定】内部環境調整セミナー


【脳血管障害における姿勢と動作の再構築】


【「骨盤・体幹部」「頚部・胸郭」の重要ポイントと評価・治療 】






電子書籍「若手セラピストのための整形外科アプローチ」好評発売中!

《監修》
松下 祐也(エターナル株式会社代表取締役、SESSION理事代表
)
輪違 弘樹(株式会社エバーウォーク)

《執筆者一覧》
上田 泰久(文京学院大学保健医療技術学部理学療法学科助教)
『姿勢・動作分析から展開する頚椎疾患の理学療法』


松下 祐也(エターナル株式会社代表取締役、SESSION理事代表
)
『動作に影響する経絡アプローチ』

加藤 秀和(株式会社エバーウォーク)
『骨盤帯・胸郭から考える肩関節疾患』


佐々木 隆紘(二宮整形外科皮フ科)
『足関節捻挫後のアプローチ〜自然治癒力を引き出す〜』


磯谷 隆介(医療法人社団遼山会関町病院
)
『肩関節疾患における肩甲帯の動きを大腰筋から構築する』

稲垣 郁哉(広尾整形外科リハビリテーション科)
『上肢運動連鎖と理学療法』


今井 良輔(済生会 若草病院
)
『膝関節の過伸展を伴う不良姿勢に対するセルフエクササイズ』

《ブックデザイン・イラスト》
西嶋 大樹(SESSION)

詳細・購入はコチラ

視床障害に対するクリニカルリーズニング②

視床障害に対するクリニカルリーズニング② »

哲学④

こんばんは。
水曜担当の中村です。


ソチオリンピックが閉幕しましたね。


今回のオリンピックは長野オリンピック以来のメダルの多さだったみたいです。


中でも10台の若い選手の活躍が目立ったような気がします。


今後はもっと我々理学療法士がこの分野に貢献できていければいいなと思いました。


また4年後が楽しみです。




そんなところで、前回は『哲学③』というタイトルで3つ目と4つ目の哲学である『潜在能力を導く』、『全体像をとらえる』について書かせていただきました。




さて、今回もPNFの哲学の続きで、最後の5つ目の哲学である『運動制御と運動学習理論の利用』についてお話しします。


今日はその中でも運動制御について書きます。


『運動制御』には、4つの段階があります。


第1段階は、運動性(Mobility)です。


これは、ある姿勢になる能力のことを指します。


坐位で例えると、坐位になる能力のことです。


なので必然的に可動域などがメインになります。



第2段階は、安定性(Stability)です。


これは、ある姿勢を保持する能力のことを指します。


坐位で例えると、坐位を保持する能力のことです。


なので必然的に筋活動が要求されてきます。



第3段階は、安定性のもとでの運動性(Mobility on Stability)です。


これは、姿勢を維持して動く能力のことを指します。


坐位で例えると、坐位で重心移動を行う能力のことです。



第4段階は、技術(Skill)です。


これは、安定した姿勢で機能的な活動を行う能力のことを指します。


坐位で例えると、坐位で食事など行う能力のことです。


なので必然的に協調性が要求されてきます。



これが、運動制御の段階です。




これは小児の運動発達の過程でも同様です。


例えば、小児が歩行を獲得するまでの運動発達をみていくと、つかまり立ち→立位保持→一歩出す→歩くというような流れになっています。



リハビリの現場でも、坐位保持ができていない人に、いきなり坐位で食事練習はしないと思います。



この段階を考慮せず動作練習を行ってしまうと、動作が獲得できなかったり、できたとしても代償運動が生じてきてしまいます。



そのため、動作を獲得していく上では、運動制御の段階はとても大切になってきます。



これがPNFの哲学の一つである『運動制御理論の利用』です。




今日はこのくらいで失礼します。


次回もPNFの哲学の続きを書きたいと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




【アナウンス】


※残席が少なくなってきています。
~ステップアップセミナー~

【女性限定】内部環境調整セミナー


【脳血管障害における姿勢と動作の再構築】


【「骨盤・体幹部」「頚部・胸郭」の重要ポイントと評価・治療 】






電子書籍「若手セラピストのための整形外科アプローチ」好評発売中!

《監修》
松下 祐也(エターナル株式会社代表取締役、SESSION理事代表
)
輪違 弘樹(株式会社エバーウォーク)

《執筆者一覧》
上田 泰久(文京学院大学保健医療技術学部理学療法学科助教)
『姿勢・動作分析から展開する頚椎疾患の理学療法』


松下 祐也(エターナル株式会社代表取締役、SESSION理事代表
)
『動作に影響する経絡アプローチ』

加藤 秀和(株式会社エバーウォーク)
『骨盤帯・胸郭から考える肩関節疾患』


佐々木 隆紘(二宮整形外科皮フ科)
『足関節捻挫後のアプローチ〜自然治癒力を引き出す〜』


磯谷 隆介(医療法人社団遼山会関町病院
)
『肩関節疾患における肩甲帯の動きを大腰筋から構築する』

稲垣 郁哉(広尾整形外科リハビリテーション科)
『上肢運動連鎖と理学療法』


今井 良輔(済生会 若草病院
)
『膝関節の過伸展を伴う不良姿勢に対するセルフエクササイズ』

《ブックデザイン・イラスト》
西嶋 大樹(SESSION)

詳細・購入はコチラ

今年度もあとわずか

こんばんは*
火曜担当の武井です。

今年の国家試験終わりましたね。今年受験した方お疲れ様でした。


さて、国家試験が終わったということはまた一つ経験年数を重ねるということだなと感じている今日この頃です。

今年度も残すところあと1ヶ月。
2014年は始まったばかりですが、年度の終わりというのも一つの節目であると思っています。

一日一日、同じ日などありませんが
治療はどうでしょうか?
長い経過を追っている患者さんに同じことをしていないでしょうか?

長期経過を見ていれば老化はどんどん進みます。

私たちも細胞の生まれ変わりにより、日々変化しています。
また、日々の一つ一つの実体験を積み重ねることで経験値を上げているわけです。


ロールプレイングゲームだったらこれを上げていくことで強くなりますね。アイテムを取ったり、敵と戦って勝ってレベルを上げて行きますよね!
私ゲーム苦手なんですが、昔ポケモンならやりました!笑


考えることをやめてしまうとその先にはいけない職業です。
しかし、知識だけでは使えず実体験が伴わなければ自分の本当の知識には結びつかないものです。


また、仕事上業務もこなしていかないといけないですし、生活上疲れてしまうこともありますよね。


その中で勉強会へ参加し、一時的に知識を得ても、自分の臨床へ置き換えなければ自分のものにはなりません。


せっかく日々たくさんの経験をしている訳ですから、それを積み重ねて行きたいと私は思います。これを書きながらいましめております…

4月からまた新体制になったり、新人も入ってきたり、新規事業を始めたりする方もいると思いますので、今一度振り返りをしてみてはいかがでしょうか?


そして一日一日頑張っていきましょう!
お読みいただきありがとうございました。



【アナウンス】

※残席が少なくなってきています。
~ステップアップセミナー~

【女性限定】内部環境調整セミナー
   


【脳血管障害における姿勢と動作の再構築】


【「頚部・胸郭」の解剖学的重要ポイントと評価・治療 】






電子書籍「若手セラピストのための整形外科アプローチ」好評発売中!

《監修》
松下 祐也(エターナル株式会社代表取締役、SESSION理事代表
)
輪違 弘樹(株式会社エバーウォーク)

《執筆者一覧》
上田 泰久(文京学院大学保健医療技術学部理学療法学科助教)
『姿勢・動作分析から展開する頚椎疾患の理学療法』


松下 祐也(エターナル株式会社代表取締役、SESSION理事代表
)
『動作に影響する経絡アプローチ』

加藤 秀和(株式会社エバーウォーク)
『骨盤帯・胸郭から考える肩関節疾患』


佐々木 隆紘(二宮整形外科皮フ科)
『足関節捻挫後のアプローチ〜自然治癒力を引き出す〜』


磯谷 隆介(医療法人社団遼山会関町病院
)
『肩関節疾患における肩甲帯の動きを大腰筋から構築する』

稲垣 郁哉(広尾整形外科リハビリテーション科)
『上肢運動連鎖と理学療法』


今井 良輔(済生会 若草病院
)
『膝関節の過伸展を伴う不良姿勢に対するセルフエクササイズ』

《ブックデザイン・イラスト》
西嶋 大樹(SESSION)

詳細・購入はコチラ

«  | ホーム |  »

フリーエリア

カテゴリ

みんなの輪~未来リハ研究会~ (40)
運動器リハ (31)
脳卒中 (19)
評価 (26)
臨床実習 (12)
PT・OT国家試験 (8)
摂食嚥下 (17)
ペインクリニック (19)
成功哲学 (12)
未分類 (18)
体軸と発達 (16)
EBM (1)
研究 (2)
マネジメント (0)
秘伝 (11)
体軸理論 (5)
発表 (1)
身体図式と姿勢制御 (6)
ACL関連 (4)
上肢の理学療法 (17)
栄養 (2)
リハビリ革命 (2)
学会 (2)
解剖学 (15)
運動制御 (11)
その他 (13)
歩行訓練 (4)
歩行 (4)
自費診療 (4)
急性期 (6)
関節可動域 (2)
臨床推論 (4)
顎関節 (7)
コミュニケーション (3)
書籍紹介 (3)
心理 (4)
THA (1)
視覚 (4)
勉強会 (2)
PNF (7)
注意 (3)
大学院 (1)
ボディーイメージ (2)
身体の表現 (1)

プロフィール

みんなの輪~未来リハ研究会~

Author:みんなの輪~未来リハ研究会~
当会の目的

1.縦の繋がりはもちろん、同世代のセラピストの横の繋がりを構築する。

2.個々のレベルアップの場とし、日々の臨床・研究・教育の場で活かす。

3.他分野の方との、繋がりを作る。


職種を超えた輪を作り、より良い未来を創っていきたいと思っております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。